LOFTER for ipad —— 让兴趣,更有趣

点击下载 关闭

LOFTER-网易轻博

桃井五月

25971浏览    425参与
螺丝刀_Screwdriver
桃井五月 Momoi Sats...

桃井五月

Momoi Satsuki


半年前信誓旦旦:“这辈子都不可能萌的。”因为画不来萌妹儿妆,妆面永远都是御姐气场。


这次有了里程碑式的进步,稍微总结一下经验:

1.眼线:上眼线不能太宽,下眼线尽量不画,干净清爽。眼尾自然结束,不用拉得太长。

2.双眼皮:不画假双,用双眼皮贴。眼皮的位置贴一张,眼头的位置贴1/4张,把双眼皮褶皱撑起来,和眼角保持距离。

3.眼影:红色系>棕色系,并且涂得淡一点,除非想搞烟熏妆。


4.卧蚕:眼睑下至,放大眼睛。

桃井五月

Momoi Satsuki


半年前信誓旦旦:“这辈子都不可能萌的。”因为画不来萌妹儿妆,妆面永远都是御姐气场。


这次有了里程碑式的进步,稍微总结一下经验:

1.眼线:上眼线不能太宽,下眼线尽量不画,干净清爽。眼尾自然结束,不用拉得太长。

2.双眼皮:不画假双,用双眼皮贴。眼皮的位置贴一张,眼头的位置贴1/4张,把双眼皮褶皱撑起来,和眼角保持距离。

3.眼影:红色系>棕色系,并且涂得淡一点,除非想搞烟熏妆。

4.卧蚕:眼睑下至,放大眼睛。

5%
十一点钟 黑桃真的占了我内心的...

十一点钟

黑桃真的占了我内心的大半温柔

别问,问就是穿越了

十一点钟

黑桃真的占了我内心的大半温柔

别问,问就是穿越了

咸鱼喵XD

【赤齐】齐木楠子的奇幻番日常13

#综漫,主黑篮和齐灾,看完它俩后觉得齐木楠雄和赤司的既视感真的很重啊,于是我想让他们谈恋爱,不过是齐木楠子(。)主日常!!


#这个更新频率嘛,一来是真的忙,二来是卡文和手速hhh,不过还有人看我就很开心啦,不过接下来还是忙就是了…


#如果感觉接不上请看上一章末尾,有修改


#现在这个才是原本的构思,但当时怕ooc没写嘻嘻。不过我觉得小天使们说进度慢确实有道理还在整理思路,想来想去还是把这段重新写一写,哎鸭。


#老样子求互动鸭!_(•̀  •́ 」∠)_


——————————


13 放学后的灾难


“为什么要和小楠玩的那么好?”


桃井重复了一...

#综漫,主黑篮和齐灾,看完它俩后觉得齐木楠雄和赤司的既视感真的很重啊,于是我想让他们谈恋爱,不过是齐木楠子(。)主日常!!


#这个更新频率嘛,一来是真的忙,二来是卡文和手速hhh,不过还有人看我就很开心啦,不过接下来还是忙就是了…


#如果感觉接不上请看上一章末尾,有修改


#现在这个才是原本的构思,但当时怕ooc没写嘻嘻。不过我觉得小天使们说进度慢确实有道理还在整理思路,想来想去还是把这段重新写一写,哎鸭。


#老样子求互动鸭!_(•̀  •́ 」∠)_


——————————


13 放学后的灾难


“为什么要和小楠玩的那么好?”


桃井重复了一遍青峰的问题,大概是刚刚在发呆的缘故,她不知不觉落到众人后面去了。


“嗯……”放慢了脚步的青峰用靛青色的眼睛扫了桃井一眼才把视线重新挪回前方,“因为那家伙看上去完全没有你对她的热情啊。”


“诶?”桃井一时没有反应过来。


青峰不耐烦地挠了挠头继续补充到,“你一天到晚小楠小楠的,说起来每次都是你去找她玩吧,但那家伙也看上去完全没有开心的样子,每次都是那副表情吧。”


因为震惊于阿大会问她这样子的问题,所以她一时有些惊讶——他们的对话一般都是围绕着篮球呀,或者是以桃井自己的絮絮叨叨作为内容。


表情?


怎样的表情……?小楠的?


没有反应过来的桃井反射性的顺着青峰的话展开联想——那个发色比她稍浅,脸上总是挂着平淡无波的表情,好像什么事情都不能使她动容半分的粉发少女。


看她没有第一时间接话,青峰继续说到,“我说你不是自顾自的拉别人玩惹别人讨厌了吧。”


“不,小楠才不会讨厌我!”捕捉到关键词的桃井这时候反应就很快了。


她可不希望青峰会因为小楠的态度看小楠不顺眼,但在开口前桃井的思维又突然奇异的拐到“阿大的心思居然有这么细吗……?”一瞬。


不过她还是很快整理好思绪开口回忆到,“我和小楠认识是在五年级的时候——


小楠突然在第三学期转学过来,这个时候转学过来怎么看都很奇怪,所以还引起了班上的讨论,只是很快这些讨论就因为小楠的态度冷淡下去了,因为她从不主动和人来往,看上去没有和任何人交好的打算。


虽然是因为中途转学过来可能会融不进圈子,但她本人也没有露出任何想改变的想法,所以渐渐地班上的同学们也都疏远她了,每天小楠都是一个人孤单的上学放学。”


其实那时候她一开始也觉得小楠有些可怕,到现在有时她也会想,那双藏在镜片后的深紫色眼眸,到底看到的是怎样的情景呢?


青峰听到这里插嘴到,“所以你就滥好心和她玩?”


“不——是!”桃井因为‘滥好心’这个评价瞪了青峰一眼,“虽然我是有过把叫她‘怪胎’之类的坏孩子赶走,但我们好起来可不是因为那个。”


她才不会因为一些莫名的同情心和谁好起来,这种友谊在她看来好像有施舍的意味,带交朋友要靠自己判断才对……不对,说到底她也不是那种滥好人的性格。


当时对她道了谢,第二天对她的态度也还是和往常一样的楠子也让她松了口气。


“我是后来……啊!这么说起来我们好起来还是因为你呢!”边讲边回忆的桃井突然惊呼一声。


“喂,不要突然叫起来啊。”青峰被桃井吓了一跳,“有这回事?”他绞尽脑汁也没想起来。


“五年级的时候有一天放学你不是抓了一只青蛙放在我头上吓我嘛。”桃井气鼓鼓的说,“然后我跑回教室哭了好久!”


青峰露出了回忆的表情后就没了下文。


果然忘记了,阿大去死!她可是一直到现在都很怕青蛙的啊!


桃井一边暗骂着青峰一边继续说:“结果没注意到天色就晚了,小学我们放学都是一起回家的,在加上天气阴沉沉的在打雷,所以那时候我一个人有些不敢回家。这时候小楠过来问‘要不要一起回家?’,在那天后我们不知不觉的就经常一起行动了。”


“听起来很普通嘛……”青峰吐槽到,“而且说不定她只是今天值日留下来所以顺口问你一句而已。”


桃井没好气的瞪了她的竹马一眼。


现在说出来简单,但当时的她是真的很难过。被青峰拿着青蛙吓得哇哇大哭后在丢脸的跑回班级里,结果哭累了还一觉睡过头,醒来后教室里一个人也没有,想要回家还发现书包不知道丢到哪里去了。


配合着阴沉沉的天气,那时候的她觉得天都塌下来,就在泪水在眼眶中打转的时候,从教室门口走进来,手中还提着她的书包的楠子已经在她的视觉中美化得像天使一样了。


而且那绝对不是什么巧合,她可是结结实实的睡了两个小时,小学生的班级值日有什么需要两个小时的。肯定是发现她情绪不对故意留下来陪她的。


一想到小楠带着这种面无表情的脸却等了她两个小时她就很想笑,果然只是不善于表达感情吧~


在后来一天去好友家里才了解到小楠是因为之前学校受过校园霸凌才变成这副性格的桃井心更是软成一片。


“总之,小楠是我的好朋友!这点你记住就可以了!”桃井最后对自己竹马三令五申到,“她才不可能讨厌我!绝对!”


“是是——”被耳提面命的青峰无奈的抓了抓头。


……


告一段落了吗……?


一直关注这边事态的赤司终于收回放在这边的一部分精力。


他并不是故意偷听青峰他们讲话的,只是习惯性的把精力留出一部分观察四周的时候,正好注意到青峰和桃井之间的氛围有些不对。


尤其是青峰开始的那句硬邦邦的“你为什么和‘齐木’玩得那么好”更是让他担心二人会吵起来。


无论是出于对篮球部氛围的和谐,还是希望第一次大家聚会的圆满完成,他都不希望他们发生矛盾。


何况在刚刚办公室听到监督和虹村部长对球队的展望后,他便开始思考这个目标实现的可能性。要怎样才能称得上创造一个时代呢?赤司在心中回答到——首先,全中三连冠是必要的。


要达到三连冠的目标,这里每一个人的能力都是不可或缺的。


前辈们虽然实力强劲,但这里的人(指青峰他们)超过前辈也只是时间问题——他们缺少的只有胜利的经验和相互的默契度。


胜利的经验要通过比赛才能累积,默契度在日常生活中也可以培养,队员间的相处也是一个重要的部分。


他所受到的教育一向将与人相处作为一门学问,他个人的习惯也是通过观察来收集信息,有时候在意想不到的地方能得到有用的情报。


赤司收回目光。


原来是在讨论齐木同学啊。


齐木楠子吗?赤司敛眸思索,眼前浮现出带着透明眼镜,总是一副面无表情的粉发女生的模样。


说实话他齐木同学的了解并不多,作为她的同桌,赤司和她说过的话也仅停留于每天早晨的问候而已——当然他对目前的状况没有任何不满,这种保持适当的距离的交往才更加让他感到舒适。


平时观察到的齐木同学在学校里除了必要的交流几乎很少看见她和别人说话。


——稍微有些过于沉默了。


大概是喜欢独处,不,也有可能是讨厌麻烦吧。他并没有说这种性格不好的意思,毕竟他也喜欢在空余时间一个人在图书馆看书或者找间空教室和自己对弈。


在发觉几乎把“太麻烦了不要”写在脸上的齐木同学居然和桃井同学是朋友的时候还是多少有些惊讶的。因为用齐木同学的判断基准,桃井同学大概会是她绝对不想接近的类型吧。


不过他更在意的是另一点,从见面开始,总觉得齐木同学身上有种违和感……是错觉吗?不,稍微再观察一下吧。赤司微微勾起唇角。


“?”同行的绿间探究的看着他。


“不,不用在意。”赤司笑着回答。


大家在校门口与虹村队长集合后便在大队长的带领下出发,在穿过天桥时,赤司远远看见下面有一家便利店,透过玻璃能看见一个穿着帝光校服的粉发少女正在收银台前付款的背影。


真是巧啊,齐木同学,在买什么东西吗?


大概是巧合吧,便利内隔着一扇玻璃的粉发少女像心有灵犀般回头望过来。


然后赤司看见转过来看见他们的齐木难得张开嘴一脸不知所措的样子,然后往后退了一步。


“噗。”赤司用手挡住要冲出口的笑意。


对于齐木同学这种不想和人群聚的性格来说,他们大概像洪水猛兽一样吧。


……


不是,为什么你们一群人会到这来啊?!


我拿着手中的咖啡果冻一脸绝望的看着这群五颜六色的小妖精走过来,我下意识想往便利店里面躲,不过已经来不及了。


为什么放学后你们也会成群结队的出没啊?


放学后特意提早离开学校,没有像往常一样等桃井部活结束一起回家的我就是为了这个——今天这边的便利店咖啡果冻八折。


虽然中途感觉到隐隐好像有什么不好的预感,但我全部都无视了,而且把新口味的搭配蜂蜜的咖啡果冻不参与打折的可恶的营销手段当成了预感的来源后,更是放心的一个个挑选咖啡果冻的生产日期。


所以导致了现在这种后果——


“呀,小楠!”桃井高兴的隔着玻璃向我招手,“真巧啊~”


我提着咖啡果冻走出便利店面无表情的看着她。


确实很巧,这群小妖精在我身边出现的频率高得让我怀疑日本的大小了,果然是作者的恶意吗?


通过心灵感应已经大概知道,虹村把他们带到这里来买冰棍作为一军的迎新的我只希望能快点离开。而且这种庆祝仪式让人感觉很是怀疑加入篮球部的正确性……


“呐,小楠既然这么巧遇到了就和大家一起来庆祝仪式吧。”桃井期待的看着我。


不得不说我对这种期待的眼神有些没辙。


“好嘛好嘛~”


“……”


最终结果就是我站在桃井身边面无表情的小口小口吃着冰棒看着青峰抱怨。


“这是什么?!为什么一军的庆祝会是在便利店吃冰棒啊?”青峰站在便利店门口用力挥舞着吃完冰棒的木棍,“而且为什么还是我请客啊!”


值得一提的是赤司吃完冰棍后发现棍子上发现了“再来一根”的字样。


呀咧呀咧,巧克力和牛奶味道的冰棒好像不错的样子,下次放学再来试试吧。


“说起来难得大家聚在一起等一会再去别的地方逛逛吧。”


“那一起去游戏中心吧!”青峰提议,“离这里很近吧。”


“……”


原来还没完吗???


いずみ

【架空】Fate/Miracle Night(陆)

十八、

路边的街灯也好,天上的繁星也好,都显得那样遥远与昏暗。就在这空虚之中,继而开启了当晚的第二场对决。相田丽子在安全的昏暗处视察着战场。


    趋于狂化的Berserker虽然危险但却毫无战略可言,攻击性同样不可小觑但显然不是saber的对手;几乎一边倒的对决再进行下去显得毫无意义,敌方的master大概会主动逃离以确保参战资格吧。这样想着,相田揉了揉始终没眨过的双眼放松神经。


    而就在这时,她发觉到一丝异常。并不是一般的异常,而是更加不...

十八、

   

    路边的街灯也好,天上的繁星也好,都显得那样遥远与昏暗。就在这空虚之中,继而开启了当晚的第二场对决。相田丽子在安全的昏暗处视察着战场。


    趋于狂化的Berserker虽然危险但却毫无战略可言,攻击性同样不可小觑但显然不是saber的对手;几乎一边倒的对决再进行下去显得毫无意义,敌方的master大概会主动逃离以确保参战资格吧。这样想着,相田揉了揉始终没眨过的双眼放松神经。


    而就在这时,她发觉到一丝异常。并不是一般的异常,而是更加不明的气氛变化,对于经历过严格训练的魔术师来说,是可以清晰感觉到的杀气。

   

    “你的直觉很敏锐,小姐。”

   

    在放松戒备的相田丽子身后,传来一声冷峻的男声,那声音在空荡荡的四周回响,叫人无法判断它的源头。


    相田没有回答更没有出言询问,她只是控制着自己,尽量冷静地、用她敏锐的直觉寻找对方的位置。对于出现在这种地方的第三者、并且还发现了她存在的人——除了敌方master以外再没有第二种可能。


    然而对方也没有继续隐藏自己的意思,反而慢慢的主动走出来,暴露在相田的视线之下。

   

    “晚上好,我是赤司征十郎。”对方没有显露一丝的不安、坦然自若的向她进行着自我介绍,相反相田丽子倒陷入沉默。身为魔术师却放弃隐藏自己,那他的真实目的又是什么?


    无需猜测,眼前的人显而易见是Berserker的魔术师,不甘心放弃的他想通过攻击自己来企图扭转战局——既然如此必须先下手为强。

   

    相田迅速掷出的黑键直中对方心脏。沾有剧毒的暗器虽然杀伤力不俗,威胁却显然不够。所以为了能有效的制服对手,对准不同目标连环出击是关联。因为与能够瞬间致死的微小致命点相比,攻击容易命中的位置使人重伤显得更有效。


    尽管如此,相田的武器所击中的并非敌人的内脏而是坚硬的混凝土地面。很显然赤司是在她掷出暗器之前便预先判断了她的思考,并提前做出行动。

   

    “——哼,有这样的觉悟倒是值得赞赏。”毫发无伤的赤司像是嘲笑般说道。预读了相田丽子的动机,并对战术加以判断,这在魔术的领域来说也是令人惊叹的能力。

   

    还不仅如此——下个瞬间躲避起来人换成了她相田丽子。他右手沾满血迹,本应握在手里的黑键也掉落在地。她充满惊讶的目光落在一直背靠的墙壁,一柄红色剪刀正赫然插在上面,划伤她右手并击落武器的显然就是这个。


    赤司将它发挥出能够刺入钢筋混凝土的威力却只是击落她手上的武器,并没有取其性命的意思,那恐怕是想破坏她的斗志吧。

   

    “伸手不错,称得上十分敏捷。”


    攻守逆转之后完全占据了主导的赤司充满悠闲的一步步朝相田丽子的位置靠近;胜负已然决定了。


    但是前来阻挡他的却是意料之外的妨碍。在他与猎物之间突然出现一股魔术造成的逆流席卷而来,完全挡住了进路。这一瞬间,相田以一枚令咒为代价召唤了saber带她迅速逃离。

   

    赤司哼了一声收回已准备好的攻势,他并没有继续追击的意思。仅仅试探一下对手们的实力,今晚的活动安排对他来说仅此而已。


    他冷眼观望着被印刻虫完全侵蚀的灰崎和他战败的servant,在战争每次只剔除一位对手是最好的选择,如果急于求胜毕定会招来其他人的怀疑与警惕;最坏的结果会是面临剩余对手的群起攻之,这显然不是他叫Assassin特意引来未受邀请的saber,与逃走的Berserker狭路相逢的目的,所以在判断狂战士将会败落时他没有砍下相田的右手令saber一并出局。

   

    与此同时,赤司感觉到了隐藏在他身边异形的气息。


    “是玲央吗?”


    身披黑色长袍的Assassin实体化出现在眼前。


    “是的。”骷髅面具下黑发男人浮现出一丝笑容,“我在派遣分身监视Archer时发现了很有意思的事要告诉小征……”


十九、


    由于晚睡的缘故,桃井五月只觉得一路上都打不起精神来。昨天偷听来的谈话任凭她绞尽脑汁也理不清头绪,最终还是在困意的侵蚀中迷迷糊糊睡着了。早上她破天荒的一个人出门,至于原因……嘛,这副没精打采的样子也不太想被阿大看见呢,索性一个人好了。


    教室里的同学已经来了大半,正是自习的时间,桃井将书包挂在课桌上,翻出笔记。班长小亚一边和她打招呼,坐到她身后的位置。


    “早啊,桃井。身体恢复的怎么样?”


    “啊?没怎么样呀,我只是有点儿困。”


    “诶?起呢……不过既然回来了也就表示没什么大碍吧?给,这是前几天的笔记。”


    “哦,谢谢……诶?”


    ——她说什么前几天啊?我明明没有过早退。


    “哈哈,内容稍微有些多,不过桃井也别太勉强;毕竟发烧才刚好,现阶段要多注意休息才是。”


    桃井只感觉越来越混乱了。明明到昨天为止还好好来上课的自己,现在难道是做梦么?


    哗——。


    教室的门被打开。坐在门口附近的几个女孩儿发出了欢呼声。好像是什么重量级角色登场了。而桃井也从一拥而上的西装制服中瞄到那个人的身影。


    那个一头金发的少年挎着单肩背包,对着围过来的同学们绽放笑容。


    “嗯。杂志社那边的主题拍摄到目前为止都已经完成了。最近一段时间我要开始全力准备篮球部那边的比赛呢。”


    他耐心地回答着大家统一提出的问题。结束了短暂的谈话后。他慢慢……笔直朝着桃井的方向过来。


    “啊,我得让座了。”同班的小亚随后站起身。


    “诶?等等;那个人是谁?”


    “当然是黄濑同学啦~”小亚瞥了她一眼有些好笑似的回答,“桃井桑不能才请了两天假就把同学的脸忘光啊。”


    ——难道大家都不奇怪吗?桃井像是声音系统全部罢工似的,甚至忘了呼吸。目不转睛的盯着那一头金发。


    “早上好~桃井同学。”他笑着打招呼,坐在桃井身后的位置上。


    “你……你为什么会在这里?”她有些颤抖的低声询问。


    黄濑愣了一下,然而只是半秒钟都不到的转瞬即逝,他紧紧盯着桃井的双眼。“啊,那是因为我转到这边来上学啊~以后请多多关照,小桃井~”


    他的目光叫人有些眩晕。


    “是最近才转过来么?那为什么同学们和你都很熟?”


    “这个么……因为我有兼职在做模特啊,大家可能是在杂志上认识我的。”


    ——不是的。尽管那双琥珀色的瞳催眠一样的向她陈述“事实”,然而脑海深处却不断有个声音朝她发生否定这是个谎言。


    ——从昨晚听来意义不明的对谈到今天小亚莫名其妙的那番话再到突然出现的黄濑以及……他为什么要对自己说谎?


    “这……是怎么回事?”桃井茫然地环顾周围。她撑起课桌摇摇晃晃的站起来。


    “哎?小桃井,你怎么了?最好去保健室看看的说……”黄濑扶住她的手臂,担心的打量起来。


    “放开我。”


    阿大……这次她要亲口问问他……不,至少现在她需要冷静下来……她甩开黄濑的手,往教室门口走去。


    “……!?”


    ——看来是暗示魔术失败了呢,小青峰。

   

二十、


    离开教室的桃井漫无目的的在走廊游荡着。楼层尽头的拐角处连接着楼梯,她看也不看地踏出脚步,却因为一脚踩空身体向后仰去。


    啊——


    “小心点。”千钧一发之际身体被什么人扶了一下。她稳住脚步,稍微偏抬起头去看那个人的脸。


    四目相对的瞬间对方扣住她肩膀的手指突然收紧了。


    “卢克蕾齐亚?你……”


    “啊,疼!”她抬起手挡在两人中间,试图挣脱肩上的桎梏。对方的动作和声音同时凝滞了片刻,他松开手,由极度惊喜的情绪中脱离,恢复了湖水般平静。


    “抱歉,是我认错了人,请别在意。”


    “不,谢谢你帮我……”对方像是故意躲避一般转过脸。尽管如此,桃井依然从侧面探寻着眼前的黑发男人。


    对方是以前在学校从未见过的陌生人,仔细看的话,发现其实他有一副相当漂亮的外表,高挺的鼻梁,精致的面部轮廓,微薄的唇令人感觉严格而禁欲,但蕴藏着温和与忧伤的桃花眼却又使人强烈体会到他身为男性的魅力。与其同时,他左眼下方闪烁着光芒的泪痣令他的眼神显得更加魅惑。


    要说起来。他确实像从漫画中走出来的、能一眼就让女孩子着迷的类型……不对,他给人的感觉,真的只靠容貌?


    “那个,看样子你应该是一年级的?”对方打破了沉默。


    “嗯?啊,一年B班,桃井五月……请多指教!”


    “二年C班,冰室辰也。”


    “啊,冰室学长……”她抬起头,顾不得礼貌像是要确认什么似的直盯着第一次见面的人。


    ——没错,像这样刻意的注视下第一眼那种小鹿乱撞的感觉反而……逐渐消失了。果然是自己多心了吧,啊——犯花痴什么的实在太丢人了……


    “谢谢冰室学长,我先告辞了……”桃井鞠了一躬,直径跑开了。


    走廊的四周从刚刚起就混杂着一丝异样的气息,虽然旁人感觉不到,但对于魔术师来说却格外敏感。冰室辰也依旧立在原地,而此时一柄羽箭悄无声息的探到他的动脉。


    “你是谁。”


    同时冰室的手里也不知何时多出一支精巧的药瓶。


    “我并没有在这个时间和地点与你为敌的意愿,请退后,Archer。”


    “哦?不过你手里那东西可没什么说服力呢,Caster.”


    “我只是正当防卫。”


    “哼。既然发现了相同气息那只能是敌人呢,对不住了。况且,你认为我会相信使用‘魅惑魔术’这种下三滥手段的人说的话么?”


    “那还真是抱歉。这份诅咒可是从我出生起就带来了……”对于黄濑的质疑他只是苦笑一下,“不过,这种程度的魔咒对于魔术师的女孩可是起不了什么作用的,就像刚才那位……她难不成是你的master?”


    “不。圣杯战争与她无关。”黄濑收起羽箭步到Caster面前。


    “但是,如果你敢对她出手的话……”羽箭笔直地擦过冰室的脸颊,浮现出一丝血痕。


    “……我会让你死得很难看。”


いずみ

【架空】Fate/Miracle Night(壹)

一、

序章,十五年前。


    窗外堆满了寒风吹来的积雪。而与十一月严冬相对应的,是屋内一片整洁的温馨。


    在那温暖的室内,一位年轻女孩正小心翼翼的从床边抱起一个新生的小生命。


    那只盈盈一握,充满柔软的触感让人觉得无论多小心都会握碎的脆弱。然而小生命并不懂得大人们的谨慎,它只是安静的靠进怀里,缓缓的呼吸。


    “好像睡得很安心呢。”那女孩孩看着婴儿的睡脸很开心的...

一、

   

    序章,十五年前。


    窗外堆满了寒风吹来的积雪。而与十一月严冬相对应的,是屋内一片整洁的温馨。


    在那温暖的室内,一位年轻女孩正小心翼翼的从床边抱起一个新生的小生命。


    那只盈盈一握,充满柔软的触感让人觉得无论多小心都会握碎的脆弱。然而小生命并不懂得大人们的谨慎,它只是安静的靠进怀里,缓缓的呼吸。


    “好像睡得很安心呢。”那女孩孩看着婴儿的睡脸很开心的说,而母亲只是倚靠在床前用微笑代替回答。她脸色苍白,好像还未从产后的憔悴中恢复,却丝毫未损她宝石般精致的容貌。


    “是呢。这孩子,相比起哥哥,可是经常会哭闹个不停的,很少会安静的叫外人抱。”


    “诶,真的么?”女孩的视线在婴儿和母亲之间来回扫视着。


    “诗织,你……”


    开口的瞬间女孩突然觉得心口像被刀刃刺伤般钝痛,她不由地双手抱紧婴儿,抬头有些不忍。


    “……你,真的是下定了决心,要我带走孩子么?”


    对于这句斟酌了好久才说出的疑问,诗织却一如以往平静的点了头。


    “是的。我早就想好了……”


    女孩愣了片刻,泪水最终由眼眶聚涌而出。


    “你是说被我带走,这孩子就能够幸福么……”


    “没错。我确信。所以我才会大费周章的安排,现在我的丈夫——不,除了你我已经没有人知晓这孩子的存在,他们都以为我们的孩子只有一个。”


    “可是……这孩子以后怎么办?你不能让这么小的孩子失去父母和哥哥呀,诗织!”


    ——以后……么?


    “以后……她将作为一名普通孩子长大。也许魔术师的血液会给她带来痛苦,也许将来她还会怨恨我的抛弃……即便如此,我也想让她在远离魔术的环境长大——直到战争到前。”


    女孩的泪沿颤动的嘴角滴落到婴儿粉嫩的脸颊。


    那只是个普通可爱的婴儿。外表上并没什么特殊的地方。


    然而这却是在母体里就被施过无数次魔术的身体,从出生就被限定了用途的,所谓魔术的结晶。


    留在这样的家族,也许终有一天会成为战争必要的祭品,这是不争的事实。可是,注定是这样么?


    她诗织要赌的是另一种可能。或许魔术师的血液终有一天会遗忘这孩子,亦或者——在命运之夜来临前,她希望孩子是幸福的。


    “所以,就拜托你们了,桃井。”

   

    二、

   

    明明是在睡梦中,却能够清醒的保留自我意识。少女茫然地关顾四周陌生的杂木林和大片空地,依旧是这里,依旧没有人。


    少女认命一般踏上那一大片空地上描画的怪异图案。脚下渗透出诡异的鲜血,她不再惊慌失措的尖叫,甚至懒得逃跑,周围依旧传来咒语般浅吟低唱。


    “宣告——汝身在我之下,托付吾之命运于汝之剑……”


    围绕着全身因血管中的液体加快循环蠕动所引起的恶寒和痛苦,令她咬紧牙关。


    “……遵从圣杯的召唤,尚若遵照这个旨意天理,汝立时回答……”


    她的视野开始变暗。心脏也急速跳动。她蹲下身抱紧自己,强行忍耐着身体的痛楚和这场神秘仪式带来的恐惧从而呼之欲出的尖叫声。


    她觉得身体内奔涌的血液就快到了极限。


    电闪雷鸣,风云涌动。在这无法睁眼的风压中,地面的图案闪耀出灿烂的金色,滔滔不断溢出,最终呈现出一个不明的身姿。


    似是由彼方而来,召至此方,于旋风和闪电包裹的传说般的幻影,降临大地。


    与此同时——


    被幽暗包裹的森林之中,有人用凛冽的声音问道。


    “吾问汝,汝可是召唤吾之master?

   

    三、

   

    梦的彼端。


    终于回复了知觉的少女又免不了在一声惊呼中结束了梦。她抬手拭去冷汗,耳边随后传来母亲担心的敲门声。


    “五月,五月你怎么了?出了好多汗……是哪里不舒服么?”


    桃井深吸一口气,头探进母亲的怀里。


    “我没事,妈妈。只是做了个噩梦。”


    “噩梦?”


    “嗯。我……”她看了眼随母亲的身影一同出现的青梅竹马。


    “其实……我梦到了好多青蛙……绿油油的一群,好讨厌!”


    “别怕……”母亲轻轻拍打着她的后背。


    “咳,那个……阿姨,让我劝劝五月吧。”


    “大辉?”


    “嗯,青蛙什么的……毕竟是我当初吓唬五月的……”少年不好意思地挠了挠头。


    “那就拜托你安慰五月了。”女人笑着起身,轻轻掩上房门。


    青峰直接的问她:“又是那个梦?”


    少女点了点头。


    一阵沉默过后,青峰喃喃自语。


    “第六次……在仅仅一个月内重复……难不成是什么心理暗示么?”


    她看着男孩紧锁的眉头,不安地握紧双手。


    在双方都没有头绪理清答案的现在这次谈话自然是不了了之。


    却不知为什么,桃井预感自己不会再做那个梦了。取而代之,将又什么未知又毫无根据的事情即将发生。

   

    四、

   

    紫原敦向来讨厌麻烦事。但如果有必要,他也会亲自完成。当然,这代价是以“箱”为计量单位的零食。


    就好比现在,这个“巨大婴儿”正一边抓着薯片送进嘴里一手捏着本又薄又破的书对着画好的魔术阵打哈欠。


    ——还真是麻烦。


    尽管如此,在稍微调整了状态之后,紫原还是集中精力继续进行仪式。


    “盈满吧盈满吧盈满吧要重复……嗯……五遍?哎呀,不过是少了两遍而已……”


    他边用鼻子哼哼着召唤咒一手沾了番茄酱补充描画漏洞的魔术阵图。或许真正的仪式理应更庄重严肃才对吧。不过管他呢,紫原可是一向随性。


    “盈满吧盈满吧……这回是五遍了。”他把手里的五根美味棒棒糖沾了番茄酱送进嘴里。然后是……啊,好困。“汝尊从圣杯的召唤……”


    “……啊,薯条已经没有了!美味棒还剩1'2'3'4。早知道该多带些过来。真麻烦,我为什么一定要参加什么争夺,我要睡觉……呀,好疼!”


    手背突然间传来的痛楚将紫原从睡梦中拉回了现实。


    他盯着右手背,明明什么都没有碰到却好似开水烫过的痛感使得手背发麻。


    “这……这是什么……”


    在痛感还残余的手背上,不知不觉浮现出刺青一样的图案。


    “啊嘞?”


    紫原仔细端详着图案,像是三条蛇纠缠的画面,若是以刺青来讲还算蛮漂亮的。这样想着,背后突然地有一股空气流动令他惊奇地回过头。


    居然有风吹起?在这间完全封闭着的屋子?


    而这骨气流马上便从微风升级为激烈的旋风,将屋子吹得乱七八糟。


    紫原敦下意识地护住四合美味棒。


    地上的魔术阵不知何时开始泛出淡淡的磷光,屋里的气流也随之加剧成更强的龙卷风,将花瓶等小件物品卷个粉碎。


    发光的魔术阵终于升起一团雾状,夹杂着微弱的闪电火花,紧接着是一阵轰鸣。紫原感到有一股冲击力从身体内穿过,就像被高压电过到的麻痹。


    那被紫原一族代代相传的力量,如今凭借流淌在体内的血,在紫原体内“魔术回路”的召唤中重新苏醒了。

   

    五、

   

    并非所有魔术师都能获得相应的master资格。


    说到底,具备资格的七人以及所召唤的英灵全部由圣杯来决定。


    所以无论你使用多拙劣的召唤阵,念多么含糊不清的咒词,只要你本人有被圣杯认可的资质,过程神马的都是浮云。


    风在不知不觉中停了。刚才还kilakila的魔术阵在黯淡下来,变为烧焦一样的干涸。


    雾霭弥漫中传来一丝温润纤柔得不可思议的动听。


    “令我以caster职阶现身于此的召唤者,你就是与我契约的master?”


    浓郁渐稀,一张光滑俊美的面孔在眼前呈现。花样繁复的巴洛克服装在现代人眼中略显女气。


    稍微挠了挠头,紫原抛开心里杂乱的想法对着召唤而来的……不知道什么东西(╯_╰)╭。


    “啊?是的。紫原敦。喜欢美味棒和零食,讨厌麻烦事儿……嘛,就这样。”


    对方很有礼貌的点点头。


    “契约成立。您所渴求的圣杯,我也有得到它的夙愿。望胜利女神的光辉能够照耀我们。”


    “啊——啥?”


    紫原敦现在只有困惑。


    他索性低头看怀里的四盒美味棒;柠檬、葡萄、草莓、红豆沙。


    “啊,你吃不吃?” 他抓起柠檬味的递了过去。


    “哎,这是?”


    “美味棒。”


    “哦,是你最喜欢的。”对方微笑着接过,从盒子里取出食物,试探地尝一口。


    “嗯,好吃。如果再沾点蜂蜜就更美味了。”


    “哎,这么?你也这么觉得?”


    “是。这个……风干的柠檬味吧,用蜜糖腌制再配上葡萄酒真是再好不过。”


    “蜂蜜……柠檬……葡萄酒……”光想想就觉得饿了。


    “棒,真是太棒了!”他像孩子一样激动的浮现出笑容,“虽然圣杯什么的很麻烦,但我跟你一起。”


    “谢谢。您好像很开心呢。”


    也许是受到紫原心情的感染,对方也带着天性率直无邪的表情回应他。


    “嗯!很高兴认识……你……你是谁啊!”


    “诶?抱歉,忘了自我介绍。”


    他带着天使一样的笑容道歉,食指贴近唇边亲切的回答着。


    “毒药公爵——西泽尔波吉亚。”


    “啊?西……”


    “嘛,如果起一个适合这边名字的话……请称呼我Himuro Tatsuya.”


    “Hi...muro......Taku?”


    “Tatsuya.冰室辰也。”


    “啊~啊,好麻烦……就叫你小室仔吧……”


    “嗯,随你喜欢。”


    就这样,迷糊的巨大婴儿和他的从者caster在一起……不,是完成了契约。


清寒沥

「搬运」青桃 わたしの神様(5)

青峰做饭比桃井好吃这点真的很萌啊_(:з」∠)


进度(56/118)

----

    担任に呼ばれていた用事を済ませ、いつもより遅い時間に桃井は部室に向かっていた。部活開始まではまだ僅かに時間があるが、この時間、部室に男子バスケ部のメンバーたちに占拠される。

 (桜井くん、捕まえたかったんだけどなぁ)

 桃井は桜井に改まってのお願いがあったのだ。

 明後日から一週間、研修と仕入れで青峰の母親が家を不在にする。その間の青峰の弁当を桜井に頼めないかと思っていたのだ。

 過去のさぼっていた頃と違って、今は筋トレも行っている青峰だ。栄養面での...

青峰做饭比桃井好吃这点真的很萌啊_(:з」∠)


进度(56/118)

----

    担任に呼ばれていた用事を済ませ、いつもより遅い時間に桃井は部室に向かっていた。部活開始まではまだ僅かに時間があるが、この時間、部室に男子バスケ部のメンバーたちに占拠される。

 (桜井くん、捕まえたかったんだけどなぁ)

 桃井は桜井に改まってのお願いがあったのだ。

 明後日から一週間、研修と仕入れで青峰の母親が家を不在にする。その間の青峰の弁当を桜井に頼めないかと思っていたのだ。

 過去のさぼっていた頃と違って、今は筋トレも行っている青峰だ。栄養面でのサポートも、体つくりでは重要な要素だ。

 (私が作ってもいいんだけとなぁ)

 毎回そればかりは、青峰に頑なに拒否をされる。部室の前にたどり着くと、中は静かな気配がした。部員が集まってしまうと、さすがに桃井も入りにくい。そのためいつもはかなり早い時間にロッカーを使っていたのだが、今日ばかりはしょうがないと思っていた。

 (もう皆向かった後なのかな)

 一応念のため、と桃井は扉に耳を当てる。すると中からは数名の話声が聞こえた。

 (…、開けないでよかった)

 当然ノックはする予定だったがほっと息を吐く。

 「はいはい、これだから堀北馬鹿は」

 「この童貞め」

 それ自分にも返ってくるだろ、と部室には馬鹿笑いが響く。

 さすがにこの手の話題の時に、女性が入る程白けることはない。もっと露骨な話をされている時もあるが、上級生は唯一の女性マネージャーにかなり気を使ってくれるのため正直助かっていた。

 「は?誰が童貞だ。つーか、お前らこのおっぱいの素晴らしさがわかんねーのかよ」

 響いた声の一つは、桃井のよく知る人物のものだ。そもそも『堀北』という言葉が出てきた時点で、誰が話題の中心にいるのか察することは難しくない。

 男子ばかりのバスケ部の会話など、所詮こんなものだと桃井は分かって居る。だが、桃井がたまに申し訳なく思うのは、自分の胸が比較的大きい方だ、そして彼の幼馴染であり、そしてバスケ部のマネージャーであることだ。

 「で、桃井ちゃんとはまじどうなのよ」

 桃井さつきと青峰大輝の関係は、幼馴染でありそれ以上でもそれ以下でもない。

 その関係性を問う質問は、中学生になった頃から止まることを知らず、桃井はたまにいっそ姉弟であったり、親戚であればよかったとすら思うことがある。

 (どうなのって聞かれても、どーもこーもないのだよ)

 桃井は瞬きをして意識を切り替える。

 部室のそんな何でもない会話を聞いてからもう二日経ち、予定通り青峰の昼食については、桜井に依頼することに成功をした。元からよく青峰に早弁当の弁当を依頼されていた桜井だ。

 『ぼ、僕でいいんですか、すみません』

 よくわからない謝罪と共に取り敢えず二つ返事で受けて貰えたことに桃井は非常にホッとしている。

 『一日くらい私が作ってもいいんだけど』

 『僕!精一杯頑張りますから!』

 『負担じゃない?』

 『大丈夫ですっすみません!』

 桜井はいつにないやる気を見せていて、桃井はやはり誰も青峰のバスケに対する変化が嬉しいのだと思う。

 そんな風に、青峰の弁当は最善の調整を付け、弁当問題は全て解決したーーはずだった。

 「なんでこうなるの!」

 桃井は泣きたい気持ちで、現在台所に立ち尽くしいる。

 目の前にあるのは弁当箱。

 桃井は、何故が現在弁当作りと向き合っていた。

 桃井は自分では、料理は嫌いではないとはおもっているが、それでも弁当を作ったことはない。何品も同時に作る程朝に余裕はないうえ、一度も作ったことがない品を試すべきだと頭では理解している。

 取り敢えず、もっとも作っている卵焼きは綺麗に焼けた。あとサラダは良い。ミニトマトとキュウリとレタスをセットするだけだ。ドレッシングは当然既製品。一品くらいはと選択した冷凍食品は、明日の朝レンジに入れるだけ。ご飯は朝炊き上がる。

 問題は初めて挑戦している、タコさんウィンナーと鳥そぼろ、アスパラ炒めにある。

 (お、おかしい…)

 形が一向に整わない。タコは無残にも切断され、鳥そぼろは見るからに色が整わない。

 「や、でもちょっと焦げているくらいでも美味しいよね。もともと茶色いし!」

 レモンのはちみつ漬けは、食べる直前に切るものかと思っていたが、そうではないことはつい最近ようやく誤解が解けた。

 やはり人は普段食べないものを作るべきではないと、桃井は自分が食べたことがあるものを選んだつもりだったがーーどうしてこうなった現在頭を抱えている。

 「おい、ひでぇ匂いしてんぞ」

 「ひ、ひどくないもん!」

 突然聞こえた声は反論するが、ここは桃井家の台所である。お互いの家に向いている勝手口は昔から鍵が開いている。

 そのためこうして青峰が入って来ても、桃井としては驚かいないが、むしろ今は言われた言葉に怒りを覚える。

 「美味しいよ!大丈夫!」

 「…、お前その自信どっからくるんだ?」

 「なんとなく?」

 「ほー」

 呆れた物言いに、今はぐっと言葉が詰まる。本通りに作ったのだ。美味しいくないはずはないと言いたいが、もはや味見のしすぎでよくわからない。

 (ああ、もうあんな場所で話をしなければよかった)

 桃井は、今や後悔で一杯だ。

 桃井が桜井に、弁当の相談をしたのは部活の終わった直後で、当然そこにはまだ数名の部員が残っていた。その時後輩に言われたのだ。

 『桃井先輩は作らないんですか?』

 『え、わ、私?』

 『青峰さんの分は!今、僕が頼まれたのですみません!』

 『じゃあ、あの』

 ごくりと音がしそうな程決意を見せて、その後輩は口にしたのだ。

 『僕に、一度いいので弁当を作ってくれませんか!?』

 告白であれば断れた。だが、これは弁当の依頼だ。スタメンでもある後輩からの、弁当の依頼。

 一瞬、その場に妙な静けさが訪れる。

 (しまった)

 静かになってしまったことに、妙な焦りを桃井は覚えた。大事にするような話でも、複雑にするような話ではない。

 桜井が二つ返事でエースの弁当作成を引き受けたというのに、自分が今この状況で断れるはずはなくーー。

 『ま、まかせて』

 『本当ですか!?』

 『本当ですか!?』

 前半は気色、後半は悲鳴のような桜井の声。

 だが今は、本当に桜井に負けず劣らずの声を出せる自信がある。せめておばさんがいる時に引き受けるべきだったのだ。

 「お前、まさかこれ俺の分じゃ…」

 「なわけ、ありません!馬鹿!大ちゃんのだめにこんな苦労しないもんっ」

 「じゃあお前の分かよ」

 「…深い事情があるの…」

 はぁと息をつく。ふーん、と台所の椅子に座った青峰は、目の前にあった卵焼きを手に取り口に放り入れた。

 「お前、卵焼きだけはましになったよな」

 「ましって何それ。美味しいでしょ」

 「百歩譲って言った俺の言葉を否定すんな」

 「うう、大ちゃんなんて…焦げちゃえ…」

 桃井は小さく息を吐く。時間は八時を過ぎた所だ。

 「つーかお前晩飯食ったのかよ」

 「ううん」

 「洗濯物出てただろ」

 「あ!」

 桃井はあわててエプロンを置いて二階に向かう。

 母親は今日も遅い。否、平日はほぼ夜中の帰宅で、場合によっては会社の傍に泊まることもあるし、父親は出張で全国を駆け回っている。

 広い家は、ほとんどいつだって桃井一人だ。掃除だけはハウスキーパーさんが週に2回やってくる。

 (そういえば)

 洗濯物を取り込みつつ、不思議だが昔から桃井は一人が怖いと思ったことだけはなかった。

 今も暗い部屋にいてもなんとも思わないし、青峰がたまたま来たが、それについて安心したと思うこともない。

 手早く取り込んだものを疊み、自室に必要なものをしまいタオルだけ手に取り下に降りる。階段を降り切るとどこからは香ばしい匂いがする。

 (あれ)

 台所に戻ると、立っていたのは青峰である。

 ただ立っていたのではなく、台所の前ーーコンロの前である。

 「…え、えええええええええつ」

 「えええ、じゃねぇだろ。お前もくっただろ、前。炒飯」

 「お、う、うん。夢かと思ってた」

 「おい」

 青峰の母親も仕事を抱えている身だ。空腹の我慢が出来ない時、青峰は自分で小腹を満たす。大抵は白ごはんに何かを乗っけている程度だが、简单な炒飯位は以外なことに作れるらし。

 ご相伴にあずかるのは二度目だ。

 どんと置かれるが、取り敢えず中身は肉と卵だけである。包丁が使えるとは思わないので当然の結果かもしれないが、取り敢えず自分の分は少しだけ取り分ける。

 冷蔵庫から麦茶を取り出し、熱いうちに頂きますと口にする。

 「大ちゃん、明日は野菜食べてね」

 「へーへー」

 カチカチとスプーンが更に当たる音がする。

 「美味しい」

 胡椒のきいた炒飯は、青峰家の味がちゃんとした。おばさんが作る場合は、ここに刻んだネギが大量に入る。

 「だろ」

 「お世辞ですー」

 「は、素直になれっての」

 太い腕に軽くど突かれる。

 青峰の腕回りも、体躯も一時期よりさらに引き締まってきている。筋トレも最近はなんだかんださぼらずに行っている成果だと分かる。

 (また、今年の文化祭あたりは大変だろうな)

 近づいてきているイベントに、桃井は思いを馳せる。

 「で、お前明日まじで弁当持ってくわけ」

 「約束たんだもん」

 「阿呆か」

 「…、阿呆じゃないよ」

 「馬鹿だろ。馬鹿」

 「馬鹿じゃないもん!」

 青峰はあっという間に食べ終わり、皿を台所に置く。そのまままた勝手口に向かいながら一度振り向く。

 「俺の分も作っとけよ。味見してやる」

 「やだ」

 「あ?」

 「絶対、大ちゃんには作らないもん」

 青峰の手元には、明日から桜井の弁当があるのだ。さすがにそれと比べられるは肩身が狭い。昔程、桃井も自分の料理に自信を持っているわけではないのだ。取り敢えず桜井が非常に料理上手だということだけは学んでいる。

 それに桃井が青峰に弁当を作ることは出来ない

 (…万が一、誰かにばれたら大変だもの)

 その気遣いは、腹立たしいことに当の青峰だけが気付いていない。

 「は?お前ふざけんなよ」

 「ふざけんているのは大ちゃんです」

 「つーか、誰なんだよ。それ」

 「か、関係ないし!ほらもう早くロードワーク行くんでしょ」

 「おいーー!」

 「大ちゃんは、大丈夫だからっ。明日お弁当準備されているからっ」

 ガンと脛を蹴るように追い出せば、扉を閉めた瞬間耳が痛い程の苦情が聞こえる。

 それで敢えて知らない振りをして、桃井はとにかく青峰に明日の昼間は会わないように気を付けようと思うのだった。


清寒沥

「翻译」青桃 わたしの神様(2)

这段主要都是跟绿间的对话,总而言之先翻译到青峰出场的地方了_(:з」∠)


----

  那天,在MAJI Burger上演着有些奇异的场景。

  坐在窗边的座位上,不由自主回头的美少女。但是,同字面意思一样,那位美少女背后像是有阴云笼罩一般,直直地盯着桌子看。像是要长蘑菇一样的氛围,已经是看到了就不知为何想要道歉的程度。


  “……怎么办呢”


  已经不仅仅能用倦怠来形容的美少女,桃井如字面那样抱着头。

  而给这样异样的情况火上浇油的人,就是坐在美少女对面的男生。...


这段主要都是跟绿间的对话,总而言之先翻译到青峰出场的地方了_(:з」∠)


----

  那天,在MAJI Burger上演着有些奇异的场景。

  坐在窗边的座位上,不由自主回头的美少女。但是,同字面意思一样,那位美少女背后像是有阴云笼罩一般,直直地盯着桌子看。像是要长蘑菇一样的氛围,已经是看到了就不知为何想要道歉的程度。


  “……怎么办呢”


  已经不仅仅能用倦怠来形容的美少女,桃井如字面那样抱着头。

  而给这样异样的情况火上浇油的人,就是坐在美少女对面的男生。

  即使眼前是这样的美少女表情也没有丝毫的变化,以异样的端丽的姿势,或者不如说是傲慢地后靠着坐着。令人惊异的高个子的人,发出了同表情一样冷静的声音。


  “所以说,”

  用着让人感觉不到感情的声音,男生淡淡地说道。

  “到底怎么了。”

  “唔……在想该怎么办。”

  “所以说,到底是怎么了。”


  有些染上焦躁的声音,如果要分类的话,毫无疑问是冷漠的。

  如果是普通的女生,肯定会被那个声音的主人,身高195cm的男生——面无表情的眼神吓得缩成一团,但是对桃井来说,他是她的朋友。只是这种程度的视线就被吓到的话,虽然不是什么大不了的事,但想在强者云集的帝光中学当经理却是不行的。

   眼前的人,也就是绿间真太郎微微地叹了口气,喝了一口买来的季节限定的年糕小豆汤。


  “呐,小绿。”

  “所以说到底怎么了倒是说啊。”


  绿间的优点就是严守规矩,桃井是这样认为的。


  “我,注意到了呀。”


  桃井微微叹气。这几天,桃井下了决心把这几天烦恼的不想承认但又不得不承认的事实说出了口。

  

  “我……”

  “啊?”

  “所以……”

  “听不见。”

  

  桃井一脸快要哭出来的表情,向绿间抱怨着。


  “小绿这个笨蛋!干点人事啦!”

  “不明白你在说什么。”

  “我,我……”


  桃井一下子眼里积满了泪水。


  “我说了啊,没有朋友!”


  绿间对桃井说出的话,至今仍没有搞明白。

  今天突然到秀德高中来的桃井,一看到绿间的脸就像孩子一样哭了出来,  跟被周围人踢出来了一样,绿间被迫停止自主练习。之前也从黑子那里听说过类似的话,上一回桃井来拜访的时候也有点察觉到了,但不知道为何,桃井来的时候,比起当事人反而周围人更加得聒噪。

  原本绿间自己,也有过在幸运物被指定为‘女生体操服’的时候跟桃井借过东西的经历。既然已经被追着出来了,也有想舍命陪君子的心情,但实际上这样听着这些话却完全不明白要点在哪里。

  

  “不,确切地说,是没有女性朋友啦!”


  桃井注意到这个冲击性的事实是几天前的事情。

  也就是所说的,被女生叫出去、包围的时候的情况。桃井被男生叫出去的时候很多,被女生叫出去的时候也很多。

  无意中拒绝了不知谁的告白,又或是被挑逗,最近这种情况因为青峰渐渐恢复了以前的性子又在变多了。

  原本青峰就很受欢迎。

  只要看到了那压倒性的篮球天赋,仅凭这一点,就足以征服很多女生了。到目前为止,青峰总是一副拒绝他人接近的架势,因为比赛输了,也渐渐地恢复了从前的样子,在女生中的评价也变好了许多。

  

  ‘你们只是青梅竹马而已,没错吧?’

  ‘但是,为什么听说上周也是上上周也是两个人一起出去的?虽然有目击证言的说。’

  ‘是不是在嘲笑我们这样?’


  她们很是认真的样子,桃井慌忙地告诉了她们真实的情况。并没有在交往,只是陪她买东西而已。

  他们的关系只是青梅竹马这样。

  但是仅仅是并没有把这些告诉她们,就被像之前那样逼问了。

  

  ‘那种事情跟闺蜜一起去不就好了!’


  就这样,像是被电击了一样,桃井突然注意到了。


  “……我,并没有闺蜜……”


  双手捂住脸,桃井的声音如同从嗓子眼里挤出来一般再次嘟囔道。

  

  “是吗?”


  绿间对于女生到底是一种怎样的存在这个问题,虽然并没有什么相关的知识,但也姑且想起了同班同学也存在着那样的情况。


  “以前,也经常跟女生呆在一起的吧。”

  “能一起说话的女生还是有的啦……”


  桃井这时候突然抬起了头。


  “周末又有社团活动,休息时间决定总是很匆忙!而且又有立马就能抓到的阿大在!又能帮忙提东西,再怎么任性也没有关系,那家伙可以随便使唤,多便利呀!”


  虽然完全不明白桃井所说的‘就是个黑炭而已但是真的很便利嘛’的意思,但绿间还是先把确切明白的事情说出来了。

  

  “这样的话,找我商量也没有意义吧。”


 绿间安静地,一边调整眼镜的位置,一边干脆地说了出来。


  “我也没有朋友。”

  “小绿……”

  “而且也从来没有因为这种事困扰。”

  “小绿……!”

 

  直截了当地说,绿间明显既不适合商量事情,而且也被拒绝过,但是刚刚的话,多多少少某种程度上安慰了桃井的心。

  看着身边,发现这个世界上没有同性朋友的是不是只有自己的时候的绝望感。

  而且桃井知道。绿间的话总是有深意的。

  (如果不是合适的话,有些事也是没法办到的吧)

  绿间的言语并不温柔,又冷淡。我行我素,对己对人都非常的严格,但桃井知道,他并不是冷酷的人。

  因为和奇迹的世代一起相处,对于刚才的情况已经习惯了,同时也如鱼得水。

  个性张扬的他们,没有一个人会抑制自己的天性,又都固执己见,对细枝末节的事情也都不在意。而且,因为大家的外表看起来都或多或少有些威压感,也有不容易被搭讪这样的优势。

  桃井突然放低了视线轻轻摇了摇头。

  

  “一开始呢,是打算去哲君那里的。”

  “哦,黑子吗。”

  “但是,哲君…”

  

  这时候,五月又低下了眼帘。


  “——朋友很多啊。”


  这样想到自己可能没什么朋友,不,正因为这其实是事实,所以才无法面对。

  黑子确实喜欢独处,但每次都会发现总有相应地有人陪着他。倒不如说是微妙地周围觉得不能把黑子放着不管这种说法更为准确也说不定。

  黑子有一种令人总想跟他搭话的气场。


  “我撤回前言。你确实选对了人。”

  “小绿…”

  “安心吧,朋友什么的,我也没有。”

  “小绿……!”


  对于一脸决然的表情说出这些话的绿间,桃井有些开心到要哭出来了。

  

  “但是,和没有朋友的我对话,对你来说有什么意义?”

  “唔,小绿果然还是小绿呀。”

  “……桃井”


  就连低吟的声音,一切都跟以前的绿间一样。

 

  “话说,星期天小绿想不想看电影?”

  “为什么突然提这个!?”

  “因为想去看呀。”

  “去找朋友去!”

  “……”

  “……!”


  沉默着,绿间注意到了自己的失言,这才一副想起了什么的表情。

  

  “什么来着……啊那个。就算没有女性朋友,那个笨蛋,就是刚才说的那样,还有青峰在吧。如果想干这些事,就是青峰也没什么问题吧。”


  绿间一边咔嚓咔嚓地摆弄着眼镜,一边移开了视线说道。


  “……阿大不行。”


  虽然没有告诉绿间,但本来最初的契机就是把青峰当作目标的女生们。这种时候,觉得青峰干脆变成丑男就好了。即使有打篮球的天赋,个子如果不高的话,桃井认真地祈祷着这些对于青峰来说非常过分的事情。

  不知道桃井的心境的绿间,思考了一瞬说出了答案。


  “因为是笨蛋吗?”

  

  被这样极其认真地反问,桃井在快要忍不住笑意的时候,暂且适当地点了点头。


  “这样吗。那么黄濑呢?”

  “小黄总是在工作啦。而且和小黄在一起,会被女孩子妒忌的,太要命啦。”

  “——,所以才是我吗。”


  于是绿间抱住了头。


  “啊,小绿难道说有约吗?”


  这么一问,绿间一瞬吓了一跳肩膀抖了一下。聪明的桃井只是这样,立马就明白了。


  “也算不上是有约。”

  “诶——但是就是有约吧?过分……”

  “哪,哪里过分了!”


  (高尾君那边吗)

  桃井叹了口气,但也觉得绿间能交到朋友是一件值得高兴的事情。虽然绿间大概率会否认吧。

  而且本来,即使和绿间一起出去,自己没有‘闺蜜’这个事实也不会有什么改变。

  奇迹的世代的交流复活是在这个夏天和冬天之间的事。一度断开的丝线以为再也回不来了,多少次像胸口被勒紧了一样悲伤,但感觉现在每个人都在一点点向着好的方向前进。

  大家分散到了各地,桃井最终还是选择了守护青峰的道路,尽管如此,桃井其次担心的就是绿间。

  绿间的性格总而言之就是常人难以理解。正因为如此,担心他的周围,稍微介入了一些麻烦事,现在想起来了一些好的回忆。

  

  “……但是,你经常和女生在一起的吧。”

  “女生也有很多种的嘛。”

  “是吗?”

  “是呀。”


  初中的时候,同样都是经理的女生有好几个人。和她们一起度过的时间当然很长,桃井也一直都相当地留意自己的行为。

  故意称呼青峰为“青峰君”也是考虑到和周围的关系。尽管如此因为青峰的态度完全没有任何改变,并没有什么效果,不过当时因为有赤司这样绝对的存在,万幸状况没有发生悪化。

  桃井咕噜咕噜地喝着没什么味道的冰茶。眼前的绿间默不作声地吸着年糕小豆汤。

  绿间喜欢甜的味道。

  平常的绿间,可以说得上是禁欲一般控制着饮食。也有母亲做着包括卡路里在内,完美地控制了营养的饮食的原因,但本来是因为绿间根本没有味觉。确切的说,桃井觉得绿间自身并没有很好地理解‘味觉’是什么。

  桃井自己虽然并没有怎么觉得,但自己做的料理总是不是很合他人的胃口。

  (按理说应该是好吃的啊)

  青峰的话,每次都会尽情地吐槽,这种情况下,绿间却总是保持着和平常一样的样子不停地往嘴里送。本来就只不过是外表有点糊了而已,却皱紧了眉头。

  那个绿间,唯一明白的喜欢的味道就是甜味。

  

  “好吃吗?”

  “唔……我也点年糕小豆汤就好了呐。”

  “要吃吗。”


  老实说是想吃的。但是桃井微微叹了口气同时摇了摇头。

  和绿间他们不同,桃井只是经理而已,并没有多大的运动量。因为这样,就不得不控制多余的卡路里摄取。

  大概自己和绿间都是同样,容易长胖的体质。

  

  “真是难办啊。”

  “彼此彼此呢。”

  “嗯。”

  

  桃井再次叹了一口气,想着尽管如此今天能这样陪她的绿间姑且也该感谢一下的时候,后脑勺突然被打了一下。


  “好疼!”

  “你在干吗呢,丑女。”


  听到熟悉的声音,桃井还没来得及回头,旁边传来了有人哐当坐下的声音。眼前坐着的绿间默不作声地微微皱了皱眉,依然保持着端丽的姿态默默地喝着年糕小豆汤。

  

  “诶,为什么”


  对于在旁边坐下的人,桃井从心底感到惊讶。


  “话说,我去参加社团活动了,你竟然光明正大地在这偷懒啊?”

  “唔”


  坐在旁边的,没错正是她的青梅竹马,刚才对话里也提到过的青峰大辉。



清寒沥

「搬运」青桃 わたしの神様(4)

_(:з」∠)终于进入第二章了,后面真的超好看


进度(49/118)

----

2.神様のご飯


 私が幼少期、太った原因を聞かれればそれは間違いなく青峰家にあった。青峰家のご飯はまず美味しい。桃井家は洋食中心だが、味の染みた煮物など和食を中心とした青峰家のご飯は、白米が進む。

 そして青峰家の一人息子大ちゃんは、一日動き回ることもあり食欲旺盛で、同じように食事を勧められた結果ーー私は運動量がないのに食事量だけが多い子供となり、すくすくと横に成長したのである。

 (でも、美味しいんだもん)

 今でも大ちゃんのお母さんの料理は天才だと思う。美味しい美味しいと言えば、いつだって...

_(:з」∠)终于进入第二章了,后面真的超好看


进度(49/118)

----

2.神様のご飯


 私が幼少期、太った原因を聞かれればそれは間違いなく青峰家にあった。青峰家のご飯はまず美味しい。桃井家は洋食中心だが、味の染みた煮物など和食を中心とした青峰家のご飯は、白米が進む。

 そして青峰家の一人息子大ちゃんは、一日動き回ることもあり食欲旺盛で、同じように食事を勧められた結果ーー私は運動量がないのに食事量だけが多い子供となり、すくすくと横に成長したのである。

 (でも、美味しいんだもん)

 今でも大ちゃんのお母さんの料理は天才だと思う。美味しい美味しいと言えば、いつだってお代わりを勧められてしまいそれを上手く断ることに私は必死だ。

 大ちゃんが一緒に居る時は隙をみて大ちゃんに押し付ける。大ちゃんは疑問を持たずそれらをベロっと食べてしまう。

 私の大好きな白米も、お魚も、煮物も。

 (ううう、ずるいよぉ)

 柔らかくにこまれ艶のある鶏肉、味の染みた椎茸、程よい歯ごたえのレンコン、野菜のもつ僅かな苦味を失わず味の染み込んだ人参に、しゃっきりとした歯ごたえを残している莢豌豆。一つ一つの味が独立し、かつ調和も取れている煮物は天才的だと思うが、最近大ちゃんは桜井くんのご飯の方が美味しいという。理解できない。

 (確かに桜井くんのご飯も美味しいけど!)

 ただ私の予想では、大ちゃんは洋食が恋しいのだ。生まれた時から和食和食和食。案外優しい大ちゃんは、お母さんに和食が嫌いだと訴えたことはないと思う。

 その結果食べてはいるが、洋食に対するあこがれが強い。外食をするときも洋食ばかりだ。

 (それくらいのことなら、すぐわかるもん)

 大ちゃんがさぼるとき、そして街中ではぐれた時も何故か私は大抵すぐに見つけることができる。それは恐らく大ちゃんも同じだ。

 幼稚園くらいの頃、私は一度見たこともない蝶にふらふら着いていってしまったことがある。荷物も何もかも置いて、ただ蝶に導かれるように、捕まえるでもなく、ただその後を追いかけ始めた。どのくらいその後を追いかけていたのか分からないが、唐突に手首を掴まれた。

 「ひゃっ」

 驚いて振り向くと、そこには汗まみれになった大ちゃんがいた。

 私はその顔をまじまじと見る。何故突然腕を掴まれたのかも分からなければ、驚く程汗をかいている姿が新鮮でもあった。

 「さつき」

 「うん」

 私を呼んだ声は、珍しくも僅かに震えていた。

 大ちゃんの口にする「さつき」という単語が、私の頭に染みわたる。そしてよく見ると、どこか薄い膜できらきら輝いているようにも見えた。

 「…、帰るぞ」

 言われて、気づけば空が茜色に染まっていることに気づく。同時に、あれだけ惹かれていた深い緑のような、青のような羽をもつ蝶のことは忘れしまった。大ちゃんの言葉で、全てが一瞬で切り替わる。

 いつもはあっちこっちふらふらする大ちゃんだが、珍しくもこの日は真っ直ぐ歩く。手を伸ばされたので、静かに私も手を伸ばす。その頃ようやく私はここが、どこか分からない場所だということに気づいた。

 気づいた瞬間足が自然と止まりそうになる。

 (あ、)

 不安。怖い。

 そんな感覚が私の足を止めようとする。けれども、繋いだ手が、きつく私の手を握っている。

 「うん」

 それはだいぶ歩いてからの返事だったが、大ちゃんは何も言わなかった。二人で見知った道まで出た瞬間、大ちゃんのお母さんに見つけて貰い、二人とも同時泣き出しそうになったことを未だにたまにからかわれている。

 そんなことを思い出していれば少しぼんやりしていたのか、目の前に、新たな小鉢が差し出され、私は嬉しい悲鳴をあげつつ脳内では必死にカロリー計算をする。

 「まったく。大輝は本当、頭を幼少期に打ち過ぎたのが原因よね。本当体力馬鹿になって」

 大ちゃんがロードワーク中に食事に誘われ、私は大ちゃんのお母さんと二人でご飯を食べていた。少し前に料理を教えて欲しいと頼んだこともあり、おばさんは思い出したように私に声をかけてくれる。

 取り敢えず食材を切ることについては、少しましになった。にゃんこの手。

 「ま、でもさつきちゃんが傷物しちゃったんだものね?」

 「もうそれ忘れてー!」

 私の前で、楽しそうにおばさんが笑う。

 私が誕生日に買ってもらった麦わら帽子を飛ばされてしまった時、代わりによじ登ってくれたの大ちゃんだった。

 そこまではよかったのだ。彼がその後木から落下しなければ。

 当時の私は頭を打った時には動かしてはいけないなど分かるはずもなく、本当に汗まみれになりながら、ふらふらと彼を背負って家まで帰った。

 その日初めてきた公園の場所だったが、私は頭をフル回転させ、最短距離で大ちゃんの家にたどり着くことに成功をした。

 おばさんがすぐに飛んできて、おばさんに大ちゃんを渡した瞬間恐らく私は泣いていたと思う。静かにぐすぐすと。

 今更ながら、彼が血を流していたことが怖くなったのだと思う。

 「おばちゃん…」

 泣きとまない私の頭を、何度も撫でてくれた大ちゃんのお母さんは、未だにこの言葉で笑い転げる。

 「大ちゃん、傷物になっちゃった」

 私は驚く程真剣だったことだけは、言っておく。

 ただ青峰大輝という人物は怪我の多い人物で、それでいて驚く程体力がある。翌日にはもうケロっとしていたので、私は自分が泣いたのが一体何だったなのか翌日には分からなくなっていたはずだ。

 そんな風に、私たちは幼い頃から一緒で、周囲を含め沢山の思い出を持っている。だが、私がこんな美味しい料理を食べていても料理の腕が上達しないことと同じように、バスケットは好きにならないし、どんなに願っていても、今の所大ちゃんにぴったりの彼女が出来る気配も無かった。

 神様のいる私の世界は、安定をしている。だが、いつだって神様自身の幸せは、ままならないのだ。


清寒沥

「翻译」青桃 わたしの神様(1)

终于搞出来了第一部分,这个真的好费时_(:з」∠)


渣翻凑合看吧,我真的好想直接翻到后面哦,后面写的好好_(:з」∠)


进度(10/118)

----

1.你是神


  小时候,有一个对我来说如同神一样的存在。


  “哇,桃井来了!”

  “啊哈哈哈”


  无视掉那些男生顽劣的笑声,我慢慢地在鞋柜前脱下室内鞋。拿着室内鞋的人,白白的,也圆圆的。


  “肉包子一样——”


  欢快的笑声在回响,我轻轻地叹了口气。这句话在某种意义上说的...

终于搞出来了第一部分,这个真的好费时_(:з」∠)


渣翻凑合看吧,我真的好想直接翻到后面哦,后面写的好好_(:з」∠)


进度(10/118)

----

1.你是神


  小时候,有一个对我来说如同神一样的存在。


  “哇,桃井来了!”

  “啊哈哈哈”


  无视掉那些男生顽劣的笑声,我慢慢地在鞋柜前脱下室内鞋。拿着室内鞋的人,白白的,也圆圆的。


  “肉包子一样——”


  欢快的笑声在回响,我轻轻地叹了口气。这句话在某种意义上说的没有错。

  直到小学一年级结束为止,我都是浑圆的体型,因此没少被他们取笑。

  (吵死了)

  沉默着,一边这样想着,一边紧紧地握紧了肩上红书包的带子。

  不管他们的心情怎样转变,有时也会感到厌倦,我都总是在看书。他们的行为,也没有到欺凌那种程度,有时也只是一起嘲笑,很平常地说着话而已。

  像是在他们来了兴致的时候就进行的游戏,嘲讽着关于我的体型的有点定型的笑话这般的存在。

  老实说,也觉得又麻烦又讨厌,但这样的状况并不会长久持续下去。他们的兴趣很快就会转移到别的事物上去。

  (就像阿大一样)

  男生大都这样的单纯,脑海中浮现出了青梅竹马的样子。

  我有一个住在邻居家的青梅竹马。

  上小学之前一直是在一起度过的,但是一年级时去了不同的班级,成了我和阿大——青峰大辉第一次在不同的空间度过的经历。理所当然,我们在一起的时间压倒性地缩短了。即便如此,对于彼此仍是触手可及的存在这点也没有改变。

  将一代只是商店街上的一家体育用品店,变成了不仅在全国开展着业务,连相关商业方面也进行着业务拓展的集团企业的父母总是忙得不可开交。相比之下,经营着老字号和服店的青峰家,生活方式更为平稳。因为这样,我像是有两个母亲一样,每周有一半以上的晚饭都是在青峰家吃的。

  直到幼儿园之前,确实是整天都跟阿大一起玩耍,但是最近阿大和在小学新交的朋友一起,到处乱跑直到天黑。我偶尔会留下来,一边看书,一边望着他乱跑的身影。

  

  “那家伙,跑起来真是太厉害了。”

  “厉害嘛?”

  “嗯。太厉害了!”

  

  早上,从阿大口中愉快地诉说他们是怎样怎样的,实际上我能看到他们的时间是非常稀少的。

  现在也是,在不远的地方,阿大他们一群人把赛跑和水枪合在一起,进行着胡闹一般的游戏。

  

  “阿大就拜托你了。”


  即使是不同的班级了,早上我们还是会一起去上学。每次阿大的妈妈都会这样温柔地说着,抚摸着我的头。我总是只能点点头,事实上和幼儿园的时候一样,我能做的,只是在一旁一直看着他的身影罢了。可能因为这个原因,阿大有时自己都没有察觉到的身体上的不适,反而是我发现得更早。

  视野中,阿大和一人在一起赛跑。

  (啊,真的好快啊。11秒就跑完了吗)

  我觉得粉色线条的运动鞋也非常的不错。既合他的脚,又能很好地缓和冲击。但和阿大穿的设计完全不一样。

  阿大也喜欢运动鞋,以前去看我家的店的仓库的时候,眼睛闪闪发亮,兴奋到张着嘴站着不动。

  但是,虽说是几次三番请求才同意的,也会有看厌的时候,也有不会厌倦的时候。不管怎样,我们都没有一起回家了,只有我一个人走回去了。因此,这段时间阿大和我在人前很少说话,现在想起来,那段时间大概是周围人对我们是青梅竹马这一认知最薄弱的时候。

  本来就是这样,我们本就是完全不同的人。

  老实的我和喜欢乱跑的阿大。最喜欢活动身体的阿大,运动完全不行的我。

  阿大喜欢的场所,大都是人多的地方,我喜欢的场所却是没有人的安静的地方。在这个学校里也是同样的。

  一个是旧校舍最尽头的图书馆角落的桌子。阿大也曾踏足过一次,却说了感觉像是有妖怪会出现一样的完全没有关系的话。

  第二个是能看到球场的树荫。校舍和后门旁边的一片像庭院一样聚集着绿色的地方。学生会种的花坛也在那边,几棵树长在那里,我就偶尔在这些树荫下看书。阿大说过,夏天在蝉声快要停止的坚实的树边,一边帮花坛浇水,一边悠闲地在那里读书也是一种乐趣。

  找到喜欢的地方,就像找到了适合睡觉的地方一样,有让人安心的效果。就这样,我仍保持着不擅长附和他人的性子,也渐渐开始以我自己的方式适应着小学的生活。 

  在这样的日子里,发生了与不同寻常的事情,是在入学两个月后的梅雨季的某一天——也就是今天的事。

  同往常一样嘲笑我的声音。

  雨声哗啦哗啦地响着。像是没有听到那些男生的声音一样,在我从楼梯口出来的瞬间,不知道谁从我背后推了我一把。

  “唔”

  像是要杀了我一样的势头,我狠狠地磕到了膝盖。当然地点是一个水坑,裙子脏了,雨伞也飞走了。

  同发色一样的粉色的雨伞。

  (啊)

  如果还没能理解发生了什么一直这样呆滞下去,雨伞会被风吹着翻滚,渐渐滚到很远的地方去。


  “啊——啊——”

  “嘻嘻嘻”


  刚刚站起来又从背后被人推了一把。有人天真地笑着。像是新的游戏一般,有人笑着,我再一次双手触地摔倒了。

  周围传来嘈杂的声音,却不知道是不是那样。

  妈妈买给我的雨伞又要飞远了,我再次尝试站起来,被从背后比刚才更用力地推了一把,这次连上半身也撞到地上了。书包啪嗒啪嗒地摇晃着,我突然想把书包放下来。

  书包里装着从图书馆借来的还没读完的书。这样下去书可能也会被弄脏。

  想着这样的事情的时候。


 “五月!”


  嘈杂的声音中有一个十分清晰的声音在耳边回响。仿佛将空气、世界分割开了一样的,只有那一个声音十分清晰地在耳边回响着。

  从没有过的强烈的不可思议充斥着脑海,回过头,像是找到了独角仙时一样的阿大气势汹汹地冲到了我身边。


  “你们,开什么玩笑!”


  并不管对方说什么,阿大突然就跟他们扭打成了一团。

  挥舞着一直被粗暴对待的黑书包,就那样被扔在了玄关口。不知听到了谁的惨叫。我只是一动不动地盯着阿大的动作。

 

  “唔哇,青峰你怎么回事!”

  “开什么玩笑!我要杀了你!”

  “很疼啊!”

  “你、你这家伙怎么回事……”


  不知是谁的惨叫,谁的哭声。


  “绝对,——要杀了你们!”

  

  结果,直到班主任赶到现场,我仍然坐在原地一动不动地看着他们。

  老师一眼就理解发生了什么,帮我把雨伞捡起来,回过神来时,那群人已经不见了,我也被带到保健室去了。

  借给我毛巾擦掉污迹,又给膝盖上了药。还递给我热茶,我就那样抱着书包喝了它。

  “五月”

  不知道过了多久,绷着脸的阿大和班主任一起过来了。

  看着他绷着脸大概是生气了的样子,我伸出了手。


  “回去了。”


  我点了点头,把杯子还给了保健医。没有人的走廊里非常的安静,只有我们走路的声音微妙地回响着。

  啪嗒啪嗒。啪嗒,啪嗒。

  感觉到有趣的我,试着跳了一步。书包发出了咔哒咔哒的不可思议的声音。

  “五月”

  走在快半步的阿大叫了我的名字。


  “嗯。”

  “你下次再被这样弄,别光不说话啊。”


  牵着的手是温暖的。

  我到现在还不明白阿大为什么会说那样的话。


  “绝对啊。”


  强硬的口气再次叮嘱着。

  与温暖的手相对,那声音尖锐而坚硬。

  回头看了没有回应的我的阿大的表情,还是第一次看到。

  被那样对待也是头一回,并没有一直被那样哦,想这样说但是看着阿大的表情却没有说出口,取而代之只是微微地点了点头。


  “……嗯。”


  点了点头,牵着的手的温暖的感觉在身体里蔓延,突然我的视线里有薄膜在变大。闪闪发光地,映照出非常美丽的世界。

  (啊)

  对我来说,果然并没有感到痛苦或是悲伤。所有的事这只手都会替我解决掉。

  对我来说,在很久以前就有将我做不到的事情简单地处理掉的神。

  那个神比谁都强有力地飞快地在操场上奔跑着,快乐的笑容闪耀着。

  因为轻轻回握的手掌和回视,阿大微微笑了笑终于表情稍微变得柔和了。

  我非常地珍惜我的神,也非常地喜欢他。让我不得不爱上这个神笑着、奔跑着的世界。

  因为阿大的表情变得柔和了,我安心地从心底笑了。世界闪闪发光,薄膜裂开了。

  那个神,和命运——篮球的相遇是在这之后大约一年的时候的事情。



清寒沥

「搬运」青桃 わたしの神様(3)

接上

第一章结束。


进度(45/118)

正篇后还有个小甜饼(还很远


------

 『桃井さん、俺と付き合ってください』

 サッカー部のキャプテンから呼び出された時に、用件は気配から察していた。それに桃井が困惑している気配を相手は感じていただろうが、それでも男らしく言い切り、相手は頭を下げた。

 『ごめんなさい!』

 桃井は相手よりも深く頭を下げる。

 『今は、部活も忙しいし付き合うとか考えられなくて』

 桃井は大抵、断るときにまずこの言葉を伝えている。ここで終わるケースが半分、校内の人間であれば残り半分が言葉を続ける。

 『やっぱり、青峰?』

 『違います』...

接上

第一章结束。


进度(45/118)

正篇后还有个小甜饼(还很远


------

 『桃井さん、俺と付き合ってください』

 サッカー部のキャプテンから呼び出された時に、用件は気配から察していた。それに桃井が困惑している気配を相手は感じていただろうが、それでも男らしく言い切り、相手は頭を下げた。

 『ごめんなさい!』

 桃井は相手よりも深く頭を下げる。

 『今は、部活も忙しいし付き合うとか考えられなくて』

 桃井は大抵、断るときにまずこの言葉を伝えている。ここで終わるケースが半分、校内の人間であれば残り半分が言葉を続ける。

 『やっぱり、青峰?』

 『違います』

 相手があまりにも辛そうな顔をしていたため、この日桃井は少しだけ言葉を重ねてしまった。

 『好きな人なら、別にいます』

 すると相手は非常に驚いた顔をして、それから苦々しい顔を笑った。

 『そっか。そいつ、羨ましいわ』

 『上手く伝わらないんだけれど』

 桃井は黒子とのことを思い浮かべて小さく笑う。

 『…、色々上手くいかないもんだ。俺だったら、すごく嬉しいのに』

 男は笑ったが、その顔は静かでどこか苦しそうだった。桃井はそれ以上何も言えず、ただ深く頭を下げる。目の前の相手が、とても良い人物だったことだけは分かっていた。

 一度試しに誰かと付き合いなよ、と桃井に進言する人間も多い。だが、桃井は一度とも付き合ったことはなかった。

 (そうだ)

 桃井は静かに流れる授業の声の聞きながら、冷静に自分の中のものを整理する。

 試合記録、勉強した内容。

 会話。人。データ。

 整理していく中で、桃井は己の中で、一つだけいつも残る大切なものを噛み締める。

 (私のーー)

 小学校高学年になるにつれ、色々とままならないことが増え、落ち込む機会も多くなった。そんな時、桃井は良く学校の図書館の隅に座っていた。それでも大抵、何故かそんな時に限って青峰に見つかる。見つからない時は、帰宅すると青峰が家で待っていたりする。

 青峰の前で泣いたこともある。珍しくも、ぎこちない手で撫でられたことも、その胸を借りたこともある。うっせぇとか鬱陶しいと苦情を投げられこともあるし、同じ部屋で雑誌やテレビをただ観られていたこともある。

 同じように、ベッドに突っ伏したままの青峰の部屋で雑誌を桃井が読むこともあったし、その膝や胸を貸したこともある。

 気づけば授業は全て終わり、桃井の前には影があった。顔を上げれば、そこに立っている人物らはある意味予想の範囲内だった。

 前回と同じメンバーが、桃井を囲むように立っていた。

 正直今は相手にしていたくなどない。それでも、相手は逃すつもりなどないはずだ。

 桃井はこの時点ですでに泣きたい気持ちになる。

 「ちょっといい?」

 「…うん」

 桃井は小さく息を吸い、少しでも落ち着いて取り敢えず今をやり過ごすことを自分に課す。彼女らの後についていけば、目的地はどうやら屋上のようだ。

 ホームルームも終わったばかりのこの時間、まだ校舎内はどこも人が溢れている。

 全員が屋上にあがり、静かに扉が閉められる。それを合図にするように一人が口を開いた。

 「ねぇ」

 「本当にさ、どういうことか説明してくれない?」

 昔から思っていたことだが、青峰と黄瀬のファンは過激派が多い。黄瀬のファンは抜け駆け禁止の精神から、青峰のファンは派手な美人が多くよりよい男を入手するために争うことを知っているタイプが非常に多い。

 それはまさしく桃井がもっとも苦手なタイプでもある。

 「一応ね、私たちもあなたの言うこと信じようとは思っているの。でも、さすがにやっぱり行き過ぎている。馬鹿にしているの?嘘ついているの?ねぇぇ本当にどういうつもりなわけ?」

 「だから」

 「ねぇ、ならさっさと誰か彼氏つくれば?サッカー部のキャプテン程度じゃ不満なわけ?それともそんなに男漁れる状況でいたいわけ?」

 「あんたのせいで、青峰くんの評判下げるわよ」

 呼び出された屋上で、どんと一人の人物の手が桃井の顔の横につく。そのままぐっと髪を引っ張られた。

 この程度のことは平気だった。伊達に幼少期の肥満期間があったわけではない。

 ただ、その瞬間先ほどの呆れたような、苛立った青峰の視線を思い出した。その瞬間、桃井の柔らかい部分が少しだけ揺れる。

 「っ」

 痛い、と声が出そうになったがそれをなんとか我慢し、相手をじっと見る。落ち着けと自分に言い聞かすが、僅かにシャットダウンが間に合わない。

 「もうさ、本当に大人しくしていてよ」

 分かって居るでしょう。

 私たちが、あなたに何を望んでいるか分かった居るでしょう。

 世界は、いつだって相手の望む通りのものにだけ優しいことを、私はもう知っている。

 誰も同じ気持ちなのか、今にもエスカレートしそうな状況を止める者はいない。突然引っ張られた髪の痛みに、桃井は勝手に涙腺が緩みそうになる。

 (思い出すな)

 (飲まれるな)

 ぎゅっと目を瞑り、強く自分に指示を出す。あの日、初めて突き飛ばされて泥だらけになった自分の手を引いて、廊下を歩いてくれた青峰。

 彼がいなけらば、きっと自分はこんな時に泣くような人物に育つことはなかった。

 (絶対、泣くな)

 桃井は自分に強く命ずる。自分はいつも、肝心な時に力が足りない。昔は、我慢が出来ず泣くこともあった。なくと青峰が結局助けてくれることが多く、そしてまた悪循環になる。

 だが、それはもう過去に断ち切った。

 (そうだ)

 ダン、とバスケットボールの弾ける音がする。

 (だって、私はーー)

 「おーおー、怖ぇな」

 「あ、青峰くん!?」

 一瞬にして女子数名の顔色が変わる。屋上に造られた小さな倉庫の更に上は昔青峰がさぼりに使っていたスポットだった。今居ること非常に珍しいが、どうやら今日はここで眠っていたらしい。

 「お前、また告られてたのかよ」

 「ま、またって」

 「またはまただろ」

 「またじゃないし!それを言うなら大ちゃんの方じゃない!さっさと彼女つくってよ馬鹿!」

 「は?うっせーよブス。俺の話じゃねーだろうが」

 「大ちゃんの!話です!」

 今まさにこの目の前で展開されているのは、と桃井は力の限りさけぶが、突然のやり取りに一団はぽかんとし、それからきつい視線を桃井に向ける。

 (はっ)

 これもまずかったろうかと思うが、彼女を作れと叫んでいるのだ。それでも身の潔白にはならないのかと、桃井は絶望的な気分になる。

 ただその中でも、青峰がいつも通りの青峰であったことに安堵している自分を強く感じる。

 「で、それで終わりかよ」

 その場に響く青峰の声。

 青峰を好きな女子が、普通の女子と違う所は本人に見られたくらいで逃げ出さない所にある。彼女らは戦うことを知っている。

 顔を上げれば彼女らは青峰に見られてからといって、戦意を失っているわけではない。

 「さつき」

 名前を呼ばれる。終わりにしたいという乙女心はきっと理解されない違いない。「青峰くん」と呼ぶことにすら、青峰に嫌悪を示す。面倒くせぇと言いながら、「桃井と呼んでくれ」という願いには決して頷かなかった。

 青峰はいつだって、本能に従いやりたいようにやる。従わなかったのは、恐らくバスケのことくらいだ。

 『それで終わりかよ』

 青峰は確かにそう口にした。

 桃井はその言葉を正確に理解し、静かに判断をくだして、薄く困ったような顔で笑う。その表情に、目の前の女子生徒たちは少しだけ気味悪そうな顔をする。

 涙は完全に引っ込んでいた。

 桃井は微笑む。

 青峰が、桃井を促した。そして青峰は、目の前の集団に興味を示していない。そして現在までの品位のない行動。

 自分が泣きたくなる必要など、欠片も無かったことを冷静に痛感する。

 「ねぇ、知ってます?」

 突然にこやかな笑顔になった桃井に、一人が露骨に顔をしかめる。

 「あなたの元彼、今大変なことになってますよ」

 「え」

 恐らく予想もしていない言葉だったに違いない。

 「先日二股がばれて、彼女に刺されたみたいで」

 その言葉にさっと巻髪の女性の顔色が変わる。心当たりはあるようだった。

 「かなり嫉妬深いタイプと今付き合っているみたいですね。ただ過去の写真、恐らくデータ全て保存しているみたいなので、気を付けた方がいいですよ。行き着けの場所、もしかしたらもとからとうさつできる仕掛けがあるのか、同じ場所でばっかり撮っていたみたいですけど」

 桃井はそれから視線を動かす。

 「あなたも、先日酷い振り方しているので今かなり恨まれて、真実かはわかりませんが彼の学校でかなり話されていますよ。ちょっとここでは言えないような内容ですが、投稿サイトにも気を付けた方がいいですね。あ、既にそれらしいもの数枚、掲載されているようなので、電車での視線には気を付けてくださいね」

 「な、何を」

 「秀徳でも話題みたいで、多分今あの学校のそばいけばきっとちょっとした有名人ですよ」

 先日桃井が秀徳に出向いた理由の一つはこれにある。

 秀徳という名前を出したことに顔色が変わったが、桃井は更にサービスで相手のフルネーム、身長まで伝え、更にもう一人前の彼氏の情報まで提供する。

 普段であれば、あの緑間とあっていた日。決して青峰は桃井のことを追いかけてこなかっただろう。だがいつだって青峰の本能的な勘は鋭い。

 部活動ではない、何か桃井の身に危険が及ぶ可能性があることを調査に行ったと、勘が告げていたのだろうか。

 (そんなこと、絶対にないのに)

 桃井だって馬鹿ではない。だから最初から秀徳の門では、まず緑間を探している体で話しかけていた。知り合いだとアピールをするために。その上で、誘導し必要な情報を聞きだしたに過ぎない。彼ら、彼女らの記憶には緑間を探していた女性として桃井は記憶に残っているはずだ。

 「あ、あんた…」

 桃井の情報に、ぞくりとした気持ち悪さを感じたのか一気に囲んでいた女性達は覇気がなくなる。青峰は全てを面倒そうに傍観しているのみだ。

 桃井と緑間には共通点がある。

 それはその体型のことだけではなく、二人とも神様を持っていることだ。

 緑間はおは朝、桃井にとって神様はーー青峰大輝だ。

 幼少期から、桃井の神様はいつだって青峰大輝だけなのだ。

 (本当、馬鹿だなぁ)

 彼女らが自分のことだけを馬鹿にしているのであれば良かった。

 だが、青峰のことまで馬鹿にするのであれば話は変わる。自分のせいならばと反省はしていたが、むしろ彼女達の方が青峰の評判を落とすのに十分な存在だった。そして青峰は一切彼女に興味を示さなかった。

 (それなら)

 (これは、いらない)

 桃井は強くするのは、ただ神様への心棒だ。

 嘲笑う女子、どつき揶揄を繰り返す男子。それをいつでも庇ってくれたのは青峰だった。庇うというより有無を言わせないが近いのかもしれない。青峰の傍にいれば、桃井はいつでも静かな時間を楽しむことが出来た。

 自分の出来ないことを楽しそうにこなし、もっとも望むものをくれる人を、世間では神様というのだと知ったのはいつの頃か。

 絶対的な存在は、青峰が学校を休もうがいつだって桃井の心に、世界に安穏をくれていた。

 桃井が痩せたきっかけも非常に简单だ。

 『お前のせいで、青峰の評判まで落ちるんだよ。このデブ』

 (そうか)

 私が太っていると、迷惑がかかるのかと桃井はダイエットを始めた。そのための手段には、青峰が行っているロードワークについていくことを選んだ。この時期初めて、バスケットボールにも触れた。

 今まで一切運動をしていなかったせいで最初は苦労したが、おかげで体重はみるみるうちに落ちて、周囲からの態度は一変した。

 痩せた途端、周囲の男子どもは驚く程態度を変え、女子からの視線は意味が変わり、囁く声の強さも内容も何もかもが変わった。

 その中で、いつだって変わらないのは青峰いとりだ。

 いつだって。

 どんな時だって。

 水たまりに倒れ込んでも。

 ドリブルが上手くできなくても。

 桃井は笑って、それから顔面蒼白となった彼女らに一つの誠意を示す。

 「あのね」

 口を開くと、今や青ざめた女子生徒たちはビクリと肩を震わす。

 「一生、絶対に付き合わないよ」

 桃井は笑っていた。

 「大ちゃんと私が、付き合うはずがないよ」

 神様には、世界一幸せになってもらいたい。

 そのために桃井はいつだって、とびっきりの相手を探している。

 誰もが認めるような、可愛くて、優しく手凄い人。その人が来るまで、ただ隣を守っているに過ぎない。

 (その相手に、私だけは絶対ない)

 桃井は笑う。

 桃井だけは、否、桃井こそが誰よりもよく知っている。

 自分が悪い、嫌な奴だと知っている。

 『バスケが好きな奴に悪い奴はいねぇ』

 そういって黒子と仲良くしていた青峰。桃井は黒子のことがとても好きだった。青峰を元気にしてくれて、バスケットを非常に好きだと言う人物。

 桃井は笑う。

 (私は悪い奴)

 誰も、今まで桃井に聞いたことが無い。

 『バスケットを、好きですか?』

 その答えは昔から決まっている。

 『ーー大嫌い』

 (バスケットボールなんて、大嫌い)

 どんなに努力をしても、桃井はバスケットが嫌いだった。大嫌いで、でも自分の神様がすきなスポーツだから触れ合っているに過ぎない。

 昔から、神様に嫌われる悪い奴だと、桃井はちゃんと知っている。

 安心していいのに、と桃井は心底から思う。彼女らがもっと心根が綺麗で、神様を任せられる人物であれば、こんな面倒なことをしないでも隣の席が良いと言うのであれば、あっさりと譲ってたのだ。

 青峰は、昔の青峰に戻りつつある。それであれば、自分にできることなどもう少なく、後は誰か任せられる人物が見つかれば良いのだ。

 (大ちゃんの評判を落とすならと、友達も作ろうと思ったけれど)

 どうやらこの分では、嫉妬にようる言いがかりだった可能性の方が高いと桃井は小さく安堵する。彼女達は気づけばその場から逃げ出していた。思ったよりもあっさりと居なくなってくれたおかげで、次の最悪の情報までは持ち出さずに済んだと桃井はその情報に蓋をする。

 「…、というかなんで青峰くんここに居るの」

 「天気がいいからな」

 「部活!」

 注意をしようと顔を上げれば、青峰は起き上がっていてじっと何故か桃井のことを見ていた。少しだけ難しそうな顔で。

 「…青峰くん呼び、そんなにやだ?」

 首を傾げて桃井は青峰の顔を見る。

 「…、どうしたの?まさか調子悪?」

 「気持ち悪い」

 「え」

 「お前のくんづけ」

 桃井は苦笑いを浮かべる。昼休みのことを謝りたい衝動にも駆られたが、もう今さらな気もしたし、そんな細かいことをいちいち口に出すような間柄でも無い。

 スタメンの件で怒鳴られた時も、和解は非常に曖昧だった。駅につけば、青峰は桃井を待っており、無言のまま家まで帰宅した。たったそだけのことだ。

 「もー、いいからほら部活行くよ!」

 「さつき」

 耳に優しい声に、桃井は笑いながら応える。

 昔の一番は父親だった。父親の呼ぶ『さつき』という声が、とても好きだった。

 だが、いつから気が付けば青峰に呼ばれる名前が、桃井の一番になった。万華鏡のように、色々な楽しみ方が出来るその一言が、呼ばれる自分の名前がとても好きだった。

 (ああ、いいなぁ)

 桃井は笑う。もとに戻った青峰の声は、自分の耳にもとても優しい。

 この声で、こうして名前を再び呼ばれることがどれだけ心地よいか、きっと青峰は一生知らない。

 「何」

 桃井の口から出る声は、甘い。いつだって、恐らく青峰に対して桃井の声は甘さを含む。崇拝する偶像を眺めるように、甘い声と視線で桃井はいつも青峰を捕える。

 逃げて行った彼女達は、今頃どうしているのだろうか。

 桃井の提供した情報に怯えているのか、それとも青峰の前で見せた醜態を、今更ながら後悔しているのだろうか。

 好きな人によく思われたいという気持ちが、もし彼女達にあったのならば可愛いなと思う。

 (やっぱり女の子は可愛くないとね)

 黒子の前では、可愛い自分で居たい。

 冷静で酷い自分ではなく、可愛らしさを持った女の子でいつだっていたかった。

 バスケをすきになれなくても、黒子哲也であれば自分は好きになれた。バスケットが誰よりも好きな黒子の前でなら、可愛い女の子として好きで居ることができて、黒子はいつだってそれを許してくれていた。

 (テツくんに、会いたいなぁ)

 無性に思うのは何故のだろうと、桃井は良く分からないまま思う。

 「さつき」

 「もーだから何」

 青峰が下りてきて、何故か頭に触にられた。青峰と接触することは珍しくない。

 人前では別だが、そうではない所で青峰に触れたても桃井は別に拒否をすることはない。青峰から触れてくるのであれば、桃井はただ静かに享受する。

 桃井はいつだって青峰が縋るのであれば、彼に彼女が居ない限りは何でもする。

 (だって)

 (青峰大輝は)

 目を細めて、桃井は笑う。

 『桃井さつきにとって、青峰大輝はたった一人のーー』

 青峰は名前を呼んだまま、口を開かなかった。言いよどむような口調と表情がどこか不思議で見つめていたが、暫くしてからそれがまるで迷子の子供のようだと想い、桃井は思わず笑う。桃井こそが子どものように笑えば、青峰はやはり少しだけ眉を寄せるような顔でただじっと桃井のことを見つめていた。



----

这都能有敏感词,幸好汉字都能变成假名,太有毒了吧

粉红马卡龙

突然想起来还有这么个东西…

发出来混个更(虽然已经咕咕了(靠

p2黄濑

p3桃子

p4赤+绿


翠翠就一背影不打tag了

突然想起来还有这么个东西…

发出来混个更(虽然已经咕咕了(靠

p2黄濑

p3桃子

p4赤+绿


翠翠就一背影不打tag了

清寒沥

「搬运」青桃 わたしの神様(2)

「搬运」青桃 わたしの神様

著 イカ ニコミ


侵删

未完,后续及翻译后补


迟到生贺第二部分


接上(上一章更新了新内容)

----


    幼少の頃、青峰につられるように手に取ったバスケットボールはとても大きった。

 ドリブルをするもやっとで、何度もよくわからない方向に転がして青峰に笑われた気もする。意外に思われるが、桃井はバスケット自体をプレイをしたことがない。ドリブルだけが、桃井が直接体感したバスケットだ。

 ただ、唯一のそれですら、桃井は満足に行えた記憶がない。それでもなんだかんだ、根気...

「搬运」青桃 わたしの神様

著 イカ ニコミ


侵删

未完,后续及翻译后补


迟到生贺第二部分


接上(上一章更新了新内容)

----


    幼少の頃、青峰につられるように手に取ったバスケットボールはとても大きった。

 ドリブルをするもやっとで、何度もよくわからない方向に転がして青峰に笑われた気もする。意外に思われるが、桃井はバスケット自体をプレイをしたことがない。ドリブルだけが、桃井が直接体感したバスケットだ。

 ただ、唯一のそれですら、桃井は満足に行えた記憶がない。それでもなんだかんだ、根気強く付き合ってくれたのは結局青峰だった。

 『あー、ほら。ちゃんとボールに手を当ててないからだって』

 どこかに遊びに混ざっては戻ってくる青峰のアドバイス。

 それに気づいた時に、一部の女子が自分達と遊ぼうと青峰を誘っていたことは知っている。思い返してみれば、太っているということはコミュニティの中では本当にに良いことがない。

 だからか、この時期桃井には友人らし友人がいた覚えがない。このころ始めた運動の効果で、痩せて、学年も変わる頃には桃井も友人に囲まれ、そして別の意味で男子との関係に悩むようになるが、それはまだ未来の話だ。

 (女友達ゼロ…)

 高校入学直後は、とにかく青峰を部活に入らせ、来させること。先輩たちとの亀裂など、気にすることが山盛りで気付けなかった。

 そして先日の呼び出しによる言葉が桃井の中に未だに突き刺さる。よく考えれば、バスケを始めた頃ーー否その前から、桃井は友人を作ることが苦手ではあったのだ。

 幼い頃、最初に興味を持ったものは新聞や本であり、インドアな人間としてスタートを切ってしまったのがまずかったのか。言葉を覚えるのは早くとも、会話のテンポはしょっちゅう他人とずれていた。

 『青峰くんにどんだけ面倒みさせているの?友達いないからって』

 (私だって!好きで友達がいないわけじゃないんだから!)

 力説したところで、完全に何かが負けている。まさしく自分へのダメージがでかい、涙が出そうな言い訳だ。

 桃井はさてどうやって友達を作るべきかとため息をついた。

 (ううん、私だって本気でやれば…!)

 教室に話をする女性生徒は当然居る。日中は桃井もこのクラスで過ごしているのだ。

 時にマネージャー業務で外れていることもあるが、女子のコミュニティは重要だ。孤立し過ぎてしまえば、体育の時間など悲惨なことになる。

 桐皇は元男子校の名残か、女子生徒数が少ない。そのためその付き合いは濃密なものが多く、部活に時間を取られる桃井は正直どうしても同じレベルで付き合うことは難し。優し人物らも多いため、何か班で活動するときに桃井困るようなことはないが、それでも改めて連絡先を交換して仲良くするーーとなると、桃井は正直二の足を踏んでいた。

 普段幾らデータを駆使していようとも、女子が盛り上がるような話題が桃井にはさっぱり分からなかった。

 ぽろぽろ人気づかされる事実に、この数日桃井の顔色は青くなりっぱなしである。

 (何を、一体、普段そんなに話してるの!?)

 中学時代の女子マネ仲間とは未だに繋がりがある。その当時の部員だった男バスメンバーもそうだ。

 取り敢えず昨晩メールで相談したところ、返信は非常にあっさりしたものだった。

 『恋愛、彼氏、ファッション』

 明らかに前二つは被っているのではないかと思いつつも、今更その話題にどう溶け込んで良いのかさっぱり分からない。

 『さつきはねー、バスケ馬鹿だもん』

 けらけらと笑われながら贈られた言葉に反論するものの、説明された一般的女子高生の生活は確かに自分には遠過ぎた。

 桃井は女子高生としてファッションには人並みに興味があるか、それで一体どう盛り上がるのかさっぱり分からないのだ。

 取り敢えず桃井にとってファッションは買い物と同義である。

 『可愛い!えーどっちにしよう。どっちのが可愛いかな』

 『はぁ?どっちでも同じだろ』

 『全然違うよ!』

 『あーじゃあの白い方で良いんじゃね』

 『うん、じゃあピンクにする』

 『おい!』

 嘘だよ、と笑いながら結局白を手にしてレジに向かう。

 自分の買い物なんで所詮そんなものだ。学校で雑誌を見つつ、その話題でどうしたら盛り上がるのか、桃井にとっては未知の世界である。

 カラオケに行く時間もろくにないため、歌を聞くことは好きだが流行を追っかけているわけでもない。本に好きだがベストセラーというよりは好きな作家を中心に、スポーツに関わる本の方が圧倒的に本棚にも多い。実家や隣の仕事を手伝うこともあるため、経理の基礎やスポーツ用品の素材、そして着物の種類などにも詳しく僅かながらの知識はある。

 (こ、これは…)

 桃井は、見ないでいた事実をとうとう認めた。

 (女子高生じゃ、ない)

 もしかしたら誠凛の監督とも呼ばれている、胸の小さい人物であれば気が合うかもしれないが、相手はライバル校だ。今から友達として付き合うには無理も限界もある。

 朝練を珍しくもこの数日は男マネにまかし、教室でクラスメイト達と交流してみたが、息が続かないとはまさしくこのことだ。情報を多く持ち、引き出すことも得意な桃井が浮くことは無いが、楽しむ所ではない。

 放課後も女子バレー部の子たちと一緒に帰宅してみたりもしたが、やはりどうにも桃井は呼吸困難に陥っている。

 「…、どうしよう」

 予想以上に、友人を作るというものは難関だった。冷や汗しか出てこないが、これはもしかしなくとも、自分には友達が居ない、出来ないという事実発覚でしかないのだろうか。

 いつだってこの世界は、桃井にとって静かな、まるで借り物のような場所だった。その世界で当然とされていることをすることは、いつだって困難だ。

 (けど、これくらいのこと)

 上手く出来なくてどうするのだと、頭では分かって居る。

 桃井ももう大人になった。好き勝手歩き回れないことも、どうあるべきなのかということも、色々と理解をしている。

 『桃井は、真面目だね』

 そんな風に笑って仕事を任せてくれたのは、赤司だったか。ただ少しだけ困ったように笑っていたのは何故なのか、未だによく分からない。

 『肩の力を抜くと良い』

 そんな風に言いながらも、何故か真逆の行動の応えたいと本能的な想いもあり、夢中で何度も作業を繰り返した。

 『お前、まだやってんのかよ』

 それをいつも中断したのも青峰だった。現実世界に戻った思考で、桃井は青峰と共に帰路に着く。バスケ部の活動は遅くまであり、一人で帰ることはさすがに親からも注意を受けていた。

 それは高校生となった今でも同じだ。さすがに今は適当に聞き流しもするし、昔よりも注意される時間は遅くなったが、青峰家の放任っぷりを見ていると羨ましくもなる。

 (不便)

 桃井は教師の声を聞きながら思わずにはいられない。

 (もし、私が男の子だったら)

 帰りの時間も問題ない。そして青峰がいるのだから友人問題も、その関係も、何の問題もなかった。

 (お父さんは泣いちゃうかも知れないけど)

 ずっと女の子が欲しかったと言っていた父親は悲しむだろうが、自分が男に産まれていれば全ての問題は解決していた気すらする。

 「さつき」

 休み時間、隣のクラスの青峰が教室に顔を出した。女子数名と雑誌を囲んでいた桃井はその声に、周囲の女子に断ってから席を外す。

 用件は教科書だったようで科学の教科書と、結局ノートも合わせて貸し出して席に戻れば、一気に話題は青峰に代わってしまった。

 「桃井さんって、青峰くんと仲が良いよね」

 「名前呼びだもんね!」

 きゃぁと盛り上がるテンションが、桃井にはさっぱり分からないが取り敢えず否定を挟む重要性は学んでいる。

 「まさか。幼馴染なだけだし、同じバスケ部だから」

 「えーそうなの。でも青峰くん恰好いいし、いいよね」

 「結構本気で狙っている子多いっていうし。桃井さん美人だし、絶対羨ましがられるよ」

 (う)

 桃井の笑顔はひきつることしか出来ない。

 既にクラスのとあるグループから今突き刺さるような視線を感じている。先日桃井が呼び出された女子と仲が良いグループだ。友達は少なくとも、データとして桃井は交友関係は把握している。

 何故だかわからないが、世の中の女子は「幼馴染」という響きに特別な思いを持っている。桃井は事実の説明に使っているだけだが、過去は自慢のように取られたことも少なくはない。

 「っていうか、桃井さんもてるもんねぇ。いいなぁ。こないだサッカー部のキャプテンに呼び出されていたよね?」

 そして本当に侮れないのは女子同士のネットワークでもある。

 「え、いやあの」

 「やっぱもう彼氏いるから断ってるの?」

 「部活、忙しから」

 「マネージャーなのに?」

 不思議そうな顔をされるが、このての反応はよくあることだった。実際の強豪校の部活動実態を知らない限りは、むしろレギュラーメンバーにも「付き合う時間もないって何?」と逆ギレする女子も居ると言う。

 強豪校のメンバーが、どれほど今の座を守ることに力を注いでいるか、その生活を費やしているかなど、恐らく彼女らは分からない。同時に、彼女達の感覚で言えば、マネージャーである桃井の生活は、尚更自分達と変わりないものだと思っている。それは責めるべきことではないが、埋めるには非常に難しい溝だった。

 (それよりも)

 桃井は僅かに引きつった笑みを浮かべつつも、意識を背後に向ける。

 背後から突き刺さる強烈な視線。

 殺さそうな程きつい視線はいっそ気のせいであって欲しいほどだ。

 (はい知っています)

 そちらのグループの一人が、先日サッカー部キャプテンに振られたことは当然把握済みです。と桃井は泣きたい気持ちで悲鳴を上げる。

 空気を読まず、そこそこ強い部活動の主将が何故自分などに告白をしてきたのか。と八つ当たりのように思う。

 そして同時に、こんな話題のきっかけをよこすことになった人物にもとにかく八つ当たりしかない。

 (…もうとにかく、静かにしていて)

 桃井のその切実な願いは、完全に裏切られることになる。普段、異なるクラスである桃井のもとに訪れることも少ない青峰が何故か妙にやってくるのだ。

 「さつき、ノート」

 「そういやこないだのNBAの試合、録画あんだろ」

 言葉少なにかわしてはいたが、それでも昼休みにまで現れた瞬間、桃井はこのままではこれが永遠に続くことを理解した。

 青峰の本能が恐らく何かを察知している。

 (昔からそうだ)

 普段は桃井が青峰のフォローをすることが圧倒的に多いが、桃井が何かに困っている時や、イレギュラーな行動をとると青峰はいつもそれを察知する。

 中学時代、珍しく少ししつこい先輩に付きまとわれていた時も、最終的においはらってくれたのは青峰だった。

 ただし、青峰にその手段を選ぶような知恵はない。

 先輩に校舎壁に押し付けられ、体格差から思わず息を飲んだ時、人気のないその場所に、ひょいと現れたのは青峰だった。

 『で、あんた何してんだ』

 いつもながら、ポケットに手を入れ面倒そうな顔で、だが最近目つきが悪いと評判の視線で相手を睨む。

 『…青峰には、関係ない』

 『あ?』

 唐突に響いた低音。その声に先輩は僅かに後ろへと距離を取り、桃井はその瞬間青峰の方へと本能的に移動をする。だが移動をした瞬間、わしっと青峰に掴まれた。

 『ずいぶん触りたそうな目で見たけどな』

 青峰の大きな手で掴まれた瞬間桃井は声を失い、相手は顔色を失い、そして立ち去った。

 『おー行ったか』

 頭の上に顎を乗せられるが、桃井は正直それどころではない。確かに彼は恐らく、その性格上もう付きまとわない。

 だが彼は絶対言うだろう。己のプライドを守り、かつ腹いせのためにも青峰と桃井は付き合っているだの、桃井が彼氏がいるにも関わらず自分に色目を使っただのとあることないこと。

 そしてそれは間違いなくマネージャー陣の耳にも入るはずだ。

 助かった言うのに死にたい気持ちになるのは何故なのか。

 『大ちゃんの、馬鹿!』

 『はぁ?』

 『馬鹿ったら馬鹿ぁ』

 『減るもんじゃねーだろ』

 もう一度背後から胸を持たれるが、今の問題はそれではない。

 『そうじゃなくてっ』

 『つーか明らかにあっちのがやべぇだろ』

 『う、そ、そうだけとそうじゃなくて!』

 (あの後…、本当に大変だったんだから)

 情報をどう操作するか、かなり頭を悩まされた。そして今同じようなことが起これば、キセキーー特に赤司のいないなかで、桃井単独の状況回復はほぼ不可能だ。

 「おい、今週末の対戦相手ってさ」

 「正邦。最初からスタメンだからね」

 「あーそうだっけ」

 「何度説明すればーーっていうか大ちゃん!」

 叫んでからさつきははっとして慌てて青峰を引っ張って外に出る。体格の良い青峰を引っ張る姿は嫌で廊下で人目を引く。比較的人どおりの少ない渡り廊下の隅で桃井は青峰と向き合った。

 じっと青峰を睨むように見る。青峰は、バスケにやる気が戻ろうが、日常に置いては変わらず面倒そうなやる気のない顔をしている。

 「大ちゃん」

 「なんだよ」

 さつきは素直に頭を下げた。

 「お願いなので!暫く私のことを放っておいてください」

 隠しても無駄。それであれば今回は正攻法だと桃井は懇願する。

 「お前、暇だな」

 「暇じゃないから!色々忙しいの。手一杯なの」

 ぐっと頭を引っ張られて顔をあげると、そのまま額に軽くデコピンされる。

 「馬鹿じゃねーの」

 「…馬鹿じゃない」

 「俺に指図すんな」

 「だからお願いしてーー」

 「あ?」

 半眼になった青峰に、桃井は本能的に青峰がからに機嫌をそこねていることを察知する。びくっと一瞬体が震えるが、青峰は一瞥しただけ面倒そうに去っていく。桃井はそれ以上かける言葉を見つけられなかった。

 インターハイの時に、青峰の意志を完全に無視しスタメンを外した時、過去にない程青峰を怒らせた。涙は出たし落ち込みもしたが、その時と今はは訳が違う。

 今はバスケットも絡まず、青峰の体調に関わっている話でもない。完全にただの、自分の我儘だ。

 桃井は小さく息を吐く。

 慣れないことばかりして疲れていたのかもしれないが、完全に自分の判断ミスだ。青峰の性格を分かって居たつもりで、大きな間違いをしてしまった。

 (しまった…)

 桃井はその場所にしゃがみ込む。

 少し離れた場所では、昼休みの時間を騒がしく過ごす声が聞こえてくる。

 「なにしてんだろ、私」

 あの時程じゃないにしろ、無駄に青峰を苛立たせている。

 その声に当然返ってくるものはない。桃井はただ暫くの間、その場所でじっと何かに耐えるように小さく座っていた。


shro
今年的青桃。生日快乐。

今年的青桃。生日快乐。

今年的青桃。生日快乐。

秉烛待旦

【青黑←桃】如果可以重来的话

注:我超级不会写感情戏,所以也可以当成无cp看(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


1

青峰大辉,至少现在的青峰大辉和努力是沾不上边的。

对于现在的他来说:

“投篮的话不管怎么投都能随随便便进球吧。”

他说着,把手中的球看似随意地往球框一抛。

球进了。


2

“哲君,阿大今天也没有来练习。”

“阿大到底跑到哪里去了啊?笨蛋阿大,又翘掉训练!”少女看起来气鼓鼓的样子。

前天也是这样,昨天也是这样,今天也是这样。

篮球部一军的气氛最近变得有些奇怪,沉重得让人几乎要窒息。

今天的训练青峰依旧没有来,桃井五月知道他肯定是在哪个天台上睡觉。

奇迹的世代已经几乎不再一起回家了,当...

注:我超级不会写感情戏,所以也可以当成无cp看(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


1

青峰大辉,至少现在的青峰大辉和努力是沾不上边的。

对于现在的他来说:

“投篮的话不管怎么投都能随随便便进球吧。”

他说着,把手中的球看似随意地往球框一抛。

球进了。


2

“哲君,阿大今天也没有来练习。”

“阿大到底跑到哪里去了啊?笨蛋阿大,又翘掉训练!”少女看起来气鼓鼓的样子。

前天也是这样,昨天也是这样,今天也是这样。

篮球部一军的气氛最近变得有些奇怪,沉重得让人几乎要窒息。

今天的训练青峰依旧没有来,桃井五月知道他肯定是在哪个天台上睡觉。

奇迹的世代已经几乎不再一起回家了,当训练结束的时候,就是他们分别的时候。

桃井主动提出要和黑子一起走:“笨蛋阿大又不知道跑哪里去了!”他们明明是个青梅竹马,可是她觉得自己对上青峰就像是提前当了妈。

头疼。


3

“阿大这样真的让人好头疼啊,训练也不来了,比赛前给他看别的队王牌的资料他也不看,而且比赛一点也不认真,真是的。”

桃井跟走在身旁的黑子抱怨。

“我也有点担心青峰君。”黑子说,“青峰君一直都非常喜欢篮球,所以他现在这样,肯定他也很痛苦吧。”

“如果再没有势均力敌的对手出现的话。”


4

“下雨了。”

他感觉有雨点滴在他的脸上。

果然,不过几秒间,雨突然变大。

桃井有些窃喜,她看到黑子书包里装了一把伞,但是自己没有带伞。两人雨中漫步,多浪漫啊。

正如她想的那样,黑子撑开了伞:

“如果不介意的话……”

还没等他说完桃井便乖乖缩在伞下,胳膊紧紧挨着黑子的胳膊。

好开心啊,她想。

“这雨一时半会可能停不了,不如我先送桃井同学回家吧。”

黑子说。


5

好紧张,这可是第一次和哲君一起撑同一把伞。如果情绪可以实体化的话,她的背后肯定已经出现粉红泡泡和小花背景。

“那个,桃井同学……”

!好紧张好紧张哲君要跟我说些什么!桃井紧张而又期待地看向黑子。

“青峰君平时会跟你说些什么呢?”

原来是说这个啊,提起青峰,桃井的心情又沉了下来。

“阿大啊……阿大的生活里,哲君你也知道,只有篮球和小麻衣的写真了,其他的还真没有别的什么了。平时提到最多的也是篮球,不过最近也不怎么提了。”

“是啊。”黑子说,“青峰君是我所认识的最爱篮球的人了。”


6

黑子刚认识青峰的时候,当时黑子还是三军,是三军里吊车尾的。青峰是一军,一军里天赋最强的。

从实力上来讲两个人可能一辈子都没有交集,但是在那天晚上,青峰推开了第三体育馆的门。

……

“说起来有些不好意思,那天阿大要去练球的时候我还跟阿大说体育馆最近闹鬼,不过他没信。”想起了当时的事,她也忍不住露出怀念的表情。那个时候的青峰训练起来比谁都更努力。“不过一开始我还不能理解为什么阿大那么沉迷和哲君一起练球,现在终于明白了。因为哲君有着和阿大一样对篮球的热爱,在他的心里喜欢篮球的都不是什么坏人嘛。”

有的时候还真羡慕他,能和哲君一起打篮球,能够一起在比赛胜利后碰拳相视一笑,能在放学回家的路上一起吃雪糕。男孩子真好啊。

但是这一切好像也是很久以前的事了,在她的印象里,现在的青峰已经很久没有接过黑子的传球了。


7

“有的时候还是会怀念那时候的青峰君,会笑着说出‘喜欢篮球的一定不是坏人’,每一场比赛之后计算自己的得分,会因为得分比上一场高一点而喜悦。我喜欢的是那个时候的青峰君。”

黑子说,实际上他很久没有和现在的青峰有联系了。

“球不用传给我了。”这是最近青峰对他说的话。

“好希望能马上来一个非常强劲的对手,想要再传球给青峰君。”

他低声道。

一时间两个人都有点难过。


8

快到桃井家了,天也已经开始暗下来了。

“哲君要不要进来坐一下,喝杯茶再走?”

“不了,父母还在家里等我回去。”

黑子把桃井送到她家门口,便准备转身离去了。

“那个,哲君!”

“请一定要一直一直和阿大打篮球!”

黑子笑道:“我会的。”


8

桃井进了家门,跟父母说了句“我回来了”后便把自己锁进了房间。

“哲君,不管怎么样都要一直一直和阿大打篮球啊……”

她坐在床上抱着膝盖,擦掉大滴大滴往外流的眼泪。

有的时候还真是羡慕阿大啊。


9

黑子退部的消息,桃井作为经理是第一个知道的。

是因为那场比赛吗?不,不止是那个,还有一军每个人都能察觉到的压抑的气氛,伴随着奇迹的世代越来越强,以及阿大的转变。

在知道这个消息的第一时间,她给青峰打了电话,那边显示的是关机状态。

“笨蛋阿大!”

“笨蛋阿大!”

“笨蛋阿大!”

她一次次打电话过去,都是无人接听。


10

她想给黑子发短信,但是明明摸着手机键盘,手指却忍不住颤抖。

哲君明明是那么喜欢篮球。

电话铃响了,是青峰打过来的。她接听了电话,那边传来一个懒洋洋的声音,好像是刚睡醒似的。

“喂,五月,你刚刚打那么多电话过来干嘛?”

“笨蛋阿大!哲君他退部了!”

那边没有回应。

过了好久那边才传来一句“知道了。”

依旧是很漫不经心的声音。

“那么阿大,你知道原因吗?”

“还能有什么,不就是因为他现在已经跟不上我们了嘛。”

他又想起之前黑子来找他时自己说的话:

“我已经连如何接你的球都不记得了啊。”

这句话肯定把黑子伤的很深吧。

但是没有办法啊,他也没有办法。他觉得自己还是爱着篮球的,但是胜利得越轻松,就觉得越无趣。他突然有点怀念接下黑子的传球的感觉了,他已经快忘记那种感觉了。

不过大概再也接不到了吧。


秉烛待旦
这对我也🉑深夜指绘一发两个人...

这对我也🉑
深夜指绘一发
两个人都超级可爱ʕ•̀ω•́ʔ✧
bg,gb我都🉑

这对我也🉑
深夜指绘一发
两个人都超级可爱ʕ•̀ω•́ʔ✧
bg,gb我都🉑

秉烛待旦

我好喜欢漂亮的女孩子
黑篮里的所有女孩子我都喜欢!!!

我好喜欢漂亮的女孩子
黑篮里的所有女孩子我都喜欢!!!

雾言

【黄黑】colour(预告)

隐all黑汤底


写给青花桑的


 @5% 


——


“他的核心没有颜色,”指尖微微触碰那份报告上的照片,桃井转过身来,对赤司说,“哲君......可能会是小赤你要找的人。”


说完这句话后,桃井发现自己心中突然涌上了一股莫名的情绪——


那是一股名为后悔的酸涩情感。


于是,她有些踌躇地开口了:


“小赤,可以告诉我吗?”


赤司抬起了头,放下了那位“柊言”的资料,看向桃井:


“为什么小黄会忘记哲君?”


......


墨发的少女笑了,她端起刚刚沏好的茶,轻轻吹去盘旋在之上的水汽,“我很佩服您,绿间君。竟然能够第一...

隐all黑汤底


写给青花桑的


 @5% 


——


“他的核心没有颜色,”指尖微微触碰那份报告上的照片,桃井转过身来,对赤司说,“哲君......可能会是小赤你要找的人。”


说完这句话后,桃井发现自己心中突然涌上了一股莫名的情绪——


那是一股名为后悔的酸涩情感。


于是,她有些踌躇地开口了:


“小赤,可以告诉我吗?”


赤司抬起了头,放下了那位“柊言”的资料,看向桃井:


“为什么小黄会忘记哲君?”


......



墨发的少女笑了,她端起刚刚沏好的茶,轻轻吹去盘旋在之上的水汽,“我很佩服您,绿间君。竟然能够第一个发现黄濑君的记忆被我做了手脚......”


她慢悠悠地看向绿间制服的袖口,随后再次开口道:


“但您,也应该自私一些,为自己考虑吧?”


神使候选者第一人,年仅16岁的柊氏一族族长——柊言,笑眯眯地向绿间甩出了一张王牌:


“毕竟黄濑君可是当我们铺开前进的道路之时,会碰上的最大的麻烦啊。”


......



黑子低头看向自己的手心,那里有着一枚水蓝色的核心印记,他不知道叶柊言是怎么做到的,他只清楚从此以后,他拥有了竞选神使的资格。


“谢谢您,柊言小姐。”


从此以后,黑子哲也能为他与那些被遗弃的孩子正名,他们不是一文不值的废物,他们和所有人一样拥有成为神使的资格。


至于黄濑君......


他低下了头。


“或许,以后还会有办法的吧。”


......


叶柊言还记得,当年提出那个假说时,周围的家族干部恍然大悟的表情。


“对,理论上来讲确实是这样,越是没有颜色的东西,被染上颜色,会越容易的。”


会议室中一阵窃窃私语,吵的叶柊言有些烦躁:


“各位——!!!请安静!!!


孩童稚嫩的嗓音不知哪里来的那么大的威慑力,一瞬间,会议室里变得安安静静的,仿佛上面是当今柊氏一族的族长,叶柊言的母亲。


不过,离叶柊言成为族长,似乎也不远了。


“我刚才提出的假说,也不只是一个假说了——”她望向会议室的大门,“就在几天之前,我让一位无色者拥有了颜色。”


不知是谁先倒抽了一口冷气,会议室里又变得躁动起来。


“这是真的吗?”“如果是真的,那我们一定要把无色者保护起来。”“但是果然还是不相信这能成功啊。”


除了叶柊言和她的母亲,没有人发现会议室的门被推开了,一道水蓝色的身影闪了进来,又轻轻地合上了门。


“这是真的。”


那道水蓝色的身影开口了。


“因为我就是那个无色者。”


......


这个世界,有着魔法这种不可思议的力量。


每个孩子在出生之时,就被神赋予了“核心”——这股力量的钥匙,并拥有了“颜色”——这把钥匙是否能够使用的证明。


颜色被粗略地划分为六种——赤,青,绿,黄,紫以及其他各种极少数的人拥有的颜色,这些颜色被统一划为第六种——特殊的颜色。


但其实还有第七种——无色,没有任何颜色的核心,是无法开启通往那股力量的钥匙的。


拥有第七种颜色的人占了世界的少数,大约每个国家只有十几人,至多也绝不会超过六十。


因为人们爱怜这些被神抛弃的孩子,于是自主建立了“祭祀”这个组织,将那些孩子与世隔绝,最后安插到神殿中,为新一代的神使加冕。


除此之外,他们就再也没有什么作用了。


......


神使,顾名思义,众神的使者。


每一个国家都拥有神使,霓虹前一代的神使刚好是柊氏一族族长柊言的父亲。


众神的使者由神自己在这一代的神使陨落的11年后选出,其中,这一代最被看好的神使候选者有六位——


赤司一族少族长赤司征十郎,青峰一族少族长青峰大辉,绿间一族少族长绿间真太郎,紫原一族少族长紫原敦,柊氏一族族长柊言,以及——


新崛起的黄濑一族少族长,黄濑凉太。


——


总而言之,言而总之,就是把一些主要内容和设定放出来了。


柊言是一个很重要的人物,我知道她的设定很苏,但是她也是用数次的努力换来的这些结果,她也是个很好的女孩子,请大家不要讨厌她!!!


【因为哲也的技能基本都是她点亮的】


OOC预警,请青花桑不要嫌弃!!!



胖头鱼.
桃井的欧派(滑稽)以及,不是原...

桃井的欧派(滑稽)
以及,不是原创,勿喷(鞠躬)

桃井的欧派(滑稽)
以及,不是原创,勿喷(鞠躬)

咸鱼喵XD

【赤齐】齐木楠子的奇幻番日常12

#综漫,主黑篮和齐灾,看完它俩后觉得齐木楠雄和赤司的既视感真的很重啊,于是我想让他们谈恋爱,不过是齐木楠子(。)


#有4000字呢!本来构思还是以齐神视角为主,结果写着写着变成齐神出场混了一下工资啦。


#重看帝光篇吃刀自闭,尽力重现了大队长虹村在走廊上交代小队长要卸任的情景,给我变成糖aaaa


#求心心求关注哼唧from更得慢却觉得自己很努力的作者(毕竟谁能想到我时速200呢…)


——————————


12今后,无数次


“打扰了。”虹村修造敲响了办公室的大门。


“请进。”门后很快传来声音。


虹村推开大门看到的就是坐在办公桌后头发已经花白,认真处理...

#综漫,主黑篮和齐灾,看完它俩后觉得齐木楠雄和赤司的既视感真的很重啊,于是我想让他们谈恋爱,不过是齐木楠子(。)


#有4000字呢!本来构思还是以齐神视角为主,结果写着写着变成齐神出场混了一下工资啦。


#重看帝光篇吃刀自闭,尽力重现了大队长虹村在走廊上交代小队长要卸任的情景,给我变成糖aaaa


#求心心求关注哼唧from更得慢却觉得自己很努力的作者(毕竟谁能想到我时速200呢…)


——————————


12今后,无数次


“打扰了。”虹村修造敲响了办公室的大门。


“请进。”门后很快传来声音。


虹村推开大门看到的就是坐在办公桌后头发已经花白,认真处理文件的帝光篮球部的监督白金耕造。


据说他年轻时作为现役的球员的时候他就是一名极为优秀的选手,在之后的教练生涯中也正是他把帝光中学的篮球部一手带成豪门级别。


虽然脸上总带着笑呵呵的表情,但平时在篮球部的作风以雷厉风行和与之作风相称的严苛训练而闻名,虹村十分尊敬他。


“这是这次分级测试的结果。”虹村恭敬的递过文件。


“辛苦了。”白金监督接过资料翻看起来,“果然升入一军的就是那几个孩子吧——赤司征十郎,青峰大辉,绿间真太郎和紫原敦。”


新入部的成员在这几个星期的训练监督和他都看在眼里,在之前也有讨论过大概有哪些人能升上一军。


“是,这次升入一军的正是四人。这次的一年级都各具才能,看来不用担心前辈们毕业之后的篮球部。”虹村开着玩笑道。


一些小学校可能会在三年级的主力毕业后出现招新时青黄不接的情况,但像帝光中学这种豪门是绝对不可能的。


白金监督笑着问:“哈哈哈,那么,你最看好哪个呢?”


“赤司征十郎吧,无论是传球的时机还是团队意识否堪称完美,这次比赛只有他的队伍没有各自为战,能把初次合作的队员组织起来,他的领导能力绝对不容小觑。”虹村想了想回复到。


白金监督右手敲了敲桌面打趣的说:“啊啦啊啦,我还以为你会更看好同是大前锋的青峰大辉呢,他和你进球队的时候的风格很像哦。”


“那小子还有很长一段路要走呢。”虹村想起了作为不良少年被镇压的日子,不由得抽了抽嘴角,“……全都有赖您的帮助。”


“咳咳,所以好好引导他们就是我们的工作了,这次升上一军的都是些很有才能的孩子呢。”白金监督也想起了当时有趣的往事露出了和蔼的微笑,“反正年轻人怎么练都练不死的嘛哈哈哈”


“……”


白金监督继续说,“说起来我刚刚在球场边看到的两个粉红色头发的女孩子,那个其中叫桃井五月的孩子她的情报搜集做的很是不错呢,让她先去做二军的经理锻炼一下吧。”


“监督还是一如既往记得篮球部每个成员的名字呢。”说完虹村又想了想说,“她旁边的朋友做事也很仔细。”


“是叫齐木吧,那么就让她去辅助桃井吧。”


白金监督把手头上的资料整理好放在一边,“赤司他们的话下次跟四中的练习赛让他们上场吧,如果成绩不错的话让他们成为正选吧。”


虹村有点担心,“练习赛我记得是一个月之后吧……会不会太快了一点?”虽然他们各具才能,但毕竟只是一年级而已。


白金监督收起笑意,抬起眼睛看向虹村,办公室的空气沉静下来。


“虹村。”


“帝光篮球部虽说现在是豪门,每次都能稳稳进入决赛圈,但是近几次全中比赛都没有拿到过冠军吧。”


“……是。”虹村目光扫过旁边柜子中放置的历年来奖杯。


白金监督露出少有的严肃神情,“帝光的理念是胜利至上,现在的队伍是个强队但是不能赢就没有意义。”


“不拘泥规则,球风自由变换的大前锋青峰大辉,远超常人范围的身体能力和神经反射的中锋紫原敦,素质优秀,精准三分的得分后卫绿间真太郎,负责控场指挥的完美司令塔赤司征十郎。”


“就像拼图一样,他们的才能无论到哪一个篮球部都是绝对的主力,现在他们却都选择来到帝光,简直是奇迹一样——”


白金监督转过身看着窗外的夜景。


“所以我在想,说不定……我们可以开创一个时代。”


……


不得不说这次的谈话确实让他热血沸腾,在结束后虹村保持着愉快的心情离开了办公室。


“一起开创一个时代吗?这可真是令人期待啊。”


在向监督打了招呼回去继续训练的虹村一打开门就看见一个熟悉的赤红色身影站在不远处。


“哟,赤司啊。”


“是,真田监督让我找你。”


虹村看了看身前的表情一如平常打了招呼的赤司撇了撇嘴,“我说你是不是都听见了?”


“只听到最后的部分。”红发少年纠正了虹村的说法。


“那里才是最关键的部分吧!”虹村勾起一个笑容伸出手臂勾住赤司的脖子往体育馆走,“我和监督可是都对你报以重望啊。”


“……不胜感激。”赤司迟疑了一瞬很快回复。


“所以这么说,你有什么感想——?我这边可是热血沸腾啊!”虹村撇了一眼被勾住脖子的赤司。


“我会尽我所能。”


“唔?就这么简单的回答……”虹村看着手下神色认真嘴角却带起一个明显的弧度的赤司,“不过算了。一起加油吧——”


“请多指教,虹村队长。”


“……我说你一直都是这么严肃的吗?”


“是指哪方面呢?如果是说话方式的话,我认为对前辈使用敬语是必须的。”


“不用这么礼貌也行……算了,随你了。”


——————————


在一军体育馆内清洁球场的青峰一边拖着地抱怨道,“为什么我们升入一军的也要干活啊?我想外多打一会篮球啊。”


“真是的!刚刚小楠都已经先走了。”场外桃井气鼓鼓地看着偷懒的青峰,“阿大有抱怨的时间活已经干完了吧。”


“哼。”一旁清洗着抹布性格认真的绿间瞥了青峰一眼回答了他之前的问题,“别说是一军,帝光篮球部里连部长也要打扫卫生的nanodayo!”


“诶,是这样吗?”青峰挠了挠头。


“这是常识!”绿间把手机的抹布扭干水然后继续说:“清理工作也是篮球部活的重要一部分。”


在这两天已经渐渐和篮球部众人熟络起来的桃井有些担心的看着无精打采的紫原问:“小紫怎么了吗?”


“喂,你这是区别对待吧!”青峰在一旁叫道。


“桃子妞?”坐在地上的因为输掉比赛不开心加上因为要打扫卫生没有零食的紫原抬头看看桃井嘟囔着说,“我肚子饿了……”


“那么我们一会去买点东西吃吧。”桃井无视了青峰,“但是……桃子妞是什么?”


想到一会有零食吃的紫原终于恢复了正常的语调悠闲的回复:“桃子妞就是桃子妞啊~这样叫起来方便啊~”


“听起来好奇怪啊!不要这样叫啦。”桃井严重抗议。


“诶?会吗?我觉得很可爱啊,没关系吧~”


围观了全程已经做完清洁的绿间推了推眼镜好心的解释起来,“紫原好像是会对熟悉的人这样叫的。”


“谢谢~小绿绿。”桃井真诚的向绿间道谢,只是不小心把心里的称呼当着本人的面说出来了。


青峰嗤的一声笑出来,“小绿绿?!这是什么搞笑名字哈哈哈哈。”


绿间一下子提高声音,“吵死了青峰!那个称呼是桃井擅自叫的,我不会承认的nanodayo。”


旁边的紫原也慢吞吞的插进来:“我就没有打算叫你小绿绿哦绿仔~”


“绿仔哈哈哈哈哈哈”青峰终于破功捂着肚子爆笑起来。


紫原在一旁凑着热闹叫起来,“我肚子饿了——”


在绿间终于忍无可忍要发火的时候一个声音打断了他们的谈话。


“你们在说什么呢?”


熟悉的声线让绿间回头去看见是赤司,发火被打断绿间也没有把火气向着别人的意思,他平复了一下回到:“没有,什么都没讨论。赤司你处理完事情了?”


“嗯,虹村部长让我带话说等会按照惯例升入一军的有庆祝会。”


第一个对庆祝会作出反应地是紫原,他凄凄惨惨地抱着肚子叫道,“庆祝会?太好了~但是还要多久?我肚子好饿——”


“虹村部长让我们收拾好东西直接在校门口集合……肚子饿的话。”赤司思考了一下从衣兜里掏出了一袋包装精致的糖果递给紫原,“不介意的话请用这个。”


紫原看着手上的糖果整个人倏地一下精神起来,犹如沙漠里的人见到水一般把糖果不停地往嘴里塞,“好呀好呀~之前误会你了,赤仔你其实是个超好的人啊~”


“诶?误会?……赤仔?”赤司难得有些迷茫。


桃井有些犹豫的开口问赤司:“如果是一军的庆祝会的话,果然我还是先告辞吧。”


“关于这个,桃井恭喜。”赤司笑着说,“队长让我转述监督让你明天起去二军工作,齐木同学负责辅助你。”


“诶?”桃井一下没有反应过来。


“庆祝会的事情我也问过虹村部长了,他说庆祝会人越多越有意思,你和齐木同学都参加也没有问题。”


赤司看了一圈体育馆问,“齐木同学是不在吗?”


“嗯……大概是先回去了。”桃井有些失落,“要是一起能庆祝就好了。”


注意到桃井低落的情绪,赤司用温和的表情安慰到,“没关系的,大家一起以后还会有很多次。”


“大家……一起?”桃井愣愣的重复了一遍赤司话中的语句。


“是,因为大家都在为篮球部努力着,今后也是这样。”赤司弯起眼睛露出微笑。


紫原看看表情开心起来的桃井摸了摸肚子,“那我们快点去学校门口集合吧~庆祝会~好期待~”


“我可要好好的大吃一顿!”


一行人便这样打打闹闹的走去校门口,因为男孩子们黏在一起聊天,不知不觉落后了他们半步的桃井下意识观察了起来。


走在前方小绿的正在向赤司君说些什么,赤司君微侧着头听着,偶尔才作出答复,不过看绿间君满意的表情,那一定是很中肯的建议吧,桃井想到。


进入篮球部的这段时间已经足够桃井了解绿间那别扭的性格了,说起来……和小绿说话的诀窍还是赤司君有一天在部活的时候告诉她的——绿间的话大多数要反着听,不过反着听的度要自己把握好。


这不就是傲娇吗?!绿绿!!还有不知道傲娇为何物还能摸准绿间性格的赤司君……真是了不起呢。


旁边的阿大从刚刚就一直在问抱着薯片吃的小紫长这么高的秘诀,当然小紫还是那副懒洋洋的样子边吃零食边说话,二人这样有一搭没一搭的竟然也很聊的来的样子。


真好啊——!男孩子们在一旁说起大多数是平时训练中发生的事,桃井完全插不上话,但奇异是,却一点也不觉的寂寞。


怎么说呢,有一种同伴的感觉。


桃井在心中感叹,她一直是很爱热闹的,但从小到大因为外貌因素很少有女生和她玩的很好,虽然男生方面她倒是很受欢迎啦……但是朋友是不同的,她的朋友一直很少。


这种在一堆男生中被放在一边的体验可是很少见呢!而且,完全不会感受到寂寞啊——


“我说……”青峰的声音从旁边传来打断了桃井渐渐放空的思维,“你为什么要和那个,叫‘齐木’的家伙玩的那么好啊?”

いずみ

【黄桃|微绿桃】决爱,绝爱

  

    你曾爱一个人到痛彻心扉吗?那么,那个人现在还是否在你身边?

——小黄……我们分手吧。

老实说,刚结束了外景拍摄的黄濑凉太在接到这个电话的状态就好比被人直接丢到了外太空。不,也许比那更甚,至少前提他还能搞清楚自己是被丢到了外太空。

他刚结束了一连四五个小时的工作,连口水都顾不上...

  

    你曾爱一个人到痛彻心扉吗?那么,那个人现在还是否在你身边?

   

   

    ——小黄……我们分手吧。

   

    老实说,刚结束了外景拍摄的黄濑凉太在接到这个电话的状态就好比被人直接丢到了外太空。不,也许比那更甚,至少前提他还能搞清楚自己是被丢到了外太空。

   

    他刚结束了一连四五个小时的工作,连口水都顾不上喝就接到桃井打来的电话,而对方连一句委婉的说辞都没有,一开口就直奔主题。

   

    黄濑愣了会儿,回问到小桃子你说什么,对方就毫不迟疑的将刚才的话又重复了一边。

   

    她说,我们分手吧。

   

    ——这又是开哪门子国际玩笑?

   

    “小桃子,你总得给我个理由吧……”


    这已经是他们在一起的第七个年头。相处的时间久了,磨合总避免不了,两人有都是小孩子脾气,大大小小的争吵也发生过无数次,但终归是好好的和解了。黄濑搞不清桃井这次闹得是哪一出。

   

    他开始努力反思自己是不是工作太忙最近回家的太少;可要这么说双方都是彼此彼此,就算他模特的工作忙的时候甚至免不了满世界飞,可身为记者的恋人对这些完全能够理解啊,也没什么可指责的说。

   

     ——当黄濑这样质问时桃井别过了头,她的表情在明确表示黄濑的反应完全在她意料之中。

   

    “没什么特别的理由……只是觉得不想再耽误更多时间”

   

    “耽误谁的时间?”

   

    明知道黄濑的言下之意是不赞同,桃井却依然仰起脸回答的无比坚定。

   

    “是你,还有我。”

   

   

    二十几岁的黄濑凉太想不通他们之间为什么会变成这样。

   

   

    他在帝光二年级的时候初遇了现在的恋人。在一个阳光充足的午后,在洒满热血与青春的篮球场,在他埋头清扫之际,一抬头便看见对方。怦然心动的感觉,就如同命运的指引。

   

    大概就是传说中的一见钟情了吧。

   

    直到现在他依旧这么想。

   

    然而七年后的现在,在他们彼此都可以不受限制在一起的时候,恋人却提出分手,语气是不容挽回的决绝。

   

   

     桃井五月的存在对媒体来说早已经不是秘密。不,应该说黄濑是恨不得全世界都知道桃井是他的恋人,哪怕被三流记者们拿去八卦他也不在乎,反而搂过看了报纸后各种担心的桃井说反正我就是要全世界都知道我只爱小桃子。

   

    于是她就被黄濑给打败了,红着脸骂笨蛋,最后还少不了相拥kiss,反正他们彼此的表达方式就是直接。

   

   

    他们争吵过许多次。毕竟恋爱中少女的心思啦,黄濑身边的大批女粉啦,乱七八糟的误会啦……都和天下情侣的一样,没半点特殊。

   

    刚以模特身份正式入行的那段时间黄濑过得可谓是各种不顺心,心情不佳难免会和恋人吵架,然后又被青峰大辉拉出去喝酒解闷。

   

   

    都是熟人,况且青峰也不会像别人那样说些不疼不痒的漂亮话安慰别人,他只是皱着眉说黄濑我还不了解你们两个,一个上来倔强劲儿九头牛都拉不住,一个从小就被女生惯坏了脾气不会哄人,这样吵起来不出问题才怪!你说你只想跟五月安安稳稳的在一起,可你工作那边都没安稳哪来的资格谈这些!

   

   

    然后黄濑就红着眼眶像疯了似的说我绝不这么放弃!我和小桃井约好了要去普罗旺斯看薰衣草,我们要一辈子在一起,要……

   

    开始还有条有理,接下来就不知所云。青峰叹气地问他何必一棵树上吊死,黄濑霸气的一拍桌子“因为……因为……”因为了半天也没下文,青峰只好无奈地跟酒保解释着,“没事儿,他有病。”


    按门铃不到几秒钟桃井便急忙跑开开门,青峰把肩上扛的某人往惊呆了的桃井怀里一推,扔了句“看好他别再放出来。”潇洒转身不带走一片云彩,独留下可怜不到一米六的桃井差点儿被一米八九的巨型犬压趴。

   

    忘了说,两人目前是同居状态。

    

    当黄濑凉太看到桃井已经打包好的行李时脸都黑了。桃井说新公寓早就定下来了,她随时可以住进去。一句话说得干净利落,看来是铁了心要分手。

   

    悲剧的是黄濑他根本就不知道桃井在想什么。青峰说对了。从小就收到各种女孩的告白自己早就麻木了,根本不需要懂女生那点儿小心思。

   

    于是每次跟桃井闹别扭他都得靠些异性朋友的指点才能恍然大悟。然后回了家吧啦吧啦的讲一大堆叫人脸红心跳的告白,最后小桃子就软在他怀里了,一脸红透的样子。

   

   

    然而这一次,本能告诉他无法借助外人来解决问题了。因为以前即使再怎么吵两人都不会提分手的,这次与以往不同。

   

    不懂该做何应对的黄濑只能遵循内心的想法,他紧紧握住桃井的手腕。

   

   

    他和她虽然从未上演过什么死去活来轰轰烈烈的戏码,但至少也算一路有你再大的风雨我们携手共进。

   

    刚同居的日子对他们来说非但没有梦寐中的二人世界,反而彼此都很少回家,一个要努力打拼事业,另一个为了申请早一年毕业而把自己窝在书堆里不出来。偶尔黄濑用宝贵的个人时间去找桃井,看到却是她卧倒在一摞书上面,白皙可爱的小脸上硬是顶了对黑眼圈。

   

    每一次他只是轻轻将对方揽进怀里,而桃井也是迷糊的睁开眼,然后蹭了又蹭地挑个舒服的姿势。只是这样黄濑就觉得幸福满的要溢出来。

   

   

    关于桃井要提前毕业的理由,黄濑也是知道的。

   

    两个人既然要在一起,就不能总回家靠父母了。而他选的这条道路,有可能一夜成名,也有可能在打拼了几年以后碌碌无为的消失,另作打算。总之,在他黄濑凉太还未闯出个名堂之前,桃井想早一年经济独立对两人的继续交往也有利。

   

    毕竟他们都是小孩子脾气,宁可逞强也不想让对方担心。

   

   

    后来桃井如愿以偿的提前毕了业,找了份体育杂志社的记者工作,黄濑的工作也大有好转,为此他还特意挑了一款限量版的情侣手表送给她……

   

    对了,那只手表呢?

   

    黄濑突然想起这件事,就像破冰时终于发现了一丝裂痕。

   

    是的,他就是要提起那对象征一生一世的手表,他们的爱情不可能就这么不堪一击。

   

    “手表……在我的行李箱里,毕竟我和小黄彼此都互不相欠,我……”

   

    “互不相欠?!”

   

    黄濑捏着她的手腕猛地拉进怀里。

   

    “既然你这么想要撇清关系,那个手表对你来说算什么!”

   

    ——亦或者我的心意对你来说又算什么?

   

   

    桃井始终在试图挣开手腕,体型和力气的差距却使她无能为力。最终她放弃了,沉默着靠在黄濑的胸前。黄濑抬起她的脸想用吻来打破尴尬的煎熬,却在看到她哭泣的表情时停住了。

   

    他不是第一次见到桃井哭,但却是第一次见她露出这样的表情,痛苦得仿佛窒息。

   

    对她来说那块手表上沉淀着七年的时光,是她无药可救地爱着某个人的、最真实的证明。

   

   

    ——发作性咳嗽,胸闷、呼吸困难。常发作于凌晨2~6点阶段,生理期前或期间尤为加重。血气分析结果为代谢性酸中毒;同时心动过速,血压偏高,奇脉高于15mmHg。

   

    绿间望着病历和检测结果提笔迟疑了片刻,最终还是空下了“诊断结果”一栏。他检查了电脑开出的药单,点击发送至药房。回头说“先去取药吧,服用一疗程再来复诊。”

   

    “嘛~辛苦小绿了。”

   

    在女孩走出诊室的瞬间绿间感到前所未有的乏力。他撑着头按揉太阳穴,大脑里却一遍遍回放那张病历单。

   

    越野常规、肺功能检查、血气分析、特异性过敏源检测、血清lgE值……无数的检验结果表明症状远非桃井自己想得那么简单,恐怕……一个很不好的词在他脑中一闪而过,却在这一刻被人打断了。

   

    “绿间医生。”助医的同事推门而进。快去吃饭吧,这边我替你。

   

    “好,谢谢。”他应声出了诊室。

   

   

    就在五个小时前,绿间在走廊里撞见一大早过来排队的桃井。

   

    突兀且熟悉的称呼让他着实一惊,赶忙抬手推了推眼镜。

   

    “桃井五月,你怎么在这?”

   

    “诶?小绿好过分,难道不该先问我哪里不舒服嘛?”

   

    “好吧,你来医院干什么?”

   

    “当然是看病啊。”

   

    绿间有些诧异地回了头,“什么病?”

   

    “嗯……大概是嗓子发炎了吧,最近咳嗽的有些厉害呢……哦,对了小绿我正要找你……”

   

    “我拒绝。你给我乖乖去排队挂号。”

   

    “不要啊,拜托小绿了,人家只请了一天假……”

   

    默默地叹了口气。绿间心想这个大麻烦他今天是甩不掉了。


    自那以后桃井会定期去医院做检查。也谈不上对黄濑隐瞒,反正复诊的日子都正巧赶上他不在家。

   

    桃井想起她上一次见到黄濑是在异国的时装周现场。当她从黄濑那里收到机票和入场券那一刻她毫不犹豫地动用了年假,只为了能和恋人一同分享那个时刻。

   

    她像个普通小粉丝那样仰视着镁光灯下的奇迹,身旁拍照的女记者的手一直在抖。

   

    现在的他是时尚界的奇迹。在所有人都着迷他开朗的微笑和贵族气质,只有桃井知道,这家伙脱了衣服的样子才是真正性感。那副结实的胸膛,还有他迷醉的表情,他的温柔他的话语他的固执和孩子气的占有欲,以及他爽朗外表下的阴暗面,他将桃井的整个人都染上自己的气息时故意在耳畔低喃“小桃子小桃子”的坏心眼……那些细枝末节的记忆在午夜脆弱的神经末梢一涌而出,瞬间淹没了桃井。她辗转反侧,起身赤着脚走出房间。

   

    药片倒出的声音沙沙作响,她趁呼吸平复的时刻一仰头吞下药片。水和地板都冰冷刺骨,从喉咙、脚底渗透她整个身躯,吸取她的温度。她觉得浑身都在发抖,有种颓然的感觉席卷而来。

   

    胸口传来的锐痛迫使她蹲在地上干呕。

   

   

    桃井的工作是十年如一日的跑比赛、做采访、写稿子、挖新闻,四点一线。新闻行业拼的就是速度和行动力;而天生工作狂的桃井更是深谙此道,其实她也没多少时间去伤感些什么。

   

    只是偶尔不需加班的晚上,回到家时还是看不到黄濑的身影,她才觉得心底空落落的疼。


    复诊结束的时候绿间突然提出要一起吃饭,桃井愣了片刻,随后点了点头。

   

    只是随意找了家餐厅坐下,沉默了片刻桃井突然说:“呐,小绿,我想要离开一段时间。”

   

    绿间有些惊讶,“去哪儿?”

   

    “嗯……不打算做记者了,想去旅行一段时间,小绿不是也建议我放松一下心情么。”

   

    绿间的视线停留在她腕上的手表。情侣款,不用问也能猜到是谁送的。

   

    那为什么……

   

    他看着桃井,“你是不是有事瞒着我。”

   

   

    桃井沉默了会儿。“我和小黄分手的事,你不是知道了么。”

   

    “我知道。但我指的不是这个。”

   

    他顿了顿,“桃井,我是医院里的人。你以为不挂我的号,我就调不出你的复诊病历么。”

   

    桃井的筷子吧啦地掉在桌子上。

   

    “你……都知道啦。”

   

    “啊。”他回答。

   

   

    绿间至今都记得当他从同时的电脑中调出桃井五月的病历,从最终确诊栏看到“重症哮喘”这几个字时太阳穴一抽一抽的痛。心跳的很快,快得他喘不过气来,他甚至一连确认了好几次自己是不是调错了病历,会不会有什么误诊,却只是徒劳。

   

   

    “你的事,他知道么?”

   

    桃井摇了摇头。

   

    “那好,我会告诉他。”

   

    “不要!小绿你明明知道我是故意的。”

   

    “啊,我知道。你是为他着想,可是谁来为你想想!桃井你这么做考虑过那些关心你的人没有!”

   

    “不要,就是不要!”她固执的一遍遍摇头,“小绿我们是朋友吧,答应我……”

   

    “朋友……么。”他撇过头沉思了片刻,“但是,我说我并不想和桃井做朋友呢。”

   

    “什么……意思?”她瞪大双眼惊讶的看着绿间。“你讨厌我?”

   

    “不。”绿间打断她,“如果我把理由说出来;桃井恐怕也不想和我做朋友。”

   

    “不会的!不管有什么样的理由,小绿在我心里一直是朋友啊。”

   

   

    “是么。”他转头迎着桃井的视线一字一字地问。

   

    “那如果我说,我对你的感情比黄濑对你还要多出一年的时间呢?”

   

   

    “……”

   

    ——他说什么?

   

    算了,我送你回去吧。

   

    最后绿间叹口气,没有继续话题。

   

   

    独居的公寓没有任何人等她回来。桃井一边消化着绿间说的话一边弯腰换鞋,突如其来的咳嗽使她脚底一滑摔坐在地上。她定了定神,接着用力挣扎着撑着墙壁站起来,托着疲乏的身为进了房间一头倒在床上。

   

    她在黑暗中一遍遍回忆主编在她提出辞呈后不舍的挽留、嘈杂的医院、从未见过的理疗仪器,看不懂的检验表,小绿淡然的神情和低沉的嗓音,胸口传来陌生又熟悉钝痛,被无助感反复吞噬的恐惧以及……那张可以穿透一切黑暗的阳光笑脸。

   

    桃井没有想下去,她最终睡着了。

   

    她已经没什么要做的,剩下的一切,唯有像绿间告诫的那样:尽人事以待天命。

   

   

    ——黄濑想起他和桃井刚在一起的那段时间,两人靠在电视机前设想有一天他们牵手漫步在大片薰衣草的普罗旺斯……

   

    然而终归是想想罢了,那时候的他们还付不起去法国的机票钱。

   

    现在手头宽裕了,闲暇时光可以满世界寻乐,却没有了说好一个起旅行的恋人。

   

    于是他只能让更多的工作来填补自己时间的空白,花费更多精力去处理圈子中复杂的人际关系,唯有这样才能减少他一个人的时间。

   

   

    是的,他们都讨厌一个人。

   

    黄濑记得他第一次随拍摄组出差长达几周的时候恋人因为他一个“想你了”的电话而直接跑到他下榻的酒店找他,她忍了7个小时的车程从东京来到奈良,出现在他面前。

   

    他们在不熟悉的床上赤裸相拥,一次次索求着对方的身体,直到泪顺着她眼角滑落,洇进樱色的发里。黄濑俯身亲吻她颤抖的睫毛,像对待珍宝般小心翼翼。

   

    可偏偏这个时候有人过来敲门。桃井主动躲进浴室里,然后他去开门。

   

    进来的是摄影组的一个小助理,对方只是向他转告有位服装设计师想要见他。

   

   

    真是的挑什么时间不好偏偏是现在!

   

    抱怨什么的终归只是想想而已,因为黄濑自己知道他还没有拒绝的资本。

   

    于是他拉开浴室的门手足无措地像个犯错的孩子。

   

    桃井无奈地笑笑说没事儿,你快去吧。我一会也要回家了。

   

    桃井说,他选择的没错,谁都有无可奈何的时候。

   

    只是他不知道自己离开后,铺天盖地的痛苦伴随着呼吸困难几乎淹没了她,在恋人最需要帮助,需要紧紧抱在怀里的时候,他不在。


    黄濑凉太自认为有些对不住桃井。毕竟他才二十几岁,这个年龄段的男人正是拼搏的时候,他不能停下来。

   

    在他们都还是学生的时候,黄濑曾看恋人喜欢上了薰衣草,然后他设想着有一天要和她一起去普罗旺斯;而直到现在他们也没能实现这个梦。他觉得自己要先赚足了钱,然后再隐退,换个城市一起展开柴米油盐的日子……他有想过很多关于未来的事,现实的不现实的浪漫的平淡的……却唯独没算到她会率先离开。

   

   

    黄濑突然觉得很难过。

   

    不是什么撕心裂肺的痛楚,而是从心底一直蔓延,渗透出来的,迟缓的钝痛。

   

    他现在体会到的,也许就是当初他走后独自留在奈良酒店的恋人所感受的痛。

   

   

    只叹世事无常。当初他一无所有空有其表的时候恋人陪着她,毫无怨言地支持他、安慰他。而现在他有了身价有了名誉地位身边却唯独少了她。

   

    ——这不是讽刺是什么?

   

   

    他突然想要去看看普罗旺斯的薰衣草。

   

    他打了通电话给助理,冷静的指挥他推掉了近期的所有工作,开始安排旅行。

   

    时间终究会改变一个人。如果换作是几年前的自己,一定会不管不顾的躲在家里大哭,然后任凭杂志社、拍摄团队乱作一团地满世界找他……不对,如果换作是几年前他笃定自己哪怕孤注一掷也会让恋人留下来。

   

    所以时间终究会改变一个人。

   

    二十几岁的黄濑学会了谨慎与权衡,丢失了十几岁时天不怕地不怕的勇气。

   

    二十几岁的桃井变得更成熟,没有了十几岁时初尝爱情的青涩。

   

   

    也许时间改变的,还远不止这些。

   

   

    剧烈的咳嗽伴随着喉咙里血腥突如其来,令她不能支撑自己。膝盖传来冰冷的温度,桃井跪在地上蜷缩着直不起身来,还好电话就在身边……在被翻天覆地的黑暗淹没是前,她尽最大的努力拨通了绿间的号码,然后任由溺水般的恐惧掠夺了全部感官,唯有嘴里粘腻的血腥味。

   

   

    凌晨,两点钟。

   

    绿间被震动的电话声吵醒了。提示通讯是桃井打来的,却无人接听。

   

    他的第一想法是很不正常,被这种不好的预感驱使着,他本能地清醒过来穿好衣服赶往桃井的住所。

   

    绿间来到时桃井差不多是半昏迷状态。他赶忙叫来救护车,抓起桃井手里亮着短讯提示的手机也一同赶往医院。

   

   

    失去意识的桃井呼吸困难并且不住的咳血,绿间红着眼眶只能愣愣地看护士为她调整姿势并用仪器吸掉咽喉里的积血,耳畔是熟悉又陌生的鸣笛声,空气弥漫着消毒水和血的甜腻。下车后,桃井被速速送往抢救室,而绿间只能握着桃井的电话被隔在监护室外。

   

    当手术通知被推到面前的那一刻绿间溃散的瞳孔被诊断栏的“重症哮喘”刺得紧缩。他视线恍惚机械般的签了字。滚烫的泪终于夺眶而出,变成两道干涸的痕迹。他觉得理智和感知被一点点抽离,死死捏着诊断书的双手冷得早已失去直觉。

   

   

    过了第二天中午,手术室的红灯才转为绿灯。桃井被推出了抢救室。

   

    绿间强打起精神抬着肿胀的双眼 上前询问情况。

   

    “桃井小姐现在暂时脱离了危险期,还需要在加护病房观察七十二小时……”

   

    他机械的点头道谢,被风干的泪痕渍的皮肤有些涩。

   

   

    绿间换好消毒外套走进重症监护室。

   

    输液管被固定插在她胳膊上,心肺检测仪显示着生命的曲线,空气过滤器与呼吸机工作的声音萦绕耳边。

   

    他悲痛却不知所措的立在床边,握起桃井的手,感受到同样冰冷彻骨的温度,目光始终不离昏迷不醒的人。

   

    痛苦和压抑令每一秒都无限延长,绿间低下头,执起她的手落下苦涩又炽热的吻,然后小心翼翼地平放回去。

   

    护士打开门,礼貌地提醒他探病的时间到了。

   

    寻常的一天仍在继续。街道上是不曾停留脚步的人群,高耸的商场大楼容纳着数以万计的人,城市中的一切依然在有条不紊的运行这,包括医院。

   

    绿间突然想起几年前的某天,他和桃井在这座医院的附近偶遇过。那时他还是实习医师,赶去值班的路上迎面撞见娉婷的樱发少女笑着和他打招呼,而他手捧着厚重的医学用书做点头回应。

   

    绿间自认为他有限的脑容量早就贡献给了繁复的医学知识和复杂的人际关系交往。却不知为何自己竟会把这件小事儿记得那么牢固。

   

   

    时至下午。

   

    绿间早已经忘了他在重症监护室外站了多久,直到一位同时拍了拍他的肩膀,示意他病房里的人。

   

    “那是……女朋友吧?”

   

    他抬起血红的双眼,愣了片刻。

   

    “嗯。”

   

   

    同事提出要换班时绿间欣然答应下来。以他此时此刻的状态也确实无法承受高负担工作。

   

    监护室外的护士将绿间托管的手机还给他,短讯提示的指示灯依旧闪烁着,他迟疑片刻,还是翻开了桃井的手机。

   

    通讯人一栏标明着“小黄”,还伴有一串意义不明的颜文字。

   

    划开短讯,里面只有一张照片。

   

    背景是一大片淡紫色的薰衣草,而黄濑凉太立于其中,身边俨然是被Ps上去的桃井五月。

   

    绿间愣住了。他恍惚地忆起某次帝光同伴聚会上,黄濑提起过他想要在拥有大片薰衣草的普罗旺斯向自己的恋人求婚……


LOFTER

让兴趣,更有趣

简单随性的记录
丰富多彩的内容
让生活更加充实

下载移动端
关注最新消息