LOFTER for ipad —— 让兴趣,更有趣

点击下载 关闭

LOFTER-网易轻博

ヨルシカ

39650浏览    610参与
Æ惰性威士忌
给自己画了粗糙的头像 是eim...

给自己画了粗糙的头像

是eimy

给自己画了粗糙的头像

是eimy

AlSiP/铝硅磷

夜鹿《盗作》p38-39

“俺是个盗贼。

古往今来,盗贼的种类很多,但俺和他们有些不一样。

当然,俺是不偷钱的。对古董宝石和其他有价值的美术品,俺毫无兴趣。

俺是专偷音乐的盗贼。

收音机里放出的爵士小曲。街上的喇叭传出的流行乐。车站前的环路上响起的歌声。公共设施的小洞中轻轻播送的钢琴奏鸣曲。

俺就偷那些音乐。用这陈旧的录音机录下来将其偷走。口中哼唱着将其偷走。在谱面上写下来将其偷走。

从很久以前,俺就着迷于美丽的旋律了。


一开始的时候,接到数量最多的请求,就是冒名作曲。要让新人创作歌手唱的东西、顶流明星作为歌手出道用的参赛曲、广告用歌之类,工作的意志大多集中在纯粹的畅销上。

畅销的旋律是遵循规律的。...

“俺是个盗贼。

古往今来,盗贼的种类很多,但俺和他们有些不一样。

当然,俺是不偷钱的。对古董宝石和其他有价值的美术品,俺毫无兴趣。

俺是专偷音乐的盗贼。

收音机里放出的爵士小曲。街上的喇叭传出的流行乐。车站前的环路上响起的歌声。公共设施的小洞中轻轻播送的钢琴奏鸣曲。

俺就偷那些音乐。用这陈旧的录音机录下来将其偷走。口中哼唱着将其偷走。在谱面上写下来将其偷走。

从很久以前,俺就着迷于美丽的旋律了。


一开始的时候,接到数量最多的请求,就是冒名作曲。要让新人创作歌手唱的东西、顶流明星作为歌手出道用的参赛曲、广告用歌之类,工作的意志大多集中在纯粹的畅销上。

畅销的旋律是遵循规律的。虽然配上词后,也有形式内容的融洽问题,但大多还是在可以分析的范围之内。美丽的旋律是有魔力的。而它那不可思议的魅力,将俺紧抓不放。


所谓名曲的精髓,就充斥在人们用鼻子哼出的曲调里。特意将歌曲哼出来的一瞬间,大多数人会选择自己最喜欢的、在脑海中屡次重播的那一节。哼唱的机能,就是做一面反映大众喜好的镜子。

不论是流行、爵士还是摇滚,现代音乐的构成基本都是以节奏为主轴的。2 beat、4 beat、8 beat、dance

beat、slip beat、shuffle beat……这个录音机里放的流行爵士,就是以shuffle beat为基础。

在掌握了节奏之后,就分析加在上面的和弦。分析完和弦,就轮到乐曲的脸面,也就是旋律。节奏、和弦、旋律。这三个要素互通脉络,乐曲就成形了。


俺这样分析完乐曲,又迎合客户,或者说迎合世间对音乐的想象,才作出音乐的形来。有时引用流行的节奏段,有时从往年的名曲中汲取伴奏的渐变感,在人们很容易就会侧耳倾听的几秒间,填入那些被公认为美丽的名曲般的旋律。按照这些工程作出的音乐,大多都得到了好评。


俺不相信有什么才能可以引来人们的热议。音乐家里面,被称为天才,或者受到别一些吹捧的人,也大多是冒牌货。当然,这也包括俺。

莫榆梓

思想犯 中文填词

思想犯

曲:ヨルシカ

词:莫榆梓


一直以来温柔待人的你

是否能够读懂我此刻的真心

诅咒他人的感觉真令人沉迷

正因此我写下这样的歌谣

某天能成为新闻主题

一直以来这都是我的梦想

为此我将刀刃反复打磨锋利


坠落的玻璃临终前的声音

撕碎的纸张记述的无意义
离别的夕阳不真实的美丽之类的事情

即使是你也能理解


鸦声不绝茜色晕染十分

孑然一人此刻也将孤独写作声

往昔之残影亦化作晨昏

跂足而望矣/火烧云添几层

未曾能开口/却道离别几声


想得到更多认可和爱

这就是所谓的梦想吗

如果不劳而获就能够做到

快一些...

思想犯

曲:ヨルシカ

词:莫榆梓

 

一直以来温柔待人的你

是否能够读懂我此刻的真心

诅咒他人的感觉真令人沉迷

正因此我写下这样的歌谣

某天能成为新闻主题

一直以来这都是我的梦想

为此我将刀刃反复打磨锋利

 

坠落的玻璃临终前的声音

撕碎的纸张记述的无意义
离别的夕阳不真实的美丽之类的事情

即使是你也能理解

 

鸦声不绝茜色晕染十分

孑然一人此刻也将孤独写作声

往昔之残影亦化作晨昏

跂足而望矣/火烧云添几层

未曾能开口/却道离别几声

 

想得到更多认可和爱

这就是所谓的梦想吗

如果不劳而获就能够做到

快一些再满足我的愿望吧

一直以来温柔的世间

心存的嫉妒也无人能够知晓

不停寻找能够放肆殴打谁来发泄的机会

 

摇晃的酒瓶狠狠击打路灯

抛出的吉他最后一次发声

无法挽回的令人后悔的却如此的美丽

这种事情啊

明明是我也能理解

 

骤雨般的言语打湿眼眶

落入冬日前仍惋惜着秋日落阳

积雪消融/春晖映照山岗

遥远的天际/袅袅炊烟摇晃

又一度夏日/微风拂过脸庞

 

一直以来温柔待人的你

是否能够读懂我孤独的内心

难以死去却又无法再活下去

正因此我写下这样的歌谣

无论是谩骂失望还是憎恨

都当作是对我感兴趣的反应而已

正因此我写下了伤害他人的歌谣

写下了如我一般空洞的歌谣

 

想将你的话语尽数咽下

就算用这双空无一物的手接纳

仍然在期待着某个时间

枯竭的喉头能够被润化

 

鸦声不绝茜色晕染十分

孤为纸独作墨将今日以诗写成

再叙别离茜草赠予故人

静候着夜晚茕茕只一人

明日再相见/未道却已失声


釉時

-嘘月-

嘘月

ヨルシカ

雨が降った 花が散った
雨落下了       花凋谢了
ただ染まった頬を思った
我只想起了你发红的脸颊
僕はずっとバケツ一杯の月光を飲んでる
我一直在喝着满满一桶月光
本当なんだ 夜みたいで
是真的啊       像夜晚一样
薄く透明な口触りで
有轻薄透明的口感
そうなんだって 笑ってもいいけど
没有骗你   要笑你就笑吧
僕は君を待っている
我一直在等你

夏が去った 街は静か
夏日离去了   街道是安静的
僕はやっ...

嘘月

ヨルシカ

雨が降った 花が散った
雨落下了       花凋谢了
ただ染まった頬を思った
我只想起了你发红的脸颊
僕はずっとバケツ一杯の月光を飲んでる
我一直在喝着满满一桶月光
本当なんだ 夜みたいで
是真的啊       像夜晚一样
薄く透明な口触りで
有轻薄透明的口感
そうなんだって 笑ってもいいけど
没有骗你   要笑你就笑吧
僕は君を待っている
我一直在等你

夏が去った 街は静か
夏日离去了   街道是安静的
僕はやっと 部屋に戻って
我终于又回到了房间
夜になった こんな宵月を一人で見てる
夜晚降临,独自看着一轮皓月
本当なんだ 昔の僕は
是真的呀       过去的我
涙が宝石でできてたんだ
眼泪是用宝石做成的
そうなんだって 笑ってもいいけど
没有骗你   要笑你就笑吧

声はもうとっくに忘れた
你的声音我早已忘记
思い出も愛も死んだ
回忆与爱也一同死去
風のない海辺を歩いた
沿着没有海风的海边
あの夏へ
走向那个夏天

僕はさよならが欲しいんだ
我想听你的再见
ただ微睡むような
如同哄睡一般
もの一つさえ言わないまま
就这样一言不发
僕は君を待っている
我一直在等着你

星を取った 一つ取った
我摘下了星星   抱一颗在怀里
何もない部屋で春になった
这样空无一物的房间就有春天来临
僕は愛を底が抜けた 酌で飲んでる
我把盛着爱的瓶子掀开   小酌饮下
本当なんだ 味もしなくて
是真的啊       黯然无味
飲めば飲むほど喉が渇いて
喝得越多却越干渴
そうなんだって 笑ってもいいけど
我没骗你   要笑你就笑吧
僕は夜を待っている
我在等待夜幕降临

君の鼻歌が欲しいんだ
我想听你哼的歌
ただ微睡むような
就像哄睡那样
もの一つさえ言わないまま
我依旧一言不发
僕は君を待っている
只是在等着你

君の目を覚えていない
我不记得你的眼睛
君の口を描いていない
我不会描绘你的嘴巴
もの一つさえ言わないまま
就维持一言不发的样子
僕は君を待っていない
我不再等你了

君の鼻を知っていない
我忘记了你的鼻子
君の様を思っていない
我不再想你的样子
さよならすら言わないまま
就连一句告别都不留下
君は夜になってゆく
你就这样化成了夜晚


听译警告,听得不一定准×

尤其是最后的君の鼻を知っていない,我不确定是花还是鼻

ナブナ,夏天的神(确信)

雾退

推歌!

明明节奏很轻快,但还是会让我想要哭泣的歌。

如果可以的话应该会先唱这个和《孑然妒火》(《一个人的捉迷藏》)

推歌!

明明节奏很轻快,但还是会让我想要哭泣的歌。

如果可以的话应该会先唱这个和《孑然妒火》(《一个人的捉迷藏》)

Rin的翻译堆积处

思想犯的翻译中几处有争议的地方的个人看法

(以下观点仅为个人看法,工地水平日语,欢迎纠错)


1、「烏の歌に茜」、「君に茜」

这里主要是「に」和「茜」的译法。


首先说一下我认为这里的に所取的意思:

名詞および準体助詞「の」に付いて、同趣のものの添加、対比取り合わせなどの意を表し、また、対等に並べあげるのに用いる。

に:( 並立助 )接在名词或形式体言「の」后,表示同类事物的添加,组合,列举或是对等的排列。


並立助,也叫并列助词,属于助词的一种。需要排列两种或以上的同趣的事物时使用。大多数并列助词,都是由格助词系助词副助词接续助词等其他助词转用而来。常见的有表示并列的と、表示举例的や、表示选择的か等等。
而に...

(以下观点仅为个人看法,工地水平日语,欢迎纠错)


1、「烏の歌に茜」、「君に茜」

这里主要是「に」和「茜」的译法。


首先说一下我认为这里的に所取的意思:

名詞および準体助詞「の」に付いて、同趣のものの添加、対比取り合わせなどの意を表し、また、対等に並べあげるのに用いる。

に:( 並立助 )接在名词或形式体言「の」后,表示同类事物的添加,组合,列举或是对等的排列。


並立助,也叫并列助词,属于助词的一种。需要排列两种或以上的同趣的事物时使用。大多数并列助词,都是由格助词系助词副助词接续助词等其他助词转用而来。常见的有表示并列的と、表示举例的や、表示选择的か等等。
而に作为并列助词,与と等不同,并不是单纯的列举几个事物。而是一个整体中,有这几个事物构成。比如トーマ的曲子「廃景に鉄塔、千鶴は田園にて待つ」中,廃景に鉄塔就是一个整体的画面。并不是单纯的举出“废景与铁塔”。而是“废景之中伫立着铁塔”废景、铁塔组合成了一幅整体的画面。


而「花に亡霊」也是同样的道理,官方英译Ghost In A Flower。如果歌名改为「花と亡霊」的话,那英译或许就是Ghost And Flower了吧。
至于「ただ君に晴れ」为什么译为了「只予你晴天」,因为这里的「ただ君に晴れ」其实是「ただ君に晴れを」的省略。这里的を后面可以是「あげる」或是其他动词。因为具体也没有给出来,所以听众们可以自己想象。这样一来这里的「に」就是个格助词,指代动作的对象。


「思想犯」中的,「君に茜」「烏の歌に茜」也都是根据に的并列助词用法来翻译的。「晚霞将你染尽」「渡鸦之歌染上晚霞」。其实这个并列助词的に并没有具体对应的中文。翻译的时候应该根据上下文和语境来翻译。如果你问为什么「君に茜」不像上面「君に晴れ」一样看成「君に茜を」的省略,那我只能说也是可以的,不同的人有不同的解读方法。至于究竟是「将晚霞给予你」还是「你与晚霞构成的这幅画面」,就看个人理解了。



再来看「茜」这个词。

字典上有三种意思:

①: アカネ科の蔓性 (つるせい) の多年草。

 一种植物,茜草。

②: ①の根からとった赤色の染料。成分はアリザリン。

从茜草根部提取的红色染料。

③: 「茜色」の略。JISの色彩規格では「こい赤」としている。一般に、やや黄色みを帯た暗い赤色をさす。また「茜色の空」と形容されるように、真っ赤な夕焼け空のイメージとして定着している。

「茜色」的略称。暗红色。多用来代指晚霞。


在拿不拿以前的曲子里面也有多次出现过这个词。「茜を背に」、「暮れない夕に茜追いついて」、「君に茜差す日々の歌を」

根据思想犯PV来看,这里的「茜」也应该代指晚霞。



2.「包丁を研いでる」


首先来看一下和着「包丁を研ぐ」相近的一句话「刃を研ぐ」。

「刃を研ぐ」这一说法出自史蒂芬·柯维的书籍「高效能人士的七个习惯」。

刃を研ぐとは、基本的にこの四つの能力のすべてを表現することである。——(スティーブン・R.コヴィー著;ジェームス・J.スキナー,川西茂訳 『7つの習慣』, 1996)

说是有一个人用锯子锯树,已经锯了五个小时了仍然没有成功。有人给他提议说不如休息一会儿,把锯齿磨锋利再去锯会事半功倍。可锯树人并不听劝,说光是锯树就累的不行了,哪还有闲工夫去磨锯齿。

从各个角度把锯齿磨遍,锯齿才会锋利。同理一个人也要从肉体、知性、精神、社会情绪四个方面不断地打磨自己,完善自己。

而思想犯中出现的「包丁を研ぐ」中,包丁指做菜时用的刀具,也就是菜刀等。

而「刃(やいば)」除了指刀刃,刃物以外,还可以指像刀刃一般锋利的东西。歌词如果是「刃を研ぐ」的话,理解成「磨练自己」这个意思是没问题的。但原文毕竟是包丁,我个人还是更偏向于直译为磨菜刀。毕竟制造杀人事件是登上新闻最快捷的方法了。


平成年间的MOMOkoO

心に穴が空いた

今天天空很漂亮,拍下来画了这个

p1是蓝色的,p2是橙色的

心に穴が空いた

今天天空很漂亮,拍下来画了这个

p1是蓝色的,p2是橙色的

花緑青

【自用翻译】ヨルシカ-思想犯

 思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか
对他人温柔以待的你能够理解这颗心吗
 人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた
诅咒别人使我身心愉快,所以才写下了诗句
 朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった
有朝一日能够登载晨报新闻,这件事曾是我的梦想
 その為に包丁を研いでる
为此不断地磨快利刃


 硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、
玻璃打碎的声音,将不知所谓的纸划破
 さよならの後の夕陽が美しいって、君だってわかるだろ
道别后的夕阳是何等美丽,即使是你也懂的吧


 烏の歌に茜
在乌鸦之歌中 将蔓延的茜色缀入
 ...

 思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか
对他人温柔以待的你能够理解这颗心吗
 人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた
诅咒别人使我身心愉快,所以才写下了诗句
 朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった
有朝一日能够登载晨报新闻,这件事曾是我的梦想
 その為に包丁を研いでる
为此不断地磨快利刃


 硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、
玻璃打碎的声音,将不知所谓的纸划破
 さよならの後の夕陽が美しいって、君だってわかるだろ
道别后的夕阳是何等美丽,即使是你也懂的吧


 烏の歌に茜
在乌鸦之歌中 将蔓延的茜色缀入
 この孤独も今音に変わる
这份孤独也是 现如今化作音符
 面影に差した日暮れ
曾照射过面庞的日暮余晖
 爪先立つ、雲が焼ける、さよならが口を滑る
踮起脚尖,云在燃烧,一句“再见”不经意间脱口而出


 認められたい、愛したい
想被承认,想要去爱
 これが夢ってやつか
这就是所谓梦想吗
 何もしなくても叶えよ、早く、僕を満たしてくれ
什么都不做也能实现吧?快点,让我满足啊
 他人に優しい世間にこの妬みがわかるものか
对他人温柔以待的世人能够理解这份嫉妒吗
 いつも誰かを殴れる機会を探してる
一直以来寻找着能把谁打一顿的机会


 ビール瓶で殴る街路灯、投げるギターの折れる音、
用啤酒瓶殴打街边路灯,掷出吉他后被折断的声音
 戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさぁ、僕だってわかるのに
无法折返的后悔,其全部都无比美丽,那种事啊,就算是我也明明知道的


 言葉の雨に打たれ
沐浴于言辞的狂岚暴雨
 秋惜しむまま冬に落ちる
尚还惜秋时,已然坠入冬日
 春の山のうしろからまた一つ煙が立つ
从春山后方,又一缕轻烟升起
 夏風が頬を滑る
夏风自脸颊滑落


 他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか
温柔对待他人的你能够理解这份孤独吗
 死にたくないが生きられない、だから詩を書いている
不想死却也无法生存下去,因此不断写着诗句
 罵倒も失望も嫌悪も僕への興味だと思うから
因为我认为破口大骂也是,失望也是,嫌恶也是,都是为我而来的兴趣
 他人を傷付ける詩を書いてる
伤害着他人,我写着诗
 こんな中身のない詩を書いてる

就是如此空洞的诗,我创作着


 君の言葉が呑みたい
想要吞下你的言语
 入れ物もない両手で受けて
也没个容器,就用双手接受吧
いつしか喉が潤う
等待着那个时刻的同时
 その時を待ちながら
不知不觉间喉咙也湿润了


 烏の歌に茜
在乌鸦之歌中 将蔓延的茜色缀入
 この孤独よ今詩に変われ
这份孤独啊,现在化作诗句吧
 さよなら、君に茜
再见了,予你黄昏
 僕は今、夜を待つ
现如今,我等待夜色降临
 また明日。口が滑る
一句“明天再见”,不经意间脱口而出

李旅人

蓝二乘的含义(非官方)。

借鉴B站知名up主的,不喜勿喷。

版本1:咱们直男解释就是蓝的二次方。

版本2:根据对歌词的理解,可以认为是含着泪水在看天空的时候折射出的两层蓝。

版本3:蓝这个字在日语可以发音为ai,也就是数学虚构里的i。而i的二次平方等于-1。

根据对歌词的分析,这首歌的主人公是i,歌词中写的君也是i也就是你。

所以我和你在一块儿就是-1。

版本4:歌名《蓝二乘》在日语发音是ai ni jio,强行谐音就是I need you。

那么联系上面的虚构分析,可以理解为,

没有你,

我只是一个不存在的虚数,但只要在你身边我就可...

蓝二乘的含义(非官方)。

借鉴B站知名up主的,不喜勿喷。

版本1:咱们直男解释就是蓝的二次方。

版本2:根据对歌词的理解,可以认为是含着泪水在看天空的时候折射出的两层蓝。

版本3:蓝这个字在日语可以发音为ai,也就是数学虚构里的i。而i的二次平方等于-1。

根据对歌词的分析,这首歌的主人公是i,歌词中写的君也是i也就是你。

所以我和你在一块儿就是-1。

版本4:歌名《蓝二乘》在日语发音是ai ni jio,强行谐音就是I need you。

那么联系上面的虚构分析,可以理解为,

没有你,

我只是一个不存在的虚数,但只要在你身边我就可以获得存在。

所以…我……

需要你。



森森_咕咕bot

「だから

    だから僕は音楽を辞めた。」

「だから

    だから僕は音楽を辞めた。」

白呀么章鱼

『生き方一つ教えてほしいだけ


払えるものなんて僕にはもうないけど』

『生き方一つ教えてほしいだけ


払えるものなんて僕にはもうないけど』

Macht sichtbar.

ヨルシカ-思想犯

思想犯

shi so u ha n


作詞:n-buna(ナブナ)

作曲:n-buna(ナブナ)

編曲:n-buna(ナブナ)

唄:suis


他人(ひと)に優(やさ)しいあんたにこの心(こころ)がわかるものか

hi to ni ya sa shi i a n ta ni ko no ko ko ro ga wa ka ru mo ...

思想犯

shi so u ha n


作詞:n-buna(ナブナ)

作曲:n-buna(ナブナ)

編曲:n-buna(ナブナ)

唄:suis


他人(ひと)に優(やさ)しいあんたにこの心(こころ)がわかるものか

hi to ni ya sa shi i a n ta ni ko no ko ko ro ga wa ka ru mo no ka

人(ひと)を呪(のろ)うのが心地良(ここちい)い、だから詩(うた)を書(か)いていた

hi to wo no ro u no ga ko ko chi i i、da ka ra u ta wo ka i te i ta

朝(あさ)の報道(ほうどう)ニュースにいつも載(の)ることが夢(ゆめ)だった

a sa no ho u do u nyuu su ni i tsu mo no ru ko to ga yu me da tta

その為(ため)に包丁(ほうちょう)を研(と)いでる

so no ta me ni ho u cho u wo to i de ru


硝子(がらす)を叩(たた)きつける音(おと)、何(なに)かの紙(かみ)を破(やぶ)くこと、さよならの後(あと)の夕陽(ゆうひ)が美(うつく)しいって、君(きみ)だってわかるだろ

ga ra su wo ta ta ki tsu ke ru o to、na ni ka no ka mi wo ya bu ku ko to、sa yo na ra no a to no yu u hi ga u tsu ku shi i tte、ki mi da tte wa ka ru da ro


烏(からす)の歌(うた)に茜(あかね)

ka ra su no u ta ni a ka ne

この孤独(こどく)も今音(いまおと)に変(か)わる

ko no ko do ku mo i ma o to ni ka wa ru

面影(おもかげ)に差(さ)した日暮(ひぐ)れ

o mo ka ge ni sa shi ta hi gu re

爪先(つまさき)立(た)つ、雲(くも)が焼(や)ける、さよならが口(くち)を滑(すべ)る

tsu ma sa ki ta tsu、ku mo ga ya ke ru、sa yo na ra ga ku chi wo su be ru


認(みと)められたい、愛(あい)したい

mi to me ra re ta i、a i shi ta i

これが夢(ゆめ)ってやつか

ko re ga yu me tte ya tsu ka

何(なに)もしなくても叶(かな)えよ、早(はや)く、僕(ぼく)を満(み)たしてくれ

na ni mo shi na ku te mo ka na e yo、ha ya ku、bo ku wo mi ta shi te ku re

他人(ひと)に優(やさ)しい世間(せけん)にこの妬(ねた)みがわかるものか

hi to ni ya sa shi i se ke n ni ko no ne ta mi ga wa ka ru mo no ka

いつも誰(だれ)かを殴(なぐ)れる機会(きかい)を探(さが)してる

i tsu mo da re ka wo na gu re ru ki ka i wo sa ga shi te ru


ビール瓶(びん)で殴(なぐ)る街路灯(がいろとう)、投(な)げるギターの折(お)れる音(おと)、戻(もど)らない後悔(こうかい)の全部(ぜんぶ)が美(うつく)しいって、そういうのさぁ、僕(ぼく)だってわかるのに

bii ru bi n de na gu ru ga i ro to u、na ge ru gi taa no o re ru o to、mo do ra na i ko u ka i no ze n bu ga u tsu ku shi i tte、so u i u no saa、bo ku da tte wa ka ru no ni


言葉(ことば)の雨(あめ)に打(う)たれ

ko to ba no a me ni u ta re

秋惜(あきお)しむまま冬(ふゆ)に落(お)ちる

a ki o shi mu ma ma fu yu ni o chi ru

春(はる)の山(やま)のうしろからまた一(ひと)つ煙(けむり)が立(た)つ

ha ru no ya ma no u shi ro ka ra ma ta hi to tsu ke mu ri ga ta tsu

夏風(なつかぜ)が頬(ほほ)を滑(すべ)る

na tsu ka ze ga ho ho wo su be ru


他人(ひと)に優(やさ)しいあんたにこの孤独(こどく)がわかるものか

hi to ni ya sa shi i a n ta ni ko no ko do ku ga wa ka ru mo no ka

死(し)にたくないが生(い)きられない、だから詩(うた)を書(か)いている

shi ni ta ku na i ga i ki ra re na i、da ka ra u ta wo ka i te i ru

罵倒(ばとう)も失望(しつぼう)も嫌悪(けんお)も僕(ぼく)への興味(きょうみ)だと思(おも)うから

ba to u mo shi tsu bo u mo ke n o mo bo ku e no kyo u mi da to o mo u ka ra

他人(ひと)を傷付(きずつ)ける詩(うた)を書(か)いている

hi to wo ki zu tsu ke ru u ta wo ka i te i ru

こんな中身(なかみ)のない詩(うた)を書(か)いている

ko n na na ka mi no na i u ta wo ka i te i ru


君(きみ)の言葉(ことば)が呑(の)みたい

ki mi no ko to ba ga no mi ta i

入(い)れ物(もの)もない両手(りょうて)で受(う)けて

i re mo no mo na i ryo u te de u ke te

いつしか喉(のど)が潤(うるお)う

i tsu shi ka no do ga u ru o u

その時(とき)を待(ま)ちながら

so no to ki wo ma chi na ga ra


烏(からす)の歌(うた)に茜(あかね)

ka ra su no u ta ni a ka ne

この孤独(こどく)よ今詩(いまうた)に変(か)われ

ko no ko do ku yo i ma u ta ni ka wa re

さよなら、君(きみ)に茜(あかね)

sa yo na ra、ki mi ni a ka ne

僕(ぼく)は今(いま)、夜(よる)を待(ま)つ

bo ku wa i ma、yo ru wo ma tsu

また明日(あした)。口(くち)が滑(すべ)る

ma ta a shi ta。ku chi ga su be ru



*

yrsk有哪首歌需要补罗马音可以在评论告诉我嗷


*

如要转载搬运,请告知我并注明出处。

如果有错误请帮忙指正,在这里先谢谢啦!


*

2020.6.26 修正了“他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか……”段的一些错误

咕哒瓜希

【罗马音】ヨルシカ「思想犯」「嘘月」自制翻译

自制翻译 欢迎讨论

宣传:拿曲罗马音合集http://tieba.baidu.com/p/6115937929(已更41首)


思想犯


作曲 n-buna

歌詞 n-buna

歌 suis

他人に優しいあんたに この心がわかるものか

hi to ni ya sa shii , an ta ni , kono kokoro , wa ka ru mono ...

自制翻译 欢迎讨论

宣传:拿曲罗马音合集http://tieba.baidu.com/p/6115937929(已更41首)



思想犯


作曲 n-buna

歌詞 n-buna

歌 suis

他人に優しいあんたに この心がわかるものか

hi to ni ya sa shii , an ta ni , kono kokoro , wa ka ru mono ka

总是对他人温柔以待的你 怎么可能明白我的心情呢


人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた

hi to wo , no rou no ga , koko chi ii ,

dakara uta wo kai te ita

诅咒他人时无比开心 所以我写起了歌


朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった

asa no hou dou , nyu su ni , i tsu ka , no ru koto

ga , yu me da tta

曾经的梦想是能登上早间新闻的报道


その為に包丁を研いでる

sono ta me ni , hyou chyou wo , toi de ru

为了这个梦想 我磨了刀


硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、

karasu wo , tada ki tsu ke ru o to , nani ka no kami wo yabu ku koto

敲动玻璃的声音 撕破纸的声音



さよならの後の夕陽が美しいって

sayonara no ato no, yuu hi ga , u tsu ku shii tte

道别后的夕阳如此美丽



君だってわかるだろ

kimi da tte , wa ka ru da rou

你也明白的吧



烏の歌に茜

ka ra su no , uta ni akane

茜草献给乌鸦之歌



この孤独も今音に変わる

kono kotoku mo , ima oto ni kawa ru

这份孤独也化成了音符



面影に差した日暮れ

omo kage ni , sa shi ta hi gu re

涌现在脑海里的影子


爪先立つ、雲が焼ける

tsu ma saki da tsu , kumo ga ya ke ru

踮起脚尖 看着夕阳下的火烧云


さよならが口を滑る

sayonara ga , ku chi wo sube ru

悄悄说出了再见


認められたい、愛したい

mito me ra re tai , ai shi tai

想要被认同 想要去爱



これが夢ってやつか

kore ga , yume tte ya tsu ka

这就是所谓的梦吧


何もしなくても叶えよ、

nani mo , shi naku temo , ka nae yo

就算一事无成 也给我成真啊


早く、僕を満たしてくれ

hayaku , boku wo , mita shi te kure

快点满足我啊


他人に優しい世間に  この妬みがわかるものか

hito ni ya sa shii , se ken ni , kono ne ta mi ga 

wakaru mono ka

只对他人温柔以待的这个世间 怎么可能明白这份嫉妒呢


いつも誰かを殴れる機会を探してる

i tsu mo , da re ka wo , nagu re ru kikai wo , saga shi te ru

总是在寻找能攻击谁的机会


ビール瓶で殴る街路灯、

bii ru binn de , nagu ru gai ro tou

用啤酒瓶击打街边的路灯


投げるギターの折れる音、

nage ru , gi ta , no ore ru oto

用力扔出了吉他 折断的声音


戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさ

mo do ra nai , kou kai no zenbu ga , u tsu ku shii tte , sou iu no sa

已经无法回头的后悔 这一切都如此美丽


僕だってわかるのに

boku da tte , wakaru no ni

我明明早已明白了



言葉の雨に打たれ

kotoba no ame ni uta re

被话语的雨滴淋湿


秋惜しむまま冬に落ちる

aki o shi mu mama , fuyu ni ochi ru

惋惜于秋天的结束 就这样冬天也过去了


春の山のうしろから また一つ煙が立つ

haru no yama no , ushiro ka ra , ma ta hitotsu

kemuri ga ta tsu

春天的后山 又飘起一缕青烟


夏風が頬を滑る

natsu kaze ga , hoho wo sube ru

夏日的轻风划过脸颊


他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか

hito ni yasa shii , an ta ni , kono kotoku ga 

wakaru mono ka

总是对他人温柔以待的你 怎么可能明白这份孤独呢


死にたくないが生きられない、だから詩を書いている

shi ni taku nai ga , iki ra re nai , da kara uta wo

kai te i ru

不想就这样死去 但也无法活着了 所以我写起了歌



罵倒も失望も嫌悪も僕への興味だと思うから

batou mo , shi tsu bou mo , ken o mo , boku

e no , kyou mi da to , omou kara

咒骂 失望 厌恶 都是对我抱有兴趣才会这么做的对吧



他人を傷付ける詩を書いてる

hito wo ki tsu tsu keru , uta wo kai te ru

写出伤害他人的歌


こんな中身のない詩を書いてる

kon na , nakami no nai , uta wo kai te ru

写出毫无内在价值的歌


君の言葉が呑みたい

kimi no kotoba ga , nomi tai

想吞下你说的话


入れ物もない両手で受けて

i re mono mo nai , ryou te de uke te

没有容器 就用这双手接受吧


いつしか喉が潤う

i tsu shika , nodo ga , u ru o u

不知何时 喉咙滋润起来了


その時を待ちながら

sono toki wo , ma chi nagara

一边等待那个时候的到来


烏の歌に茜

karasu no uta ni akane

茜草献给乌鸦之歌


この孤独よ今詩に変われ

kono kotoku yo , ima uta ni kawa re

这份孤独啊 快化成歌吧



さよなら、君に茜

sayonara , kimi ni akane

再见了 献给你茜草



僕は今、夜を待つ

boku wa ima , yoru wo ma tsu

等待着夜晚到来的我



また明日。口が滑る

mata ashita , kuchi ga sube ru

明天见 悄悄开口说道




~~~~~~~~~~




嘘月


作曲 n-buna

歌詞 n-buna

歌 suis


雨が降った 花が散った

ame ga fu tta , hana ga chi tta

下起雨了 花儿凋谢了


ただ染まった 頬を想った

tada soma tta , hoho wo omo tta

想象着 染上了脸颊


僕はずっと バケツいっぱいの月光を飲んでる

boku wa zu tto , ba ke tsu i ppai no , ge kkou wo 

non de ru

我总是饮下满满一篮子的月光


本当なんだ 夜みたいで

hon tou nan da , yoru mi tai de

是真的哦 像夜晚一样


薄く透明な口触りで

usu ku , tou mei na , kuchi za wa ri de

淡淡的 透明的口感


そうなんだって 笑ってもいいけど

sou nan da tte , wara tte mo ii kedo

“原来是这样啊” 这样笑我也没关系哦


僕は君を待っている

boku wa kimi wo ma tte i ru

我在等着你


夏が去った 街は静か

na tsu ga sa tta , machi wa shi zu ka

夏天过去了 静悄悄的街道


僕はやっと 部屋に戻って

boku wa ya tto , he ya ni modo tte

我总算回到自己的房间了


夜になった こんなよい月を一人で見ていてる

yoru ni na tta , kon na yoi tsu ki wo , hitori de mi te iru

夜晚降临 独自一人看着这么美的月亮


本当なんだ 昔の僕は

hon tou nan da , mukashi no boku wa

是真的哦 很久以前的我


涙が宝石でできてたんだ

namida ga hou seki de , deki te tan da

流出的眼泪是由宝石构成的呢


そうなんだって 笑ってもいいけど

sou nan da tte , wara tte mo ii kedo

“原来是这样啊” 这样笑我也可以哦


 声はもう特に忘れた 思い出も愛も死んだ

koe wa mou , toku ni wasu re ta , omoi de mo 

ai mo shin da

你的声音早已忘记了 回忆和爱也死去了


風のない海辺を歩いた あの夏へ

kaze no nai , umi be wo a rui ta , ano na tsu e

走在没有风吹来的海边 回到那个夏天


僕はさよならが欲しいんだ

boku wa sayonara , ga ho shin da

我想听你说再见


ただ微睡むような

tada , mado romu you na

像打个了盹一样


もの一つさえ言わないまま

mono hito , tsu sa e , i wa nai mama

想说的什么也说不出口


僕は君を待っている

boku wa , kimi wo ma tte i ru

就这样 等待着你


歳を取った 一つ取った

toshi wo to tta , hitotsu to tta

又长大了 长大一岁了


何も無い部屋で 春になった 

nani mo nai he ya de , haru ni na tta

在空荡荡的房间 迎来了春天


僕は愛を 底が抜けた柄酌で飲んでる

boku wa ai wo , soko ga nuke ta , hi sya ku de 

non de ru

我拿起没有底的勺子 舀起一瓢爱喝掉


本当なんだ 味もしなくて 

hon tou nan da , aji mo shi naku te

是真的哦 完全没有味道


飲めば飲むほど喉が渇いて

no me ba nomu hodo , nodo ga kawa i te

越喝喉咙越发感到渴了


そうなんだって 笑ってもいいけど

sou nan da tte , wara tte mo ii kedo

“原来是这样啊”你这样笑我也没办法嘛


僕は夜を待っている

boku wa , yoru wo ma tte i ru

等待着夜晚的到来


君の鼻歌が欲しいんだ

kimi no hana uta , ga ho shin da

我想听你轻哼的歌


ただ微睡むような

ta da , mado romu you na

像打了个盹一样


もの一つさえ 言わないまま

mono hito , tsu sa e , i wa nai mama

明明想说的话一句也说不出来


僕は君を待っている

boku wa , kimi wo ma tte i ru

就这样 等待着你


君の目を覚えていない

kimi no me wo , obo e te i nai

我不记得你的眼睛了


君の口を描いていない

kimi no kuchi wo , kai te i nai

也从没描绘过你的嘴唇


もの一つさえ 言わないまま

mono hito , tsu sa e , i wa nai mama

想说的话一句也说不出来


僕は君を待っていない

boku wa , kimi wo ma tte i nai

我才没有在等你


君の鼻を知っていない

kimi no , hana wo shi tte i nai

也从未听过你哼的歌


君の頬を思っていない

kimi no hoho wo , omo tte i nai

脑海里也没有浮现你的脸


さよならすら言わないまま

sayonara su ra , i wa nai mama

就连再见也说不出来


君は夜になって行く

kimi wa , yoru ni na tte yu ku

就这样 你化为了黑夜


(本当なんだ 夜みたいで 夏が透明な口触りで)

hon tou nan da , yoru mi tai de , na tsu ga 

tou mei na , kuchi zawa ri de

是真的哦 像夜晚一样 夏天的口感是透明的

LOFTER

让兴趣,更有趣

简单随性的记录
丰富多彩的内容
让生活更加充实

下载移动端
关注最新消息