LOFTER for ipad —— 让兴趣,更有趣

点击下载 关闭

扬州炒饭

64.9万浏览    4379参与
墨荼玄楓

【蓮揚/東謹】配方。

ooc

渣文筆流水帳、段子



—————

————


Ver.東謹



蛋一顆、奶油100g、糖40g、低筋麵粉130g、玉米粉20g,看著材料準備好,雲謹一手托腮看著楊舟特意寫給自己餅乾材料,但是沒教他作法啊!!!


拿起手機撥著楊舟號碼,然後請教作法,一邊寫著一邊聽著,結束通話後,看著滿滿都是自己筆跡。

點點頭,雲謹開始拿起材料準備按照楊舟教自己步驟來做。


 翌日,特意將一袋餅乾裝進比較大一些紙袋裡面,確保不被壓到而碎掉,便當則是連同在紙袋裡面。

故意踩著點進教室,看著東璧趴在桌上,像是沒精神又像是故意等待什麼。

走過東璧身邊,在他旁邊停下,紙袋輕叩在......

ooc

渣文筆流水帳、段子



—————

————


Ver.東謹



蛋一顆、奶油100g、糖40g、低筋麵粉130g、玉米粉20g,看著材料準備好,雲謹一手托腮看著楊舟特意寫給自己餅乾材料,但是沒教他作法啊!!!


拿起手機撥著楊舟號碼,然後請教作法,一邊寫著一邊聽著,結束通話後,看著滿滿都是自己筆跡。

點點頭,雲謹開始拿起材料準備按照楊舟教自己步驟來做。


 翌日,特意將一袋餅乾裝進比較大一些紙袋裡面,確保不被壓到而碎掉,便當則是連同在紙袋裡面。

故意踩著點進教室,看著東璧趴在桌上,像是沒精神又像是故意等待什麼。

走過東璧身邊,在他旁邊停下,紙袋輕叩在手臂旁「喏,午餐。」


感到有東西碰觸手臂,將頭轉過來,抬眸向上看著雲謹那下巴以及那雙唇一開一合,好似邀請自己品嘗品嘗。

再把視線移向雲謹放在桌上那紙袋,起身,一手拎起紙袋後掛在桌子側邊掛勾,「呐,午餐一起。」往常一樣的邀約,雲謹在心裡嘀咕著,面對東璧卻是連『不』都很少說出口的,點點頭算是答應。


由於太餓了,東璧忍不住伸手朝著紙袋摸進,摸到一小包不知什麼,小心翼翼摸出來,看起來像是餅乾那類包裝包法。小心翼翼將封口給拆開來,兩指將開口稍微拉開大一點,食指則是伸進去輕壓著一塊餅乾移出,看著奶色餅乾,捻起往嘴哩,一股奶香中帶著甜化開在東璧嘴裡,一口一口吃。

直到,雲謹轉頭瞪著,東璧才把吃了半包餅乾給封好放回去。

意猶未盡,東璧想,也許讓雲謹多做一些餅乾捎上也不錯。




Ver.蓮揚(巫師蓮×人類楊)


 『嚐看看。』圓滾滾的布袋安靜躺在蓮華專門調配藥水桌上,用著麻繩綁著,彷彿等人打開,一打開就能看到驚喜。

蓮華靜靜看著原本要做藥水桌上,突然出現的布袋,以及被壓著紙條。


 隨後,蓮華將麻繩給解開,原本被綁起的布袋瞬間解開,變成正小方巾,裏頭藏著一堆蓮花形狀餅乾,伸手拈起一塊放進嘴裡咀嚼,淡淡微酸的檸檬味道和砂糖的甜教融,既不甜膩同時帶著酸中和。

再次伸手拈起咀嚼,眼裡的溫柔不知覺露出。


吃了一些後,蓮華便將一旁的麻繩拿起把方巾給綁起,原本大大的圓已經變成小小圓了。


想不到要回禮給對方什麼,蓮華索性拿起外出用的黑斗篷套在身上,決定去對方學校找他。



沉浸練習中樂器的楊舟並不知道蓮華透過木門上洞看著,只見蓮華看著楊舟撥弄著琴弦,那神情專注地彷彿看著慕戀的對象。


 隔著門,一人聽、一人彈奏著,只是蓮華所站的走廊上此時無人,而蓮華也不好意思打斷。


只到曲終後,楊舟放下手中的里拉琴,起身將琴歸位後,回頭把擱在椅子旁的琴譜給收拾好,視線不經意抬上,就跟外頭蓮華那雙紅眼對上,綠眼閃過一絲驚訝,快步走到門前打開,好讓蓮華進來。


蓮華搖搖頭站在門外跟楊舟說了一會話後,看到楊舟把頭垂低然後伸出雙手把自己抱著,楊舟把臉埋在斗篷上,悶悶地說著一只想說卻不敢如何表達出來的話。


蓮華先是訝異後,雙手有點不知所措,最後還是把楊舟給攬進,用著兩人音量聽得見回。


「我答應。」



心情頗好的蓮華回到石屋後,立刻回到自己平常工作的房裡,打算親手刻個保護陣法的項鍊給楊舟戴上。

想到剛剛在學校對話,蓮華垂著紅眸,嘴角盛著弧度的微笑,手上工作不含糊繼續著,得在楊舟回來前作好才行。


「我、我喜歡蓮先生,我想要蓮先生眼裡只有我。」

「就算我嫉妒心強,不想要你跟同學有過多接觸也沒關係?」

「只要蓮先生只有我而不需要我以外的人,我就不怕你那嫉妒心。」

「你不怕我的嫉妒心有一天會傷害到你?」

「不會,我相信你不會。所以,能否答應我呢?」



扑朔迷黎

结果521也没赶上()

有模板参考

结果521也没赶上()

有模板参考

小魏动漫
一碗扬州炒饭,竟然能让女生做出如此高超的举动
一碗扬州炒饭,竟然能让女生做出如此高超的举动
策划加强一下庄周!!!
一点小小的摸鱼 是谁要被罚,我...

一点小小的摸鱼

是谁要被罚,我不说

一点小小的摸鱼

是谁要被罚,我不说

季何

[品扬/я]鸦迹

*想辞职的神明品×魅魔修女扬

*ooc预警,全程含有人名叙述、杨舟女装、不专业的绘画描述等等,全文7k左右

*文中宗教和世界观都是捏的,有不严谨的部分,不要和现实一一对应


神秘数字:1120668


    几只瘦得可怜的乌鸦落在被水泡得浮肿、无人认领的尸体上,警惕地睨了几眼周围几堆同样失去生命的腐肉,随后摇晃着脑袋撕扯起烂肉。乌黑的鸟儿大快朵颐着,不时扑棱两下翅膀抖落鸦羽上沾染的泥水。

    连月暴雨引发的洪水即将吞没整个国度。教皇坚称这是与经书所述如出一辙的大洪水,于是搭建起巨大的...............

*想辞职的神明品×魅魔修女扬

*ooc预警,全程含有人名叙述、杨舟女装、不专业的绘画描述等等,全文7k左右

*文中宗教和世界观都是捏的,有不严谨的部分,不要和现实一一对应


神秘数字:1120668


    几只瘦得可怜的乌鸦落在被水泡得浮肿、无人认领的尸体上,警惕地睨了几眼周围几堆同样失去生命的腐肉,随后摇晃着脑袋撕扯起烂肉。乌黑的鸟儿大快朵颐着,不时扑棱两下翅膀抖落鸦羽上沾染的泥水。

    连月暴雨引发的洪水即将吞没整个国度。教皇坚称这是与经书所述如出一辙的大洪水,于是搭建起巨大的方舟,不问苍生问鬼神。

    神明的回应遥遥无期,民众的苦难才刚刚开始。

    洪水下的世界早已没有了粮食。乌鸦在吃人,虫豸在吃人,就连人类也在吃人。杨舟拎起长裙,跨过一小块爬满白色蛆虫散发着恶臭的腐肉,轻声呼唤孩童的名字。破烂的小屋里传来拉门闩的声音,一个骨瘦如柴的小孩从里面探出头来,扑闪着和杨舟极相似的翠绿眼眸,小声问道:“杨舟哥哥?”

    “嗯,是我。”一身修女服的青年从口袋拿出一个小纸包,放在那孩子沾满污泥的手上,仔细叮嘱道,“里面有点干粮和野果,小心些吃。记得别从屋里出来,危险。”

    小孩有些没精神,强撑着接过东西,发黄的小脸上满布着这个年纪不该有的愁云。

    “会好起来的,神会保佑我们。”杨舟作出祈祷的手势,神情温柔了万分,稍稍提高了声音道,“愿神保佑你。”

    离开时,杨舟依旧拎着裙子跨过了那块腐肉——来自孩子的父亲。


    这个国度的统治者,即教皇独裁的教会,已经决意放弃它,带着教会成员乘坐方舟离开。杨舟轻轻掸去长裙上的尘土,咽下一声叹息,将今天的面包切成小份包起来,准备分给生活在灾区边缘的孩子们。到那里才发现,一对兄妹已经被其他人砸开门带走了。他沉默着,从破屋里翻找出一个破旧的布娃娃和一个风车,埋葬在软泥里,为他们做了祷告。灾区依旧是老样子,成群的乌鸦连饿死的老鼠都吃,只有啸叫能撕破死寂。

    方舟就建在教堂外不远处,目前只搭好了基础框架。“长300腕尺,宽50腕尺,高30腕尺”,庞然大物的影子将整座华丽的教堂遮盖住。杨舟不是没尝试过,可偌大的方舟即使只是框架都拒绝他进入,一但他接触到木料便立即斥开。至于原因,无非是他属于不被承认的种族。

    藏在帽子里的角和绑在腿间掩在黑色长裙下的细尾巴都显示着杨舟的身份——不为经书记载的魅魔。

    杨舟不知道他是否还有同类,只是从小被要求藏起自己的特征混入人群。也正是因为这个只活在他人口中的种族身份,他才能顺利地当上男性“修女”。毕竟魅魔在传闻中不过是一类以精液为食的肮脏生物,没人会在意他们的分类。

    “我应当是人类与魅魔的混血儿。”杨舟在他的笔记本上写道,字迹清秀,“我的角和尾巴相比传言中的同类更小,藏住也并不困难。在我生活的二十多年里也从未出现过渴求精液的情况,但近几日我没有进食也不觉得饿,只是尾巴有些活跃,这个现象十分怪异。”写到尾巴时,被缚在大腿内侧的小尾巴尖意味不明地蹭蹭杨舟的皮肤,挠得他一阵刺痒。

    得益于混血,即便杨舟省下三四天里所有的面包去救济生活在水深火热中的百姓也不会饥饿到难以忍受的程度。

    除去记笔记之外,杨舟也会画一些图画。颜料难买,他只能凭着水墨一笔一笔细细勾勒,常画的题材便是东方来的梅花。黑白的画作送给孩子们也玩不了,于是精致的墨梅被一张一张放进抽屉里。

    画梅花的一个原因便是,他的神明来自东方。


——1120668——


    分面包,救助越来越少的孩子们,躲避灾难。千篇一律的生活终于在方舟建造的第一百二十天结束了。

    方舟已经完工,洪水业已围城。教会诸位拎起自己的行李挨个上船,准备靠它度过漫长的洪水时期。杨舟自然没有资格上船,他安静地端坐在案前。

    “杨舟哥哥,你不和他们走吗?”生了和他相似眼眸的孩子问。

    “我走不了。”杨舟背对着孩子,从柜子里翻出偷藏的一身唱诗班的衣裳,又按着孩子穿上那身衣服,“你可以走,带着你的东西上去吧。他们不会赶你下来的。”

    是了,众人急着逃命,根本不会在意是否有一个小孩混进了唱诗班。方舟是建来救济人类的,自然不会阻止小孩进去。

    杨舟目睹孩子登上方舟,才安心地回到住所。暴雨未歇,乌鸦跟着船走了,留下的只有腐烂与黄昏。平民仍然在等待神的悲悯。杨舟知道他们没可能活了,自顾自地将画稿与神授的精致毛笔装在一个小盒子里收好。他将与它们一同死去。

    乌云没遮住西方的落日,暗黄的日光为世界镀了一层末日的光泽。

    “杨舟,你愿意和我走吗?”

    那是神明,头一次不为性事出现在这间逼仄的卧室里。

    “先生救赎了我,却无法救赎他们吗?”杨舟没有正面回答。他是魅魔,不被承认,自然游离于“规则”之外。只要神愿意,将他带离苦海不是难事。

    “无法。他们的生死是这个世界的规则决定的,我无权干涉。”郭逸品答道,“但你可以和我一起离开。我就要卸任了。

    “与我一道吧,去东方,去山林里寻个清净地方。就像你画里一样。”


    数十天后,方舟载着人类与其他物种抵达了新的大陆。

    众人开荒刚有些起色时,神却离开了。神明降临在神坛上,向信徒们宣告自己卸任。

    “你们或许会有新的引领你们前进的神,或许不再信仰神。

    “‘神明’郭逸品将不复存在。”

    拥有翠绿眼眸的孩子在心中祈祷。

    只一瞬,神坛上的男人身影分明变化了一下,显出那个总在微笑的金发修女。

    “杨舟哥哥,我知道你还在哦。”孩子从跪伏的人群中站起身,“我们不再需要神明了,还会记得他的恩惠。我还会记得你。”


    旧日的神明卸下一身重担,以人类身躯与恋人前往东方,最终隐于山林。

    乌鸦盘旋着,落入山林中隐了踪迹。


后记:

不要较真!

我还在重新摸索他们的人设,ooc是必然的。

品扬没写出来的结局是白头偕老。人类会老,魅魔会老,四舍五入没有寿命论。

泪雨霖玲终不悔

Disorder 16

我流男少主,姓名:伊墨轩 仿生人 女少:伊清怡 私设如山

——————正文如下

          “滴滴——”

          屠苏解锁手机,看到那张伊墨轩复原下来的相片,翻找到手机里储存的那个号码,拨通。

         “嘟——嘟——”......


我流男少主,姓名:伊墨轩 仿生人 女少:伊清怡 私设如山

——————正文如下

          “滴滴——”

          屠苏解锁手机,看到那张伊墨轩复原下来的相片,翻找到手机里储存的那个号码,拨通。

         “嘟——嘟——”

         “喂,你好,这里是警务中心,请问需要什么服务?”

         电话那边的声音清朗如玉,光是听声音,便能想象到一副翩翩公子的模样,只是语气中带着些许疲惫。

         “我是屠苏,”屠苏拧了拧眉,语气中带着几分不善,“你是不是又熬一晚上?我之前怎么和你说的?医嘱你当耳旁风?”

         “屠苏先生?”那人很是意外,抬起手机一看才发现他接通的是私人电话,“抱歉,近日需要我画像的地方过多,我也是刚忙完。”

         “杨舟,以后别让我知道你又不听医嘱,身体垮了,可就得不偿失,难不成你是打算向我看齐?”

         “抱歉抱歉,是我的不是。”杨舟抽出一根铅笔,拿起小刀削起来,“屠苏先生找在下,是有何事?”

         “一张二十年前的相片,想请你帮忙画一下上面那几个孩子现在的模样。”屠苏看着那张照片,发了过去,“白发的那个除外。”

        “这张是描摹的?”杨舟停手,将铅笔放在画板旁,看着画像里的那几个孩子,“画这幅画的人底子不错,这张照片屠苏先生是从哪来的?”

        “伊墨轩那小子画的,说是有用。”

        “伊上校的仿生人吗?”杨舟摸了摸下巴,拿起铅笔开始打草稿,铅笔与纸张摩擦发出沙沙声,“屠苏先生对他很是上心。”

        “很多人都盯着傻徒弟的命,想知道背后的真相,那个仿生人也许是唯一的线索。”屠苏有些烦躁,撑着脑袋的手垂下又抬起,“我也堕落了,居然会把筹码放在一个仿生人身上,明明他知道的还没有我多。”

          “屠苏先生说笑了,若真是如此,先生大概也不会来找在下。”杨舟画图的速度还挺快,几笔就可勾勒出大致神韵,“屠苏先生,在下还有一事未说,若是可以,先生能请那位仿生人画出他所需排查的所有人的画像,再好不过。”

          “啧,知道了。”

           这边,伊墨轩正拿着剪刀修剪一张卡纸,仿生人过目不忘的能力让他学什么都很快,他不喜欢剪纸,但只要能静心,怎样都无所谓。

          只要最终目的实现,至于过程如何,便不重要。

          伊墨轩的手环震动,他划开消息,放下剪刀,拿起纸笔,那天需要排查的人也不是很多,除去信任的几人,他还碰到会场的清洁阿婆,不小心将浇花的水洒到他身上的轮休保安,进电梯前不小心撞上的男青年,以及在后台整理服装道具的工作人员。

           其余三人还好,可以在会场的任职信息里查到背景,但那个男青年却不好查,他并不是会场的人,虽然话是这么说,但也保不齐有人会易容将原身替换下来,全部都查一遍,才为妥当。

          伊墨轩刚把东西发过去,就接到一个来电,来电显示并非他认识的人,伊墨轩迟疑一会,还是选择接通。

          “呲——呲——”

          电话那边信号好像不太好,传来些许电流声,应该是有什么东西影响到波纹的传导,伊墨轩静默的听着,这时,对面传出声音来,那是一个男人的声音。

            “叶松——呲呲——怪物——呲——草鬼婆——出来——”

            叶松?草鬼婆?

            是谁?

            emm……

            伊墨轩交叉着手指,心里有了一个猜想,他继续听着,电话里还传来轻微的压抑声与喘气声,也不知发生了什么。

            电话被那边挂断,伊墨轩拿起手环,思索片刻,便默默地走到白蔡的书屋外,敲门。

            “门没锁,进来吧。”

             伊墨轩推开门,向里面望去,看到了前几日见过的阿喻,没说什么,他手里拿着手环,请放到书桌上,将刚才的情况复述了一遍,“白老师,您认识的人里有没有可以查到电话信息来源地的?”

          阿喻站在书桌旁,俯下身子,单手撑着脑袋,另一只手忍不住去戳伊墨轩的脸颊,笑嘻嘻的说道,“小家伙,我会啊,你白老师用的那些都是我告诉他的,要不你来求求我?”

         “阿喻,你真的可以吗?”

         “这家伙是黑客,”白蔡扶了一下眼镜,没好气的说道,“千面之影,我这可不是酒店,小心被国际刑警发现你在这,那时候我一定会把你供出去。”

         “每次都这么说,哪次我没逃脱,”阿喻满不在乎的拿过伊墨轩的手环,“大白先生,您的电脑借我一用。”

          “别叫我大白。”

           白蔡语气不善地将掌上电脑抛过去,阿喻一把接过,看向他,“说扔就扔,你也不心疼。”

          “反正坏了也是你修。”

          阿喻启动电脑,将手环连接到电脑上,戴着半指手套的手不断敲击着电脑,无数代码在屏幕中划过,不一会儿,电脑上显示出一个红点,阿喻将他距离拉近,显示出红点的具体位置。

         “归兴?这地方有意思,听说那里有养蛊人,不过好像近些年都隐匿起来,没了消息。”阿喻摸摸下巴,眯起眼睛,目光转向伊墨轩身上,“小家伙,你该不会,是想过去吧?”

         伊墨轩点点头,“有点在意。”

         “这样啊,”阿喻饶有兴趣的打量着伊墨轩,这个仿生人倒真的有趣,“不过你要如何去?光靠你自己可不行,说不定连列车都上不去,而且你说的那个叶松也不知是何身份,你这样贸然前去总归是不妥。”

          “我明白,所以我不打算自己一个人去,”伊墨轩将自己的那个联络手环收起,放回兜里,“我打算先弄清叶松的身份,再联系警官,以失踪报案,跟着他们前去。”

          “失踪不满二十四小时报不了案,况且你想如何说服警官与你同行?”白蔡的眼睛还没从书本上挪开,金丝边的眼镜挂在高挺的鼻梁上,细链自然下垂。

           伊墨轩认真的思量起来,白蔡微抬起头,薄唇轻言,“不用警察,我带你去。”

………………TBC

归兴即将启程。

xiaowan33
发发ins找到的古早包酱——和...

发发ins找到的古早包酱——和他的朋友们

发发ins找到的古早包酱——和他的朋友们

b+思索

朋友说这张手抄报令制作者的坑一览无余。

其实画了整个海盗团但是另外两个大头刚好在朋友的画底下,出于某些原因就不发了。

打这些tag的时候感觉好心虚因为真的很丑(飞速爬走)(淡笑并死去)

朋友说这张手抄报令制作者的坑一览无余。

其实画了整个海盗团但是另外两个大头刚好在朋友的画底下,出于某些原因就不发了。

打这些tag的时候感觉好心虚因为真的很丑(飞速爬走)(淡笑并死去)

枳驿
求一下这张图的出处及画手太太...

求一下这张图的出处及画手太太  偶然看到的 


求一下这张图的出处及画手太太  偶然看到的 


Nancheng
锦瑟无端五十弦,一弦一柱思华年...

锦瑟无端五十弦,一弦一柱思华年

有没有扬州妈来一口谷子,本月底就要截啦

锦瑟无端五十弦,一弦一柱思华年

有没有扬州妈来一口谷子,本月底就要截啦

补笔记备考版
有参考模板 好久没画画真的已经...

有参考模板

好久没画画真的已经不会画了orz

有参考模板

好久没画画真的已经不会画了orz

三先生
扬州炒饭,控制 卧床温梅香,嘿...

扬州炒饭,控制

卧床温梅香,嘿嘿,老是开闪躲

扬州炒饭,控制

卧床温梅香,嘿嘿,老是开闪躲

Nancheng
有没有扬州妈来一口美丽谷子!...

有没有扬州妈来一口美丽谷子!

群号:643684546

有没有扬州妈来一口美丽谷子!

群号:643684546

青长松(避世)

【美人組】蝶キスの花

此篇同样受囡囡@青恨 之托,为佛扬/扬佛的安利文章

专门为小太太@meri 翻译的,占tag致歉

原文传送阵https://yuanjunbuhuanmou.lofter.com/post/204eaa7f_1cbeadca3 

若翻译错误,先向太太致歉

(翻訳が間違っていたら、まず奥さんに謝ります)


佛跳牆が空桑少主にどれだけ大切にされているかはほとんど知られていますが、誰も知らないです。彼の心の底に置かれて、一目見て喜ぶのは食魂たちの心の中の宝物ではありません


似ていて気が合うが、交差することは極めて少ない


どの程度少ない...

此篇同样受囡囡@青恨 之托,为佛扬/扬佛的安利文章

专门为小太太@meri 翻译的,占tag致歉

原文传送阵https://yuanjunbuhuanmou.lofter.com/post/204eaa7f_1cbeadca3 

若翻译错误,先向太太致歉

(翻訳が間違っていたら、まず奥さんに謝ります)





佛跳牆が空桑少主にどれだけ大切にされているかはほとんど知られていますが、誰も知らないです。彼の心の底に置かれて、一目見て喜ぶのは食魂たちの心の中の宝物ではありません


似ていて気が合うが、交差することは極めて少ない


どの程度少ないですか? しかし、すれ違った偶然






8月15日の明月は一年の中で最も黒字で清らかな時で、この日も望郷思親の日である


亡くなった師友への思いを抑えきれずにあふれ出し、酒を飲まない揚州チャーハンは初めて酒の香りに染まった


隣の湖のシャンゼリゼはどこかひっそりとしていて、夕焼けのような赤いハロがひっそりと顔に広がっている


ぼんやりした顔をした揚州チャーハンは酒の瓶を握って、ゆっくりと酒を飲んで、思わず何度も咳をした


玉の潤いのある透明な月の光が水のように優しく金衣を包んだ美人は、なだめるように彼の頬と髪の頂上に登った


美人はカーテンを半分垂らし、碧色の瞳はぼんやりと柔らかく、体の息吹は寂しくて冷たい。普段の温和さを取り除いた







酔っていたのか、揚州チャーハンが亭にもたれかかり、清らかで穏やかな声が溶けゆく水とともに出てきた。「君子の身は、寒梅に似ている。 君子の心……」


彼はもうはっきりと酔っていないようで、眉をひそめて、岸のあの金色に輝いているのを遠くから眺めていて、「明月に……」と空の皓月を見上げてはいけない。


彼は自嘲するかのように「心はこうこうこうとしているが、お願いしたいのは……」






あなたは春の花の中にとまらない蝶ですが、私はただ寒雪の中で枝にひっそりと咲いている梅の花です。どうやって……あなたに触れることができますか


小さな酒瓶が彼の指の間から滑り落ち、地面に落ち、粉々になって酒の水が少し落ちて、気絶した涙のようだ


目が覚めるように閉じ、指先が服を横切って垂れ下がり、額の角が亭主の柱に力なくかかっている。眉の間に忍ぶ切ない悲しみ、低い喃は本当に幻聴のようではっきり聞こえない。風に吹かれて岸辺に運ばれる。「佛跳壁……」







夜の風は涼しい感じがして、ほおに伏した髪を軽やかにかき上げ、真っ赤に染まった顔を出して、長い金髪が水に垂れ下がって柔らかい弧を浮かべた


対岸のあの燦金はしばらく沈黙し、静かにため息をついた






どうやって訴えるのか? この感情はどうすればいいですか?


佛跳壁は知らない。彼はカーテンを垂らして遠く離れた揚州チャーハンを見つめているだけで、思いが迷い、苦渋している。私はあなたをどうすればいいですか?


楊舟、楊舟……揚州チャーハン


彼はつぶやいて、唇の歯の間に一枚一枚がその恋人の名前である







きらきらと輝く瞳に夜の霧がかかり、仏が壁を飛び越えて神を失い、亭の中の眠っている顔を見つめ、金色の衣角を持って歩き、かすかにゆらゆらと揺れている


湖に細かい波紋が広がり、オレンジ色の川の灯りがゆらゆらと揺れている。彼は一歩一歩亭の中に向かって歩いて行った。住むところもなくあちこちにいる金色の蝶がついに彼の心の所属を見つけて安堵し、冬の寒さの中で一人でほころびも恐れもしない紅梅を見つけたかのようだ







彼はどうして彼にふさわしいのか……


彼は謙虚な君子で、温和な人柄で、心が蒼生で、すべての人と気が合うようで、こんなに美しい人だ


彼は天の明月で、彼は霜を凌ぎ雪を誇る紅梅で、彼はこんなに高潔で風雅で、彼は触れる勇気がない


しかし、この胸のときめき、彼のアカシアは、すべて彼ですね……







アカシアは役に立たない?


アカシアは役に立たない


……両思いなら、アカシアはこの隔岸を埋めることができるのではないか?









佛跳牆は湖面を渡り、揚州チャーハンのそばに止まって、念願の意中の彼を首を垂れて見に行った


彼は膝を亭の中の休憩に供する横木に当て、両腕を揚州チャーハンの体の横に支え、ゆっくりと身をかがめた







「楊舟……福某はあなたに心を喜ばせて、」


「思考は狂気のようだ。」








明月はドライブのアカシアを笑って嘆く


蝶が彼の花にキスをした

青长松(避世)

【佛揚/揚仏】美人組:鴛鴦債務

此篇受囡囡@青恨 之托,专门为小太太@meri 翻译的,占tag致歉,为安利文

美人组,佛跳墙×扬州炒饭的《鸳鸯债》

原文传送阵https://yuanjunbuhuanmou.lofter.com/post/204eaa7f_2b46e5b13 

若有翻译错误,先向太太致歉

(翻訳が間違っていたら、まず奥さんに謝ります)


共同文章で、最初の言葉は小女の「離玉」から来た


「天怨まず恨まず、人に毒づいて、どうしようもなく両思いになって軽蔑する……叹君卿兮……また振り返るな――!」


佛跳壁は旧家の長男、榎城福公...

此篇受囡囡@青恨 之托,专门为小太太@meri 翻译的,占tag致歉,为安利文

美人组,佛跳墙×扬州炒饭的《鸳鸯债》

原文传送阵https://yuanjunbuhuanmou.lofter.com/post/204eaa7f_2b46e5b13 

若有翻译错误,先向太太致歉

(翻訳が間違っていたら、まず奥さんに謝ります)




共同文章で、最初の言葉は小女の「離玉」から来た


「天怨まず恨まず、人に毒づいて、どうしようもなく両思いになって軽蔑する……叹君卿兮……また振り返るな――!」





佛跳壁は旧家の長男、榎城福公、福家のお坊ちゃん、福州全体の輝く真珠、すべての親友の中のお嬢さんの夢の恋人で、老若男女が彼に感心している


このように風流な花の茂みはまたゆらゆらと揺れる金色の蝶であるが、孤独で俗っぽい紅梅の中に植えられている


彼の心の人生の温文雅は、家の中に落ちた本の香りの息子で、翠眼は江南春雨の中の柔情碧波の緑のようで、「世の中が太平に戻りたい」という悲願を含んでいる


耳たぶの少し翡翠に覆われた籾のように長い髪が豊作の燦金は、仏跳壁に栗色の金髪が映っているのと似ている





福州の茶の花が盛んに咲いて、洛陽牡丹の韻がいくつかあり、ツバキの花会の花見の日も生まれた


佛跳壁は彼の弟容金糸と同行して遊び、にぎやかな人々とともに福建江両岸をつなぐ石橋を踏んだ


坊っちゃんは何層にも重なった群衆を通して、ごちゃごちゃした色彩の中で、梅の枝を引っ張る温雅な息子を見た


翠眸の息子もカーテンを上げていたその時、広大な人の海に一瞬でストリーマ溢れるお坊ちゃんが見えた


この目を向けると、もう万年になる



つまり、無言の一瞬のポーズを顧みて、どこからか女の子が「心を奪われるのを見ると、私はあなたのようにどうして捨てられるのか……」と柔らかい歌声を軽んじている。


仏さんは、ふと揚州チャーハンを見て、なぜか気がつくと目に涙があふれていたと思いました


揚州チャーハンは長い間佛跳壁を見つめていて、涙を浮かべた目が明月の柔らかい弧に曲がっている


前世では、彼らはもともと一対の人だった







秋の深まりには今夕に明かりが灯り、万千祈天灯が星の輝く空に溶け込んで、波がきらきらと輝く水に映っている。長い白い指に揉まれて焼けつくような梅の花が、誰かの心をかきたてているようだ


揚州炒飯は珍しく船の端にゆったりと横臥して、水の中に存在しない明かりを手であぶりに行く。絵のような眉もこの花火の息吹に染まり、唇の角の笑いはもちのように柔らかくて甘い


佛跳牆は相変わらず坊っちゃんの容姿を保ち、端正に彼の前に座って、手にはもうわずかしか残っていない花の酒を執拗に握っている


揚州炒飯の秋水のような瞳を眺めていると、突然、自分はもう酔っていると思い、唇をすぼめて馬鹿になって笑っていた


明かりの柔らかい光が小舟の心の先の柔らかいめちゃくちゃな二人を酔わせた





佛跳壁は突然、いわゆるみんなのいわゆるお坊ちゃんの姿を捨てて、片方の手で板に膝をついて前に傾いた。ちょうど揚州チャーハンが振り返って彼を見て、佛跳壁に片側の頬を抱き、唇の歯に浅くキスをした


杯の中の花醸造は枝の鮮やかな梅の花の上に飛んで落ちて、紅をにじませたような喜紅


花火は瞬く間に打ち上げられ、女の子のかすかな歌声とともに、彼らの両思いを共に引き留めた


波が舟に乗ってギシギシと音を立てて、人の恋を歓呼するようだ


その彼らが顔を合わせた石橋は舟の姿を消し、仏が壁を跳び越えて揚州チャーハンを押し付けキスをし、十指を合わせ、衣を重ね、まるで理路の枝を絡ませているかのようで、気ぜわしいほど優しくなっている


人間の痴情に帰り所ができて、天造地に設置された佳偶も本物になった




今後の二人の付き合いもはっきりと覚えている人はいないが、金糸はよく兄が雲霞から籾に落ちたことを嘆いて、楊舟の小さな息子に心を奪われた






「えっ、聞いたことがありますか? 福公はあの落ちぶれた楊舟と一緒になった!」


「ああ、金枝玉の葉とポンポンのドアジン布、ドアが間違っている、どうして……」


「福公はどうしてあの文人と愛し合うことができますか!」


「何ですか! 二人の男が一緒にいられるなんて! ?」


「彼らはみんな男ですね……」


「はあ、おかしい!」


「不運!」





青花磁器の茶碗は地面に激しく投げつけられ、強い衝撃で地面に触れた時に一瞬にしてバラバラに割れ、破片が飛び散って、容赦なく繊細で白い頬を切った


佛跳牆と揚州炒飯の十指がぴったりとくっついて冷たい地面にひざまずいていて、二人の頬に傷がついてピリピリした痛みと鮮やかな血が流れても、頑固に目を見開いて席の老人を見つめていた


エメラルド色の瞳は、真っ赤で灰色の瞳とまったく同じ断固としており、焚舟で釜を壊す決断を持っており、背筋がまっすぐに伸びて砂漠のポプラのようで、折れない




「あなた! あなた達! ……本当に私を怒らせます!」

両鬓に白い老人は怒りに震え、よれよれの指がよろよろと彼の前でひざまずいている二人を指している


「あなたたちに対する外からの評価を聞きましたか? えっ? !」


「福寿全! あなたは福家長の息子榎城福公です! あなたは男と一緒にいるなんて! ? 私があなたをこんなに大きく引っ張ってくれたのはあなたがこんなに私に恩返ししてくれたのですか? ! えっ? !」


「楊舟! 私はあなたのおじいさんと私が親友であることを読んで、やっとあなたと福寿の全往来を容認して、まさかあなた達が私のこの老人を怒らせるとは思わなかった!」


老人は息を切らして、顔を真っ赤にして咳をしている


「逆です! 本当に罪作りですね。 罪よ!」




隣に縁組みができて、喜びにあふれているのは、おそらく花嫁を乗せた花かごがドアの前に止まって、呗が石を割って雲を流し、高らかに響き渡り、雷が耳元で炸裂したようだ


「はい! いいですね。」


老人は歯を食いしばって、呗の声と目の前の不孝な孫に邪魔されてめまいがして、咳をして大声で「彼らを引き離せ! 福寿を全部彼の部屋に引っ張り出して、私の顔に考えさせてくれ! 楊舟を福家から引き出す!」


「永遠に会えない!」


家来たちは押し合いへし合い、遠慮することなく二人を引き連れた


「放して!」

「放して!」


彼らの手足は家来に引きずられて、どう足掻いても何の役にも立たない。服はよれよれで、柔らかい長髪も乱れて頬側に散らばっている。二人とも狼狽して、人に引っ張られて、ますます遠ざかっている


「楊舟!」

「福寿全う!」





熱い涙が彼らの声とすべての感情を乗せて、地面に落ちて世間に踏みにじられて濁って粉々になった


隣の親戚を迎える呗はわけもなく悲しくなり、泣き叫ぶように泣き、泣き叫ぶように別れを余儀なくされた二人は難航している


絶望のあまり死ぬ









真夏の暑い太陽は火のように灼熱で、空一面の白い紙が次々と舞い上がり、嗚咽の泣きを生んだ


これらのひらひらとした白い紙は沈黙して踊り、雪が飛ぶように一対の人の一生を埋葬した


揚州チャーハンは静かに重い棺の中に横たわっていて、手を合わせて腹部に平らに置いていて、眉をひそめてぬぐえない悲しみを感じていて、顔が青ざめて、無言で彼の白い紙を悼んでいるようだ


一番役に立たないのはアカシアで、一番からかっているのは天意だ


揚州チャーハンがソファで倒れたと聞いて、佛跳壁はあらゆる手段を使って逃げたが、駆けつけた時には白い紙しか見えなかった


楊舟は冬の雪の中に咲く紅梅が一番好きだが、今では艶陽高照、仏跳壁は6月に雪が飛ぶのを見て、冬の日に霜を凌いで雪を誇る紅梅も、ついに真夏に枯れて凋落した




彼の花は死んだ


「孔雀東南飛……あなたと私の結末です……」








悲しい笑い声の中で抑圧された嗚咽よ、血と涙のもがきに耳を傾ける人もいない


埋葬された二胡は悲しげで、声も苦痛で、誰かが涙を流して襟を閉じ、悲しみに暮れているようだ


いつも身だしなみを大切にする佛跳壁は冷たい棺の蓋に風格を顧みずに横たわっていて、乾いてひび割れて真っ白な唇はどうしても少しの弧も引きちぎれない


佛跳墙は長い間、悲しそうに彼の恋人を見つめていた。二胡の肝っ玉が切れた泣き言の中で、顔を伏せて、そっと、優しく孔雀の羽のように、最後に揚州チャーハンにキスをした


ただ連理として生まれ、君世世と夫婦になりたい



瑠璃玉が地面に落ちて、粉々になった












棺は封を決め、埋葬する


容金糸は西洋から帰ってきたばかりで、休憩する暇もなく揚州チャーハンの葬儀哀悼の意を表しに行った


彼は何度も周りを見回したが、依然として見慣れた姿は見られず、埋葬されている棺に視線が落ち、不思議な悲戚を感じた


「兄は……?」


「彼は彼と一緒に行ったよ……」















もう一人の奥さん、お嬢さん:

小女@小女追曦,字涣愿(闭关) 





女の子は、佛跳壁と揚州チャーハンは天造地に設置されたペアだが、誰が誰の轍を踏んだのか嘆いている


当時、佛跳壁は鴻商の金持ちの息子で、小さな料理屋を開いて風変わりな経営をしていた。素晴らしい言動と処世術によって福州全体がよく知られている


揚州チャーハンは声を聞いて拝礼に来た


当時、揚州チャーハンは帝王が自ら授けた御史であり、官吏のために清廉で正直で、庶民に愛され、有名な息子でもあった


揚州チャーハンはチャーハンを注文しました。普通のチャーハンの油っこい炒め物とは異なり、その中のなめらかな味わいは、独特の風味があり、彼自身にとっては、なぜか優しい風雅な感じがしました


彼はしばらく読み始めて料理屋の主人に会いに行った


その人は二階の階段からお金を借りて来て、金色の服と長い髪が彼に似ています。その人は手を上げて耳のほとりの髪を処理して、穏やかで自然な表情で、浅く笑って彼に尋ねました


その馥郁たる香りはゆっくりと広がり、揚州炒飯のそばを駆け巡り、揚州炒飯はこの香りに包まれ、彼が目の前の人に抱き込まれているような錯覚を生んだ


それは息子の楊舟が初めて見にくい少しのノックだっ


だから、仏跳壁は笑って、人の本当の顔が笑いと優しさを持っていることを示していない、揚州チャーハンに投票しました






佛跳壁は揚州チャーハンに一目惚れした


揚州チャーハンの頬ににじんだ臙脂ほど、この世は華やかではない


しかし、彼らの間に隔てられているのは大きすぎて、同じ平度にいることはできません


彼は揚州チャーハンと並んで眉をひそめ、手を携えて老伴しようとしている


佛跳壁は本当にそのために努力して、揚州チャーハンに少しずつ近づいています


そして、天災と人災が一緒に降りかかる











仏跳壁の咳は狼狽し、顔はやつれて様子がない。薄暗いろうそくがゆらゆらと揺れ、ゆらゆらと揺れる像は仏跳壁の咳の音にびっくりし、また彼の危篤な沈黙のようだ


血まみれのハンカチがひらひらと地面に滑り落ちる


金糸を許す声とともに涙があふれ、他人に暖かいろうそくの光はついに闇に消えた








唄と二胡の葬送が揚州チャーハンの邸宅を通った


揚州炒飯はやはり壁を跳び越える薄金の服を着ていて、やせた腕が曲がって枯れ始めた梅の枝を引っ張っていて、無関心な様子はあまりにも穏やかであるようだ


彼は一枚の白い紙も仏跳壁のために送られてきたことがない


翠色の瞳を除いて光がなくなって、ほとんど失明のばらばらのようで、もう何の悲しみも見えなくなった


彼は一人で邸宅の前にたたずんで、ひっそりと葬り去られた棺を見て彼の前に止まった


揚州チャーハンに対する佛跳壁の気持ちは、彼は知っています。揚州チャーハンは佛跳壁に対しても、心を奪われた痴情だからです


揚州炒飯は衣服を整頓し、足取りが軽くて力がないので、すでに封印されていた棺の前にまっすぐ止まった






棺の中に静かに彼の愛が横たわっている


揚州炒飯には金糸の嗚咽を誘う質問も、悲しい葬送曲も聞こえない。彼はただ静かに彼の恋人の骨の前に立って、薄皮がくっついている唇をゆっくりと裂いて、目を刺す血の糸を浮かべた


「歓若憐れむ時、棺は儂のために開かれる!」


その悲しい大酒飲みは風雨の雷のようで、死んで封じられた霊柩を割った


重い棺が大きく開いて、揚州チャーハンはまだみんなが反応していない慌ただしい中で、意味もなく寂しかった棺の中に飛び込んだ


その枝は長い間大切にされていた梅の枝で地面に切れ、紅梅は一面に散って、まるで散ってしまったかのようだ








君と生まれてはいけない、一緒に埋葬して共に死ぬ



「佛跳壁/楊舟、これ以上私たちを引き離すものは何もない」














ノック刀については、小女は一流だ


民国時代の佛揚は、封建思想の根深い束縛を受けて、繭を壊そうとしていた恋人を絞首刑にしたからである


だから、佛跳壁は棺に入り、窒息して揚州チャーハンと一緒に埋葬された

酒堪比诗语

今日奇怪的召唤和一点碎碎念

为什么蓝光蹦出个陆吾然后出来沅白?

今日奇怪的召唤和一点碎碎念

为什么蓝光蹦出个陆吾然后出来沅白?

墨荼玄楓

【蓮揚】無名之下的誓言

蓮揚

OOC

現PA

甜-夢醒了,什麼都沒有

渣手的渣文筆流水帳,略約一分甜

舊文放置(其實都寫完,忘記丟上來)


彼此在無名指下應許著。


I


「起床了——」掀開棉被,感到早晨的冷,迫使你不得不睜開眼,映入瞳孔的是你心心念念的人。

看著蓮華一副震驚模樣,楊舟好笑的伸手捏蓮華鼻頭「睡傻拉。」

蓮華下意識地拉住楊舟手腕,是溫的。

不是那般的冰冷,無論怎麼吶喊,再也回不到那溫暖的溫度。

喃喃自語「不是夢…」


絳眼看著眼中總是帶著淺淺暖意的綠眼,如今好好地在面前,下一秒把整個人拉進懷裡,楊舟措手不及跌入蓮華胸膛。

肌膚傳來的冰涼觸感讓楊舟在被...

蓮揚

OOC

現PA

甜-夢醒了,什麼都沒有

渣手的渣文筆流水帳,略約一分甜

舊文放置(其實都寫完,忘記丟上來)





彼此在無名指下應許著。


I


「起床了——」掀開棉被,感到早晨的冷,迫使你不得不睜開眼,映入瞳孔的是你心心念念的人。

看著蓮華一副震驚模樣,楊舟好笑的伸手捏蓮華鼻頭「睡傻拉。」

蓮華下意識地拉住楊舟手腕,是溫的。

不是那般的冰冷,無論怎麼吶喊,再也回不到那溫暖的溫度。

喃喃自語「不是夢…」



絳眼看著眼中總是帶著淺淺暖意的綠眼,如今好好地在面前,下一秒把整個人拉進懷裡,楊舟措手不及跌入蓮華胸膛。

肌膚傳來的冰涼觸感讓楊舟在被蓮華抱著同時一手努力往棉被那想要拉起蓋著兩人。

沉浸于失而復得的蓮華對若無似有的梅香竄進鼻翼間,卻不以為意著繼續抱著楊舟。



II



「醫生,蓮華他是怎麼了?」飛龍對著醫生問著,卻緊張的握緊俞生手,彷佛俞生才是病人而不是好友蓮華。

「大概是迷走神經性昏厥,適當休息。如果醒來就先把床往上傾斜60度,觀察十分鐘。如果情況允許,還是先觀察住院看看。」

翻翻病歷表後簽下名,醫生對飛龍交代一些事項,一旁的俞生看著躺在床上的蓮華,眼中的擔憂淺顯可見。


待醫生走後,飛龍轉身過來看到俞生那眼中的擔憂,大手覽過俞生臂肩「放心吧!這傢伙會沒事的,畢竟他可是號稱惡鬼呢。估計閻王也不敢收吧!哈哈….」


「但願。」一想到當時情形,俞生是真的嚇到了。

下意識地扣緊飛龍的的手,飛龍撇過頭看到俞生那側臉,恰好俞生餘光瞄到飛龍看著自己,很乾脆的轉過去將額頭抵在飛龍肩胛上,「…不會離開我的,對吧…」


「瞎說什麼呢,我們都走過三十多年頭了,還要再繼續走下個三十年頭,直到我們走不動為止。」

「……嗯,走不動為止。」


III


平常的吃著早餐、散步、聊天,一切的一切總是那麼真實。

真實到蓮華一度以為回到了家鄉。



午後兩人並肩在林下散步著,颯颯風聲,葉子與花瓣抖落,似雨。

楊舟難得調皮往前跑了步後轉向蓮華面前,再花雨中的楊舟依然淺淺笑著,春暉撒在樹椏之間灑落,照映楊舟身上,說著「華。」



看著花雨中楊舟喚著自己名字,走往楊舟方向,蓮華發現自己無法走近楊舟身邊,這令他恐慌了。

伸手想要拉住楊舟「阿舟!」



「我在。」一雙熟悉的溫度的手,正緊緊拉著自己伸出那手,蓮華害怕著這是場夢。

「不要離開我。」卸下了防備,蓮華緊緊抓住那貪戀,像小孩般抱緊不放開。

輕微的歎息「好。真是個傻瓜。」



IV



蓮華非但沒有醒來,頗有繼續睡下去姿態,看著手腕上的表,說著早已超過界線。

「嘖!怎還不醒來?」

雙手抱胸坐在折迭床上,飛龍說歸說還是會偶爾盯著床上的人,坐在一旁俞生好幾次想要開口卻不知從哪裡說起。


V


草色雨露,空氣捎寒著。



在房中開著暖氣,楊舟倚靠在蓮華胸膛上,假寐著;蓮華則是看向外面的天氣,窗戶上玻璃讓雨水拍打聲響、留下痕跡,冷空氣則是讓玻璃成霧面,霧茫茫不給看。

一切都是那麼靜謐。

抱緊了人,蓮華也低頭用側臉抵在楊舟頭頂上,闔上眼;楊舟卻睜開眼,雙手撫上蓮華的手臂。

一直保持著淺笑在蓮華看不到地方,嘴角慢慢從上彎滑落至平,用著唇語說著。



VI



難得放晴,蓮華拉著楊舟外出踏青,楊舟一手牽起髮絲往耳後塞,一邊看著蓮華似乎想要刻畫著。

一同對著山間內吶喊著、相互擁抱著、溪水處互相潑水嘻笑著。


夕薰染了道路,蓮華跟楊舟牽著手徒步看著景色聊天。

走道盡頭的路,若是回頭看,發現夕下的影子僅有蓮華。



停下腳步,楊舟突然抬頭看著蓮華,摸著蓮華臉龐自語「若是你能愛你世界,該有多好。」依舊淺笑著,只是眼中多了一些蓮華讀不懂訊息。

「阿舟你說什麼呢?」蓮華笑笑的,楊舟搖搖頭並伸出左手,右手指著左手無名指,輕啟。

蓮華瞳孔睜大,遠處那股梅香飄來,只見楊舟把頭微微側歪,手貼著蓮華臉龐,踮起腳尖。

蓮華大手托著楊舟後腦,輕閉。


爾後睜眼,街道上僅剩蓮華。


緩緩將左手抬起,看著無名指上那紅線勾勒出長長一條紅線引導著蓮華前進。

循著線走,蓮華走道黑色的空間,倏地整個跌落。

驀地睜開眼,白色天花板跟一旁吵雜聲響,一手撐起上半身,一手扶著額頭。

想到什麼,慌張的左右張望,只見飛龍跟俞生一臉欣喜的看著自己。

低下頭,只見雙手早已不負當年的年輕那般,手掌的留下的痕跡刻畫著,那一刻蓮華明白了,現在這裡是『現實』而剛剛自己只是做了『夢』。


一個思念很久的夢,好讓自己『逃避』。


先是悶笑著無聲哭著,爾後止不住的直接在好友前哭著,宛如迷路小孩那般無助。

飛龍走上前攬過蓮華,拍著背「別哭了,不像你。」

帶著嘶啞說著「飛龍,我見到他….」

飛龍一旁拍背安慰著,俞生還是從口袋中掏出一張照片遞給蓮華眼前「這是楊舟他交代….」

深口氣,俞生繼續說:「他交代要我轉交給你的,只是我從未想到,會隔了這麼久。」

蓮華伸手取著俞生遞過來的照片,照片裡的人笑的總是那麼溫柔去帶著一絲絲愛看著。

背後僅寫了一行字,蓮華顫抖著。

內心卻無聲的大喊著:可是沒你的世界,我無法去愛。

最終,蓮華在照片上用著唇輕碰著後喃喃。


「啊啊…夢醒了,什麼都沒有。」




LOFTER

让兴趣,更有趣

简单随性的记录
丰富多彩的内容
让生活更加充实

下载移动端
关注最新消息