LOFTER for ipad —— 让兴趣,更有趣

点击下载 关闭

LOFTER-网易轻博

辞世诗集

596浏览    120参与
光也「翻译文学bot」

[翻译][驹姬]辞世句

うつヽとも夢とも知ぬ世の中に すまでぞかへる白川の水

幻梦现实皆莫辨,白川澄水世间回。

罪をきる弥陀の剣もかかる身の なにか五つのさわりあるべき

悬身斩罪弥陀剑,五障消解引往生。

うつヽとも夢とも知ぬ世の中に すまでぞかへる白川の水

幻梦现实皆莫辨,白川澄水世间回。

罪をきる弥陀の剣もかかる身の なにか五つのさわりあるべき

悬身斩罪弥陀剑,五障消解引往生。

光也「翻译文学bot」

[翻译][鹤姬]辞世句

わが恋は三島の浦のうつせ貝 むなしくなりて名をぞわづらふ

恋如空贝遗三岛,浮想君名痛叹虚。

わが恋は三島の浦のうつせ貝 むなしくなりて名をぞわづらふ

恋如空贝遗三岛,浮想君名痛叹虚。

光也「翻译文学bot」

[翻译][徹岫宗九]辞世句

殺仏殺祖 遊戯神通 末期一句 猛虎舞空

杀佛杀祖,游戏神通。
末期一句,猛虎舞空。

殺仏殺祖 遊戯神通 末期一句 猛虎舞空

杀佛杀祖,游戏神通。
末期一句,猛虎舞空。

光也「翻译文学bot」

[翻译][寿仙院]辞世句

鳥啼きて今ぞおもむく死出の山 関ありとてもわれな咎めそ

关所勿多盘问我,闻啼今赴死出山。

鳥啼きて今ぞおもむく死出の山 関ありとてもわれな咎めそ

关所勿多盘问我,闻啼今赴死出山。

光也「翻译文学bot」

[翻译][冷泉隆丰]辞世句

みよやたつ雲も煙も中空に さそひし風のすえも残らず

且看云出烟翳起,引风袭去了无残。

みよやたつ雲も煙も中空に さそひし風のすえも残らず

且看云出烟翳起,引风袭去了无残。

光也「翻译文学bot」

[翻译][药师寺元一]辞世句

めいとには能わか衆のありけれは おもひ立ぬる旅衣かな

彼世如存能若众[1],游情可动旅衣披。

注释
[1]能剧中的年轻男性扮演者。(译注)

めいとには能わか衆のありけれは おもひ立ぬる旅衣かな

彼世如存能若众[1],游情可动旅衣披。

注释
[1]能剧中的年轻男性扮演者。(译注)

光也「翻译文学bot」

[翻译][毛利元就]辞世句

友を得て猶ぞうれしき桜花 昨日にかはけふの色香は

得友犹樱自悦喜,色香昨日复今朝。

※これは元就の死に臨んで残した句ではないが、死の三月ほど前に吉田郡山城で詠んだ句である。

此歌不是元就临死遗留,是其逝世三个月前于吉田郡山城所咏之句。

をしむ夜の月は入ても鷲の山 雲よりたかき名やはかくるる

月入鹫山惜夜色,云霄高处美名藏。

※これは元就の句ではないが、彼の死を悼んだ道澄法親王の追悼の句である。

此歌不是元就所作,是道澄法亲王悼念其死而作的追悼之句。

友を得て猶ぞうれしき桜花 昨日にかはけふの色香は

得友犹樱自悦喜,色香昨日复今朝。

※これは元就の死に臨んで残した句ではないが、死の三月ほど前に吉田郡山城で詠んだ句である。

此歌不是元就临死遗留,是其逝世三个月前于吉田郡山城所咏之句。

をしむ夜の月は入ても鷲の山 雲よりたかき名やはかくるる

月入鹫山惜夜色,云霄高处美名藏。

※これは元就の句ではないが、彼の死を悼んだ道澄法親王の追悼の句である。

此歌不是元就所作,是道澄法亲王悼念其死而作的追悼之句。

光也「翻译文学bot」

[翻译][宗像氏贞]辞世句

人として名をかるばかり四十二年 消えてぞ帰るもとの如くに

四十二载功名碌,消散回归又复初。

人として名をかるばかり四十二年 消えてぞ帰るもとの如くに

四十二载功名碌,消散回归又复初。

光也「翻译文学bot」

[翻译][安宅冬康]辞世句

因果とは遙か車の輪の外を 廻るも遠き三芳野の原

因果遥迢车轮外,三芳野上远循环。

因果とは遙か車の輪の外を 廻るも遠き三芳野の原

因果遥迢车轮外,三芳野上远循环。

光也「翻译文学bot」

[翻译][三好义贤]辞世句

草枯らす霜又今朝の日に消えて 報のほどは終にのがれず

枯霜又逝今朝日,罪业终深永不消。

草枯らす霜又今朝の日に消えて 報のほどは終にのがれず

枯霜又逝今朝日,罪业终深永不消。

光也「翻译文学bot」

[翻译][三好长治]辞世句

三好野の梢の雪と散る花を長き春(長治)とやは人のいふらむ

梢雪散花三好野,长春(长治)或有世人传。

三好野の梢の雪と散る花を長き春(長治)とやは人のいふらむ

梢雪散花三好野,长春(长治)或有世人传。

光也「翻译文学bot」

[翻译][宫原景种]辞世句

逃るまじ処を兼て思い切れ 時に至りて涼しかるべし

先前断念逃亡处,时至心凉早预知。

本是岛津日新斋的和歌,宫原景种吟此歌后冲入敌阵讨死,于是代作辞世句。

逃るまじ処を兼て思い切れ 時に至りて涼しかるべし

先前断念逃亡处,时至心凉早预知。

本是岛津日新斋的和歌,宫原景种吟此歌后冲入敌阵讨死,于是代作辞世句。

光也「翻译文学bot」

[翻译][三村元亲]辞世句

人といふ名をかる程や末の露 消えてぞ帰る本の雫に

名为人者同残露,消散终归又化滴。

人といふ名をかる程や末の露 消えてぞ帰る本の雫に

名为人者同残露,消散终归又化滴。

光也「翻译文学bot」

[翻译][右田隆次]辞世句

末の露本の雫に知るやいかに つひに遅れぬ世の習ひとは

残露终知滴水意,不迟最后世因习。

末の露本の雫に知るやいかに つひに遅れぬ世の習ひとは

残露终知滴水意,不迟最后世因习。

光也「翻译文学bot」

[翻译][三浦义意]辞世句

君[1]が代は千代に八千代もよしやただ うつつのうちの夢のたはぶれ

主君治世千年好,如梦滑稽在现实。

注释
[1]指天皇。(译注)

古歌有“我が君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の生すまで”。

我君治世千年里,石子成岩至藓生。

君[1]が代は千代に八千代もよしやただ うつつのうちの夢のたはぶれ

主君治世千年好,如梦滑稽在现实。

注释
[1]指天皇。(译注)

古歌有“我が君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の生すまで”。

我君治世千年里,石子成岩至藓生。

光也「翻译文学bot」

[翻译][三浦义同]辞世句

討つ者も討たるる者も土器よ くだけて後はもとの塊(つちくれ)

胜兵败将皆陶器,破碎终归复土尘。

討つ者も討たるる者も土器よ くだけて後はもとの塊(つちくれ)

胜兵败将皆陶器,破碎终归复土尘。

光也「翻译文学bot」

[翻译][松井康之]辞世句

やすく行道[1]こそ道よ是やこの これそまことのみちに入けり

易行道顺当如是,佛法修为浮世间。

注释
[1]易行道。易行的菩萨道,简捷可至不退转的修行法;难行的菩萨道,勤行进的修行法。(译注)

やすく行道[1]こそ道よ是やこの これそまことのみちに入けり

易行道顺当如是,佛法修为浮世间。

注释
[1]易行道。易行的菩萨道,简捷可至不退转的修行法;难行的菩萨道,勤行进的修行法。(译注)

光也「翻译文学bot」

[翻译][前野长康]辞世句

限りある身にぞあづさの弓張りて とどけまいらす前の山々

手引梓弓凭己力,予君锋矢在前山。

限りある身にぞあづさの弓張りて とどけまいらす前の山々

手引梓弓凭己力,予君锋矢在前山。

光也「翻译文学bot」

[翻译][北条氏政]辞世句 (太閤記)

雨雲のおほへる月も胸の霧も はらひにけりな秋のゆふかぜ(太閤記)

雨云覆月心生雾,秋夕今日复吹风。

雨雲のおほへる月も胸の霧も はらひにけりな秋のゆふかぜ(太閤記)

雨云覆月心生雾,秋夕今日复吹风。

光也「翻译文学bot」

[翻译][北条氏政]辞世句 (関八州古戦録)

我身いま消とやいかにおもふべき 空より来りくうに帰れば(関八州古戦録)

我身消灭如何虑,本自空来又返归。

我身いま消とやいかにおもふべき 空より来りくうに帰れば(関八州古戦録)

我身消灭如何虑,本自空来又返归。

LOFTER

让兴趣,更有趣

简单随性的记录
丰富多彩的内容
让生活更加充实

下载移动端
关注最新消息