LOFTER for ipad —— 让兴趣,更有趣

点击下载 关闭

LOFTER-网易轻博

miki

2149浏览    116参与
ハンミョウ

經典聲優梗。


1.刀劍亂舞 x 薄櫻鬼

[图片]作者:よーちん

總司我懂你!這種從心底湧現的嫌棄感!


[图片]
作者:優起


土方咬牙切齒地說DHN的台詞真的笑死。

突然想看這樣的同人:

DHN跑去撩千鶴,把千鶴撬走。土方你就哭去吧哈哈哈哈哈哈哈。

土方:???


2. 刀劍亂舞 x 鬼滅之刃 x 薄櫻鬼

[图片]
作者:優起


「鬼滅之刃」只拉了有miki出現的那集,彈幕全是老父親之所以那麼虛是因為生娃太多wwwwwww

經典聲優梗。


1.刀劍亂舞 x 薄櫻鬼

作者:よーちん

總司我懂你!這種從心底湧現的嫌棄感!



作者:優起


土方咬牙切齒地說DHN的台詞真的笑死。

突然想看這樣的同人:

DHN跑去撩千鶴,把千鶴撬走。土方你就哭去吧哈哈哈哈哈哈哈。

土方:???


2. 刀劍亂舞 x 鬼滅之刃 x 薄櫻鬼


作者:優起


「鬼滅之刃」只拉了有miki出現的那集,彈幕全是老父親之所以那麼虛是因為生娃太多wwwwwww

ハンミョウ

.//大般若胖丁


[图片]

眾所周知,他中之人唱歌是很好笑的。就軟磨硬泡和他去k歌了。唱的是戀物語的魔性op「木枯らしセンティメント」,然後發現這傢伙其實是隱藏麥霸(…………)。

[鏈接


後續是被kk夢到了。

[图片]

於是涂了個胖丁(是的我手欠)

[图片]

.//大般若胖丁



眾所周知,他中之人唱歌是很好笑的。就軟磨硬泡和他去k歌了。唱的是戀物語的魔性op「木枯らしセンティメント」,然後發現這傢伙其實是隱藏麥霸(…………)。

[鏈接


後續是被kk夢到了。



於是涂了個胖丁(是的我手欠)


ハンミョウ

.//文煉


最後在吉井勇的指環和菊池寬的衣裝之間還是選了換衣裝,菊池寬總算有一件衣服能見人了。指環還要練級,我只想在隔壁當一條鹹魚_(:3」∠)_

[图片]

隔壁全文豪還是挺容易的。
[图片]

.//文煉


最後在吉井勇的指環和菊池寬的衣裝之間還是選了換衣裝,菊池寬總算有一件衣服能見人了。指環還要練級,我只想在隔壁當一條鹹魚_(:3」∠)_

隔壁全文豪還是挺容易的。


ハンミョウ

!!!終於要出文學朗讀CD了!やった!!!← 假粉突然奮起。

[图片]
雖然我更想要miki讀谷崎潤一郎或坂口安吾(文アル是不可能了……),不過菊池寬也聊勝於無,至少比BL抓有意思。說實話我對BL抓沒啥興趣(因為內容很無聊……),之前「山月記」的旁白戲份太少了。

掃了一眼「藤十郎の恋」,題材是我喜歡的,抽空讀一下吧。


話說這期召裝本來想抽吉井勇的指環,結果抽到這套一直很想要的坂口安吾道化師服,也行吧。

[图片]

為什麼菊池寬這套比指環還貴orz
[图片]


*  *  *  *  * ...

!!!終於要出文學朗讀CD了!やった!!!← 假粉突然奮起。


雖然我更想要miki讀谷崎潤一郎或坂口安吾(文アル是不可能了……),不過菊池寬也聊勝於無,至少比BL抓有意思。說實話我對BL抓沒啥興趣(因為內容很無聊……),之前「山月記」的旁白戲份太少了。

掃了一眼「藤十郎の恋」,題材是我喜歡的,抽空讀一下吧。


話說這期召裝本來想抽吉井勇的指環,結果抽到這套一直很想要的坂口安吾道化師服,也行吧。

為什麼菊池寬這套比指環還貴orz



*  *  *  *  *  其實我是來存檔的  *  *  *  *  *  


藤十郎の恋 (小說版)← 應該讀的是這個。

(貼不上來說有敏感詞,神經病啊!)

朗讀


藤十郎の恋 (戲曲版)← 還有一個戲曲版。


人物
 坂田藤十郎     都万太夫座の座元、三が津総芸頭と賛えられたる名人
 霧浪千寿      立女形、美貌の若き俳優
 中村四郎五郎    同じ座の立役
 嵐三十郎      同上
 沢村長十郎     同上
 袖崎源次      同じ座の若女形
 霧浪あふよ     同上
 坂田市弥      同上
 小野川宇源次    同じ座のわかしゅ形
 藤田小平次     同上
 仙台弥五七     同じ座の道化方
 服部二郎右衛門   同じ座の悪人形
 金子吉左衛門    同じ座の狂言つくり
 万太夫座の若太夫  万太夫座の持主
 楽屋頭取
 楽屋番       二、三人
  その他大勢の若衆形、色子など
 宗清の女中大勢
 宗清の女房お梶   四十に近き美しき女房
  その他重要ならざる二、三の人物

 元禄十年頃

 京師四条河原中島

 
第一場 
 

――四条中島都万太夫座の座付茶屋宗清の大広間。二月の末のある晩。都万太夫座の役者たちによって、弥生狂言の顔つなぎの饗宴が開かれている。百目蝋燭の燃えている銀の燭台が、幾本となく立て並べられている。舞台の上手に床の間を後に、どんすの鏡蒲団の上に悠然と座っているのは、坂田藤十郎である。髪を茶筌に結った色白の美男である。下には、鼡縮緬の引かえしを着、上には黒羽二重の両面芥子人形の加賀紋の羽織を打ちかけ、宗伝唇茶の畳帯をしめている。藤十郎の右には、一座の立女形たる霧浪千寿が座っている。白小袖の上に紫縮緬の二つ重ねを着、天鵞絨(やろう)羽織に紫の野良帽子をいただいた風情は、さながら女のごとく艶(なまめ)かしい。二人の左右に、中村四郎五郎、嵐三十郎、沢村長十郎、袖崎源次、霧浪あふよ、坂田市弥、小野川宇源次、藤田小平次、仙台弥五七、服部二郎右衛門、金子吉左衛門などが居ならんでいる。席末には若衆形や色子などの美少年が侍している。万太夫座の若太夫は、杯盤の闇を取り持っている。
幕が開くと、若衆形の美少年が鼓を打ちながら、五人声を揃えて、左の小唄を隆達節で歌う。

唄「人と契るなら、薄く契りて末遂げよ。もみじ葉を見よ。薄きが散るか、濃きが散るか、濃きが先ず散るものでそろ」
(歌い終ると、役者たち拍手をして慰(ねぎら)う。下手の障子をあけ、宗清の女中赤紙の付いた文箱を持って出る)

女中 藤十郎様にお文がまいりました。

若太夫 (中途で受取りながら)火急の用と見える。(藤十郎に渡す)

藤十郎 (受取りて)おおいかにも、火急の用事と見えまする。ちょっと披見いたしまする。皆の衆御免なされませ。なになに漣子(れんし)どの、巣林(そうりん)より、さて近松様からの書状じゃ。(口の中に黙読する、最後に至りて声を上げる)こんどの狂言われも心に懸り候ままかくは急飛脚をもって一筆呈上仕り候。少長どのに仕負けられては、独り御身様の不覚のみにてはこれなく、歌舞伎の濫觴(らんしょう)たる京歌舞伎の名折れにもなること、ゆめゆめご油断なきよう御工夫専一に願い上げ候。(しばらく考えてまた読み返す)京歌舞伎の名折れにもなること、うむ! なんの仕負けてよいものか。ははは……が、近松様も、この藤十郎を思わるればこそ、いかい御心労じゃ。

千寿 (言葉も女の如く)さようでござりますとも、こんどの狂言には、さすがの近松様も、三日三晩、肝胆を砕かれたとのことじゃ。ほんに、仇やおろそかには思われぬわいのう。

弥五七 (道化方らしく誇張した身振りで)さればこそ前代未聞の密夫(みそかお)の狂言じゃ。傾城買(けいせいかい)にかけては日本無類の藤十郎様を、今度はかっきりと気を更えて、密夫にしようとする工夫じゃ。傾城買の恋が春の夜の恋なら、これはきつい暑さの真夏の恋じゃ。身を焦がすほど激しい恋じゃ。

四郎五郎 夏の日の恋というよりも、恐ろしい冬の恋じゃ。命をなげての恋じゃ。

三十郎 命がけの恋じゃとも。まかり違えば、粟田口で磔(はりつけ)にかからねばならぬ恐ろしい命がけの恋じゃ。

源次 昨日も宮川町を通っていると、われらの前を、香具売(こうぐうり)らしい商人が二人、声高に話して行く。傾城買の四十八手は、何一つ心得ぬことのない藤十郎様が、密夫の所作を、どなに仕活(しいか)すか、さぞ見物衆をあっといわせることだろうと、夢中になっての高話じゃ。

長十郎 藤十郎の紙衣姿(かみこすがた)も、毎年見ると、少しは堪能し過ぎると、悪口をいいくさった公卿衆(くげしゅ)だちも、今度の新しい狂言にはさぞ駭(おどろ)くことでござりましょう。

二郎右衛門 それにしても、春以来大入り続きの半左衛門座の中村七三郎どのに、今度の狂言で一泡吹かせることができると思うと、それが何よりもの楽しみじゃ。半左衛門座に引付けられた見物衆の大波が、万太夫座の方へ寄せ返すかと思うと、それが何よりの楽しみじゃ。

四郎五郎 そうは申すものの、新しい狂言だけに、藤十郎様の苦心も、並大抵ではあるまい。昔から、衆道のいきさつ、傾城買、濡事(ぬれごと)、道化と歌舞伎狂言の趣向は、たいていきまっていたものを、底から覆すような門左衛門様の趣向じゃ。それに京で名高い大経師(だいきょうじ)のいきさつを、そのまま取入れた趣向じゃもの、この狂言が当らないで何としようぞのう。

若太夫 (得意になりながら)四郎五郎様のいわれる通りじゃ。(藤十郎の前に、いざり寄りながら)前祝いに、もう一つ受けて下されませ。傾城買の所作は、日本無類の御身様じゃが、道ならぬ恋のいきかたは、また格別の御趣向がござりましょうな。ははは。

藤十郎 (役者たちの談話を聴いている頃から、だんだん不愉快な表情を示し始めている。若太夫の差した杯を、だまったまま受けて飲み乾す)

千寿 (藤十郎の不機嫌に気が付いて、やや取りなすように)ほんに、若太夫のいう通り、藤十郎様にはその辺の御思案が、もうちゃんと付いているはずじゃ。われらなどただ藤十郎様を頼りにして、傀儡(くぐつ)のように動いていけばよいのじゃ。

若太夫 (千寿の取りなしに力を得たように)今度の狂言に比べますと、大当りだという傾城(けいせい)浅間ヶ嶽の狂言などは、浅はかな性もない趣向でござりまする。密夫の狂言とはさすがは門左衛門様でござりまする。それに付けましても、坂田様にはこうした変った恋の覚えもござりましょうな。はははは……。

藤十郎 (先刻から、ますます不愉快な悩ましげな表情をしている。若太夫の最後の言葉に傷つけられたようにむっとして)さようなこと、なんのあってよいものか。藤十郎は、生れながらの色好みじゃが、まだ人の女房と懇(ねんご)ろした覚えはござらぬわ。

若太夫 (座興のつもりでいったことを真っ向から、突き放され、興ざめ黙ってしまう)

千寿 (再び取りなすように)ほんに、坂田様のいわれる通りじゃ、この千寿とても、主ある女房と懇ろしたことはないわいな。

他の役者たち (皆一斉に笑う)……。

弥五七 それは誰とても同じことじゃ。女旱(ひで)りがすれば格別、主ある女房にいい寄って、危い思いをするよりも宮川町の唄女(うたいめ)、室町あたりの若後家、祇園あたりの花車(かしゃ)、四条五条の町娘、役者の相手になる上臈(じょうろう)たちは、星の数ほどあるわ。ははは。

源次 だがのう。一盗(とう)二妾(しょう)三婢(ひ)四妻(さい)というて、盗み食いする味は、また別じゃというほどに、人の女房とても捨てたものではない。

長十郎 さては、そなたには覚えがあるとみえる。

源次 何の覚えがあってよいものか。だがのう、磔が恐ければ、世に密夫の沙汰は絶えようものを、絶えぬ証拠は、今度の狂言に出るおさん茂右衛門じゃ。色事の道はまた別じゃ。はははは。

若太夫 (自分の悄気(しょげ)たことを、隠そうとして)座が淋しい。さあ……若衆たち、連舞(つれまい)なと舞わしゃんせ。

三四人の若衆 あいのう。(立って舞い始める)

藤十郎 (黙々として、ひそかに狂言の工夫をめぐらすごとき有様なりしが、一座の注意が連舞にひかれたる間に、ひそかに座を立つ。正面の障子をあけて、静かに廊下に出ず)

(若衆たちは、舞いつづけている。鼓の音が、激しく賑かになる。役者たちも、浮かれ気味になる)

弥五七 (おかしき様子にて立ち上りながら)わしも連舞の群に入ろうぞ。

四郎五郎 美しき若衆たちと、禿げた弥五七どの。これは一段と面白い取合わせじゃ。鼓はわしが打とうぞ。

(若衆たちと一緒に、弥五七道化たる身振りにて舞う。皆笑いさざめくうちに、舞台回る)

 
第二場 
 

宗清の離座敷。左に鴨の河原の一部が見える。右に母屋の方へ続く長い廊下がある。絹行燈の光が美しい調度を艶(なまめ)かしく照らしている。
幕が開くと、藤十郎は右の廊下を、腕組みをしながら歩いて来る。時々、立止まって考える。廊下の柱にもたれて考える。またまた、二、三歩、歩みながら、簡単な所作の形を付けてみたりする。ようやく座敷に来る。障子を開けて、人はおらぬかと確かめた後静かにはいる。懐中から書抜きを取出す。

 

藤十郎 (書抜きを読みながら形を付けてみる)かくなり果つるからは、たとい水火の苦しみも……。(工夫付かざるごとく、書抜きを投げ出して考え始める。立って女の手を取るごとき形をしてみる。また書抜きを開いてじっと見詰める)死出三途(ず)の道なりとも、御身とならば厭わばこそ……(また絶望したるごとく、書抜きを投げ捨てて頭を抱えて沈思する。気を更えて立ち上り、無言にて動いてみる。工夫ついに付かざるごとく、後へ手を突いて座りながら、低い嘆息の言葉をもらす。とうとう工夫を一時中止したるごとく、床の間に置いてあった脇息を手を延ばして取り、それに右の肱をもたせながら、身を横にする)

(しばらく何事もない。母屋の大広間で打っている鼓の音や、太鼓の音などが、微かに聞えてくる。藤十郎は、静かに目を閉じる。ふと廊下に人の足音が聞える。藤十郎は、ちょっと目を開き、また書抜きを顔に当て、寝た振りをしてしまう。廊下に現れたのは、宗清の女房お梶である。足早に近づくと、何の会釈もなく障子を開ける。藤十郎の姿を見て駭(おどろ)く。)

お梶 あれ、藤様(とうさま)でござりましたか。いかい粗相をいたしました。御免下さりませ。(すぐ去ろうとする。ふと、気が付いたるごとく)ほんとに女子供の気の付かぬ。このように冷える所で、そうしてござっては、御風邪など召すとわるい、どれ、私が夜の具(もの)をかけて進ぜましょう。(部屋の片隅の押入れから夜具を出そうとする)

藤十郎 (宗清の女房であると知ると、起き直って居ずまいを正しながら)おおこれは、御内儀でありましたか。いかい御造作じゃのう。

お梶 何の造作でござりましょう。さあ横になってお休みなさりませ。

(藤十郎はふと、お梶の顔を見る。色のくっきりと白い細面に、眉の跡が美しい。最初は恍然としていた藤十郎の瞳が、だんだん険しく険しくなってくる。お梶は、藤十郎の不思議な緊張に、少しも気付かぬように、羽二重の夜具を藤十郎の背後からふうわりと着せる)

お梶 さあ、お休みなさりませ。あっちへ行ったら、女どもに水なと運ばせましょうわいな。(何気なく去ろうとする)

藤十郎 (瞳がだんだん光って来る。お梶の去るのを、じっと見ていたが、急に思い付いたように後から呼びかける)お梶どの。お梶どの。ちと待たせられい。

お梶 (ちょっと駭いたが、しかし無邪気に)なんぞ御用があってか。(と座る)

藤十郎 (夜具を後へ押しやりながら)ちと、御意(ぎょい)を得たいことがあるほどに、もう少し近く来てたもらぬか。

お梶 (少し不安を感じたるごとく、もじもじし、あまり近よらない。やはり無邪気に)改まってなんの用ぞいのう。おほほほほほ。

藤十郎 (低いけれども、力強い声で)ちと、そなたに聞いてもらいたい子細があるのじゃ。もう少し、近う進んでたもれ。

お梶 藤様(とうさま)としたことが、また真面目な顔をしてなんぞ、てんごうでもいうのじゃろう。(いざり寄りながら)こう進んだが、なんの用ぞいのう。

藤十郎 (全く真面目になって)お梶どの、今日は藤十郎の懺悔(ざんげ)を聴いて下されませぬか。この藤十郎は二十年来、そなたに隠していたことがあるのじゃ。それを今日はぜひにも聴いてもらいたいのじゃ、思い出せば古いことじゃ、そなたが十六で、われらが二十の歳の秋じゃったが、祇園祭の折に、河原の掛小屋で、二人一緒に連舞(つれまい)を舞うたことがあるのを、よもや忘れはしやるまいなあ。(じっとお梶の顔を見詰める)

お梶 (昔を想うごとく、やや恍然として)ほんにあの折はのう。

藤十郎 われらがそなたを見たのは、あの時が初めてじゃ。宮川町の唄女のお梶どのといえば、いかに美しい若女形でも、足元にも及ぶまいと、かねがね人々の噂には聞いていたが、始めて見れば聞きしに勝るそなたの美しさじゃ。器量自慢であったこの藤十郎さえ、そなたと連れて舞うのは、身が退けるほどに、思うたのじゃ……。(じっと、さし俯(うつむ)く)

お梶 (顔を火のごとく赤くしながら、さし俯いて言葉なし)

藤十郎 (必死に緊張しながら)その時からじゃ、そなたを、世にも希なる美しい人じゃと思い染めたのは。

お梶 (さし俯きながら、いよいようなだれて、身体をかすかに、わななかせる)……。

藤十郎 (恋をする男とは、どうしても受取れぬほどの澄んだ冷たい目付きで、顔さえもたげぬ女を、刺し通すほどに鋭く見詰めながら、声だけには、激しい熱情に震えているような響きを持たせて)そなたを見初めた当座は、折があらばいい寄ろうと、始終念じてはいたものの、若衆方の身は、親方の掟が厳しゅうてなあ。寸時も己が心には、委せぬ身体じゃ。ただ心だけは、焼くように思い焦がれても、所詮は機を待つよりほかはないと、思い諦めている内に、二十の声を聞かずに、そなたはこの家の主人、清兵衛どのの思われ人となってしまわれた。その折われらが無念は、今思い出しても、この胸が張り裂くるように、苦しゅうおじゃるわ。(こういいながら、藤十郎は座にも堪えぬげに身悶えをして見せる。が、彼の二つの瞳だけは爛々たる冷たい光を放って、女の息づかいから様子を恐ろしきまでに、見詰めている)

お梶 (やや落着いたごとく、顔を半ば上げる。一旦、蒼ざめ切ってしまった顔が、反動的にだんだん薄赤くなっている。二つの瞳は火のごとく凄じい)……。

藤十郎 (言葉だけは熱情に震えて)人妻になったそなたを、恋い慕うのは、人間の道ではないと心で強う制統しても、止まらぬは凡夫の思いじゃ。そなたの噂をきくにつけ、面影を見るにつけ、二十年のその間、そなたのことを、忘れた日はただ一日もおじゃらぬのじゃ。(彼は舞台上の演技にも、打ち勝つほどの巧みな所作を見せながら、しかも人妻をかき口説く恐怖と不安を交えながら、小鳥のごとく竦(すく)んでいる女の方に詰めよせる)が、この藤十郎も、たとい色好みといわるるとも、人妻に恋しかけるような非道なことはなすまじいと、明暮燃えさかる心を、じっと抑えて来たのじゃが、われらも今年四十五じゃ。人間の定命(じょうみょう)はもう近い。これほどの恋を……二十年来忍びに忍んだこれほどの恋を、この世で一言も打ち明けいで、いつの世誰にか語るべきと、思うにつけても、物狂おしゅうなるまでに、心が乱れ申してかくの有様じゃ。のう、お梶どの、藤十郎をあわれと思召さば、たった一言(こと)情ある言葉を。なあ! お梶どの。(狂うごとく身悶えしながら、女の近くへ身をすり寄せる。が、瞳だけは刃のように澄み切っている)

お梶 わ……っ。(といったまま泣き伏してしまう)

藤十郎 (泣き伏したお梶を、じっと見詰めている。その唇のあたりは、冷たい表情が浮かんでいる。が、それにも拘らず、声と動作とは、恋に狂うた男に適わしい熱情を持っている)のうお梶どの。そなたは、藤十郎の嘘偽りのない本心を、聴かれて、藤十郎の恋を、あわれと思わぬか。二十年来、忍びに忍んで来た恋を、あわれとは思(おぼ)さぬか。さりとは、強いお人じゃのう。

お梶 (すすり泣くのみにて答えず)……。

(二人ともおし黙ったままで、しばらくは時刻が移る。灯を慕って来た千鳥の、銀の鋏を使うような声が、手に取るように聞えて来る)

藤十郎 (自嘲するがごとく、淋しく笑って)これは、いかい粗相を申しました。が、この藤十郎の切ない恋を情(つれ)なくなさるとは、さても気強いお人じゃのう。舞台の上の色事では、日本無双の藤十郎も、そなたにかかっては、たわいものう振られ申したわ。ははははははは。

お梶 (ふと顔を上げる。必死な顔色になる。低い消え入るような声で)それでは藤様、今おっしゃったことは皆本心かいな。

藤十郎 (さすがに必死な蒼白な面をしながら)なんの、てんごうをいうてなるものか。人妻に言寄るからは命を投げ出しての恋じゃ。(浮腰になっている。彼の膝が、微かに震える)

(必死の覚悟を定めたらしいお梶は、火のような瞳で、男の顔を一目見ると、いきなりそばの絹行灯の灯を、フッと吹き消してしまう。闇のうちに恐ろしい躊躇と沈黙が、二人の間にある。お梶は身体を、わなわな震わせながら、男の近づくのを待っている。藤十郎の目が上ずってしまって、足がかすかに震える。ようやく立ち上るとお梶の方へ歩みよる。お梶必死になるが、藤十郎は、そのそばをするりと通りぬけて、手探りに廊下へ出る)

お梶 (男の去らんとするに、気が付いて)藤様(とうさま)! 藤様!(と低く呼びながら、追い縋(すが)ろうとする)

(藤十郎、お梶の追うのに気付いて、背後の障子を閉める。お梶障子に縋り付いたまま身を悶えつつ泣き崩れる。藤十郎やや狼狽しながら、獣のごとく早足に逃げ去る。お梶の泣く声に交じるように千鳥の声が聞える)

 
第三場 
 

第二場より七日ばかり過ぎたる一日。都万太夫座の楽屋。上手に役者たちの部屋部屋の入口が見える。その中でいちばん目立つのは梅鉢の紋の付いた暖簾のかかった藤十郎の部屋である。真ん中に楽屋番の部屋がある。下手に万太夫座の舞台に通ずる出入口がある。浅黄の暖簾が垂れている。あちらの舞台にては幕が開く前と見え、鼓と太鼓と笛の音が継続して聞える。幕が開くと、狂言方や下回りの役者たちが、五、六人左右に忙しく行き交う。楽屋番が、衣裳、腰の物などを、役者の部屋へ運んで行く。
万太夫座の若太夫が、藤十郎の部屋から出てくる。出合頭に頭取と挨拶する。

頭取 おめでとうござんす。今日も明六つの鐘が鳴るか鳴らぬに、木戸へはいっぱいの客衆でござりまする。

若太夫 めでたいのう。ほんに藤十郎どのじゃ。密夫(みそかお)の身のこなしが、とんとたまらぬと京女郎たちの噂話じゃ。

頭取 これでは、半左衛門の人々も、あいた口が、閉(ふさ)がらぬことでござりましょう。この評判なら百日はおろか二百日でも、打ち続けるは定(じょう)でござりまするのう。

若太夫 なんにしてもめでたいことじゃのう。楽屋中よく気を付けてのう。粗相のないようにのう。こんな大入りの時に限って、火事盗難なぞの過ちがありがちでのう。

頭取 へいへい合点でござりまする。

(二人左右に別れる。下手の出入口から、丁稚を連れた手代風の男が入って来る)

手代風の男 (頭取を呼びかけて)ああもしもし。藤十郎様のお部屋はどこでござりまするか。

頭取 どちらからじゃ。お部屋はすぐここじゃが。

手代風の男 四条室町の備前屋の手代でござりまする。

頭取 おお室町の大尽のお使いでござりまするか。さあ! お通りなさりませ。左から二つ目の部屋じゃ。

手代風の男 なるほどな、梅鉢の紋が付いておりますのう。

(手代風の男、藤十郎の部屋へはいって行く。藤十郎の部屋のすぐ隣から、大経師以春に扮した中村四郎五郎と召使お玉に扮した袖崎源次とが出て来る)

四郎五郎 (源次の袖を捕えながら、ちょっと所作をして)どうも、お前にじゃれかかるところが、うまく行かぬのでのう。今日は三日目じゃが、まだ形が付かぬでのう。昨日藤十郎どのに、教えを乞うてみると、自分で工夫が肝心じゃと、いわしゃれた。さあ、幕の開く前に、もう一度稽古に付き合うてたもらぬか。

源次 おお安いことじゃ。何度でも付き合おう。藤十郎どのに、工夫を尋ねるといつも、強(きつ)い小言じゃ。みんな自分で工夫せいとはあの方の決まり文句じゃ。

四郎五郎 おお一昨年のことじゃ、山下京右衛門が、江戸へ下る暇(いとま)乞いに藤十郎どのの所へ来て、わがみも其許(そこもと)を万事手本にしたゆえに、芸道もずんと上達しましたといわれると、藤十郎どのはいつものように、ちょっと顔を顰(しか)められたかと思うと、「人の真似をする者は、その真似るものよりは必定劣るものじゃ。そなたも、自分の工夫を専一にいたされよ」とにこりともせずに真っ向からじゃ。あの折の京右衛門どののてれまき方を、思い出すと今でも可笑(おか)しくなるのじゃ。

源次 藤十郎どのから、お小言を食わぬ前に、もう一工夫してみよう。

四郎五郎 (急に芝居の身振りをなし)これさ、どっこいやらぬ。本妻の悋気(りんき)と饂飩(うどん)に胡椒(こしょう)はおさだまり、なんとも存ぜぬ。紫色はおろか、身中(みうち)が、かば茶色になるとても、君ゆえならば厭わぬ。

源次 (応じて芝居の身振りをしながら)どうなりとさしゃんせ。こちゃおさん様にいうほどに。あれおさん様、おさん様。

四郎五郎 (やはり身振りを続けながら)やれやかましいその外おさんわにの口、口のついでに口々。(急に役者に立ち返りながら)どうもここのところが、うまく行かぬのじゃ。

(芝居茶屋の花車女に案内され、若き町娘下手の入口より入って来る)

花車女 おお源次さま。ちょうどよいところじゃ、それそれこの間ちょっとお耳に入れた東洞院(とうのとういん)の近江屋のお嬢様でござりまする。

源次 (四郎五郎に、気兼ねをしながら)もう、幕が開(あ)きますほどに、またして下さりませ。

花車女 ほんに情けないことを、いわれますのう。せっかく楽屋まで、来られましたのに、ちょっと言葉なりと交して下さりませ。

源次 (もじもじしながら、娘に対して)ほんに、ようお出でなさりました。

町娘 (同じく恥じらいながら、黙って頭を下げる)

花車女 さあちょっと私の茶屋まで、入らせられませい。ほんのちょっとじゃ。手間はとらせませぬほどに。

源次 そうはしておられませぬわい。もうすぐ開きまする。

花車女 なんのまだ開きまするものかいのう。さあござりませ。(無理に源次の手を取りて、下手の入口より娘を伴うて去る)

(助右衛門に扮した仙台弥五七、手代丁稚に扮した三、四人の俳優と揃うて、右手より出て来る)

甲   この頃の娘は、油断がならぬことじゃ。役者を慕うて楽屋まで、のめのめとはいって来る。

乙   それにしても、袖崎どのは果報じゃ。男知らずの町娘から、あのように慕われては、まんざら憎うはあるまい。はははは。

丙   それにしても、見物人のどよみよう。小屋が、割れるような大入りと見える。

四郎五郎 (相手の源次を失うて、ぼんやり立っていたが)江戸の少長に、この大入りの様子が見せたいのう。

弥五七 ほんとにそうじゃ。この狂言に比べると、浅間ヶ嶽の狂言などは、子供だましじゃ。

四郎五郎 浅間ヶ嶽に立つ煙もだんだん薄うなって行くのじゃ。はははは。

(霧浪千寿、美しいおさんに扮して、部屋から出て来る。金剛が付いている)

弥五七 昨日ちょっとある所で、聞いた噂じゃが、藤十郎どのは、今度の狂言の工夫に悩んだ揚げ句、ある茶屋の女房に恋をしかけ、密夫(みそかお)の心持や、動作(しぐさ)の形を付けたということじゃが、真実(ほんとう)かのう。

四郎五郎 わしは、しかとは知らぬが、千寿どのは、聞いたであろう。その噂は真実かのう。

千寿 そんな噂は、わしも人伝(ひとづて)には聞いたがのう。藤様は、口をつぐんで何もいわれぬのでのう。が、あの宗清で顔つなぎの酒盛があった晩のことじゃが、藤様は狂言の工夫に屈託して、酒盛の席を中座され、そなたたちは、追々酔いつぶれて、別間へ退かれた後のことじゃのう。藤様が、蒼い顔して、息を切らせながら、酒宴の席へ帰って来られると、立てつづけに、大杯で三、四杯呷(あお)ってからいわれるのに、「千寿どの安堵めされい。狂言の工夫が付き申した」と、いわれたが、平生の藤様とは思われぬほどの恐い顔付きじゃったが、あの晩に……。(と千寿が首を傾けているとき、下手の入口から宗清のお梶が、ひそかに入って来るのに気がついて、口をつぐむ)

弥五七 (役者の道化振りを発揮して)これは、これはお梶どの。ようおいでなされました。ちょっとお尋ねしまする。藤十郎どのが、狂言の稽古の相手はあなた様ではござりませぬか。

お梶 (緊張しながら、しかもつつましやかに)なんでござりまする。藪から棒のお尋ねでござりまするのう。

弥五七 (やはり道化た身振りで)藤十郎どのが、今度の狂言の稽古に、人の女房に偽りの恋をしかけ、靡(なび)くと見て、逃げたとのことでござりまする。もしやお心当りがござりませぬか。

お梶 (つつましやかに、態度をみださず)偽りにもせよ、藤十郎様の恋の相手に、一度でもなれば、女子に生まれた本望でござりますわい。

弥五七 よくぞ仰せられた。ははは。

千寿 (やや取りなすように)ほんに、日頃から貞女の噂高いそなたでなければ、さしずめ疑いがかかるところでござりますのう。楽屋へ御用でござりまするか。さあお通りなさりませ。

お梶 あのう、嵐三十郎様に、お客様からの言伝(ことづて)を。

千寿 さようでござりまするか。さあ、お通りなさりませ。

(お梶、会釈して通り過ぎる。役者の部屋の方へ行かんとして、部屋を立ち出でたる藤十郎と顔を合わす。二人とも、瞬間的に立ち竦(すく)む。お梶ちょっと目礼して行き過ぎる。藤十郎、しばらく後姿を見詰むる)

四郎五郎 (藤十郎の立ち出でたるを見て)今も、そなた様の噂をしてじゃ。今度の狂言について、楽屋の内外に広がった噂を、ご存じか。

藤十郎 (座元らしい威厳を失わないで)一向聞きませぬな。

弥五七 噂の本尊のそなた様が知らぬとは、面妖な。

千寿 藤様にはいわぬがよいわいな。

弥五七 いわいでも、いつかは知れることじゃ。藤十郎様、お聞きなさりませ。今度の狂言の工夫にそなた様がある人妻に恋をしかけたとの噂じゃ。

藤十郎 (快活に笑って)埒(らち)もない穿鑿(せんさく)じゃ。いつぞやも、わしが嵐三十郎の手負武者を介抱すると、あまり手際がよいというて、やれ藤十郎は外科の心得があるなどとやかましい沙汰じゃ。心得がのうても、心得のあるように真実に見せるのが、役者の芸じゃ。油売りになれば、油売った心得がのうても、油売りになって見せるのは芸じゃ。密夫の心得がのうて、密夫の狂言ができねば、盗人の心得がのうては、盗人の狂言はできぬ訳合いじゃ。公卿衆になった心得がのうては、舞台の上で公卿衆にはなれぬ訳合いじゃ。埒もない沙汰じゃ。口性(くちさが)ない京童(きょうわらべ)の埒もない沙汰じゃ。そのような沙汰が伝わっては、藤十郎の身近にいる人様のお内儀に、どのような迷惑をかけようとも計られぬわ。かまえて、打ち消して下さりませ。

千寿 ほんに藤様がいわれる通りじゃ。

弥五七 さすがは藤十郎様じゃ。なるほどなあ。心得がのうては狂言ができぬとなれば、役者は上は摂政関白から下は下司下郎のはしまで、一度はなって見なければ役者にはなれぬはずじゃ。なるほどなあ。

手代風の男 (藤十郎の部屋から出て来て)それでは、失礼いたしますでござりまする。

藤十郎 御苦労でござりました。大尽様に、よう礼をいうて下さりませ。

(手代風の男丁稚とともに去る。幕の開くこといよいよ近くなりしと見え、道具方楽屋方等の往復繁くなる)

藤十郎 (千寿を顧みて)千寿どの。あの闇の中で、そなたと初めて手を取り合うとき、今少し逆上した風を見せてたもらぬか。女はあのようなときは、男よりも身も世もあらぬように逆上するものじゃほどにのう。

千寿 (素直に)あいのう、合点じゃ。今日は作者の門左衛門様も、御見物じゃほどに、一段心を込めてみますわいのう。

藤十郎 さあ、もう幕が開くに程もあるまい。

(千寿の手を取りて行かんとす。急に、楽屋が騒ぎ出す。「自害じゃ。自害じゃ。女の自害じゃ」と道具方や下回りの役者たち、役者の部屋の方へ駆け込む)

頭取 (あわてて駆け込みながら)ああ、声を立ててはならん。見物が騒ぎ出すと、舞台の方がめちゃくちゃじゃ。静かに、静かに。(皆の後から奥の方へはいる)

弥五七 (やっぱり道化方らしいやや上ついた態度で)はて面妖な。自害、しかも女の自害とは。楽屋には、牝猫一匹おらぬはずじゃがのう。

千寿 (同じく不思議そうに)女の自害! はて女の自害! 

藤十郎 (思い当ることあるごとく、やや蒼白になりながら黙っている)……。

(道具方楽屋番など、お梶の死体を担いで来る。口々に「宗清のお内儀じゃ」という)

千寿 (駭(おどろ)いて駆け寄りながら)なに! 宗清のお内儀! (ふと気が付いたように、藤十郎の方を振り返る)……。

藤十郎 (千寿の振り返った目を避くるように、目をそらしている)……。

弥五七 いかにも宗清のお内儀じゃ。短刀で胸の下をたった一突きじゃ。

四郎五郎 今ここで話して行かれたのに、瞬く間の最期じゃ。藤十郎様、御覧なされませ、いかな子細かは分かりませぬが、女子には希な見事な最期じゃ。

藤十郎 (引き付けられたように、歩み寄りながら、じっと死顔に見入る。言葉なし)……。

若太夫 (息せきながら、駆け込んで来る)何事じゃ。何事じゃ。なに女の自害! やあ宗清のお内儀じゃ。いかな子細かも知らぬが、なにも万太夫座の楽屋で、自害せいでもよいのを。

千寿 ほんに、楽屋に死にに来ないでも。(ふと、藤十郎の顔を見て黙る)……。

弥五七 こんな不吉なことが、世間に知れると、せっかく湧き立った狂言の人気に、傷が付かぬものでもない。

若太夫 ほんにそれが心配じゃ。皆様、他言は無用にして下されませ。

藤十郎 (黙って死骸を見詰めていたが、急に気を変えて)なんの心配なことがあるものか。藤十郎の芸の人気が女子一人の命などで傷つけられてよいものか。(千寿の手を取りながら)さあ、千寿どの舞台じゃ。

千寿 (真実の女のごとくやさしく)あいのう。

藤十郎 (つかつかと舞台の上へ急いだが、また引返して死体を一目見、ついに思い決したるごとく、退場す。同時に幕の開く拍子木の音が聞えて静かに幕が下る)

――幕―― 


东方大白猪
送高客至三田三田仰望碧空蓝,空...

送高客至三田
三田仰望碧空蓝,
空闻鸟声无人踪。
偶有飞车绝迹去,
徒留路边一树栗。

送高客至三田
三田仰望碧空蓝,
空闻鸟声无人踪。
偶有飞车绝迹去,
徒留路边一树栗。

愛抓抓噠大姨媽

_(:з」∠)_晒一小波个人收藏的间之楔动画、ドラマCD和磁带  以及其他藏品。对老物爱的深沉啊啊啊~~~~尤其是第一张真正意义上的耽那个美抓「鼓ヶ淵」惊为天人!三ツ矢雄二在最后的一声轻喘太美……    顺便晒晒俺的大本命!三木眞一郎的经典抓~~~(≖‿≖)✧

_(:з」∠)_晒一小波个人收藏的间之楔动画、ドラマCD和磁带  以及其他藏品。对老物爱的深沉啊啊啊~~~~尤其是第一张真正意义上的耽那个美抓「鼓ヶ淵」惊为天人!三ツ矢雄二在最后的一声轻喘太美……    顺便晒晒俺的大本命!三木眞一郎的经典抓~~~(≖‿≖)✧

苏先生的小熊猫
副队抱怨队长很少在微博理自己但...

副队抱怨队长很少在微博理自己
但还是给拥抱准备礼物宠着
正副队太好磕了T﹏T
这就是爱🎤

副队抱怨队长很少在微博理自己
但还是给拥抱准备礼物宠着
正副队太好磕了T﹏T
这就是爱🎤

横山上雨

【哨向联文】霍乱时期 07(完)

# 欢迎订阅联文Tag:霍乱时期。

#上一棒@Mollyinmay老师,全文完结。

# 哨向paro/战乱背景

# 请勿上升真人/OOC

# 希望你们喜欢:)

7

传承的故事烙印在皱纹,浑浊玻璃体,迟暮与一声哀叹。午夜梦回的倒流中,人类曾在这块大陆分享平等的孱弱与愚昧。西方富饶,北方酷寒,南方贫瘠,上帝的选择催生不公,繁华带来野蛮与扩张曾短暂地以温暖平原为中心形成统一,可反叛产生于极北之地一只死去的即将分娩的子宫。极寒里死神挥舞的镰刀斩断转录rna折叠链,第7条染色体上最后的基因残缺末梢碱基,神经突触因此发了疯不休不止地增生,ζ区域脑电流过活...

# 欢迎订阅联文Tag:霍乱时期。

#上一棒@Mollyinmay老师,全文完结。

# 哨向paro/战乱背景

# 请勿上升真人/OOC

# 希望你们喜欢:)

7

传承的故事烙印在皱纹,浑浊玻璃体,迟暮与一声哀叹。午夜梦回的倒流中,人类曾在这块大陆分享平等的孱弱与愚昧。西方富饶,北方酷寒,南方贫瘠,上帝的选择催生不公,繁华带来野蛮与扩张曾短暂地以温暖平原为中心形成统一,可反叛产生于极北之地一只死去的即将分娩的子宫。极寒里死神挥舞的镰刀斩断转录rna折叠链,第7条染色体上最后的基因残缺末梢碱基,神经突触因此发了疯不休不止地增生,ζ区域脑电流过活跃化,肌肉组织再度发育,肾上腺素唤醒衰败机体,母体营养支撑着最后一场革命,无声的奔走与呼喊中,新生于死亡的虚无睁开双眼看清混沌,她没有哭闹,她撕裂肮脏腐臭的羊水如同撕裂命运,她手中紧握长矛要刺穿上帝掷骰子的手掌。

繁衍,进化,孕育向导,在绝对的人种优势下,独立,吞并,文明推进,北国灵魂第一次穿戴尊严。曾是世界中心的肥沃土地如今孕育悲鸣与恸哭,源源不断的食物与奴隶输送直至北方,烟草,毒品和妓女则被分配到西国与南国消磨反叛意志,榨取丧家之犬手中的最后一枚金币。

然而苟延残喘之中暗潮涌动,命运的钥匙没有选择他们,他们便制造钥匙。地下室昏暗煤油灯下,试剂瓶中恶魔低语,科学与秩序的光芒引火,亡命之徒舔舐鲜血狂奔,重组,变异,新生,堕落,道德的虚线迸裂失落与希望,革命兴起,核酸与摩尔根*杀出重围。世界再次围绕7旋转,神经毒气,靶向药,溶酶菌等针对于哨兵向导的生化武器被秘密地研制并在奴隶世界交易流行,反叛旗帜被泼洒鲜血,一切积聚着呼号,枪口硝烟弥散,牺牲者前赴后继地筑基新的国家,普通人类第一次与变种人分庭抗礼。西北方边境摩擦不断,寒风嘶吼敲打战争的神经,和平爱好者们南下,成立松散的联邦。软弱,稚嫩,过于理想化,管理制度被视为无物,最后的乌托邦充斥放纵与犯罪,鼠盗横行,走私频发,财团不清不楚的钱在这里漂洗。

不同于北方白塔忌惮警戒,黑暗哨兵的出现使得陈杰在西方国家成为新兴信仰,基因工程与人体改造的思潮前所未有地席卷了这个国家的每一个人,他们狂热,赤诚,从一而终,妄想窃取神的特权。生于沿海一处贫苦小渔村的蔡亮是普通人类转化为哨兵最初也是最成功的实验成果。他的能力与技巧在不为人知的残酷体系中打磨得日臻完美,甚至在北国也是A级哨兵中的佼佼者,被吸纳入x-crew窃取敌国内部消息只是计划一环,他的最终目标是接近获取陈杰的基因样本,并提供批量生产黑暗哨兵的可行性分析。

实际与任务描述中有些许不同, 当真正接近陈杰本人时蔡亮才发现他的温和与羞赧,普通交谈时不自然错开的视线,训练间隙悄然留下的水和能量饼干,总是缩在最后出战,战斗风格犀利却又同时考虑团队利益……失控与他绝缘。

然而人生的旋转木马起落。离别,生命消逝,架空排挤,白塔虚情假意的疏导与刘俊成身上的来自南国劣质走私伪装剂的腐烂恶臭。原先的冰川延绵宽阔,却在某个瞬间崩塌,日光隐没。一环一环的圈套收紧,猎物浑然不知。

午后的阳光清澈炽热,远处林间几声鸟鸣。蔡亮俯身撑在纯白色窗框点燃一支烟,树影摇散,他的视线聚焦于虚无。呼吸之间尼古丁循环交换,苦笑,浅浅夹住卷烟的手拿起桌上的针剂注入手臂动脉,几分钟过去,随心跳爆裂的痛楚折叠眉间远山,不一会烟草的挤压松弛,精神触角缓慢而优雅,如同抽枝的新芽,在烟雾缭绕中萌生,舒展,带着自我意识探入唯一的房间。空气渐渐变得潮湿而澄澈,海潮声不断。

纯粹而舒展的蓝仿佛一场漂浮的梦。平静如镜面的海水倒映天空,身下的沙砾细腻松软,泛着柔和的金黄,蔡亮想起故乡清晨,橙色日轮无可抵挡地升起,蕴藏某种威严,责任,慷慨。就如回忆中的一般,他的目光追随那光芒,天边却在某个角度回荡灿金色波浪,倒映的世界里陈杰一袭黑衣跪坐在小小的浮冰之上,怀中刘俊成死寂而苍白。四周血迹与断肢浮沉,黄昏沉入另一面的海。世界逐渐变得沉默漆黑,愈发剧烈的震动由地心传开,激荡的洪流预示着不详异变,突然间上方的海水失重倾倒,两人如同落叶坠下,蔡亮狂奔着张开怀抱,虚影却飘散了,降落的海水化为浓稠鲜血,腥气遮掩口鼻。接着万吨强压坠下,脑海深处轰然巨响,视野彻底清零。

在这虚无中飘荡了许久,木柴燃烧的爆裂惊醒意识,他仓皇挣扎着起身,陈杰就抱着膝盖坐在身旁,睫毛坠落下垂,雀跃的火光四处游走,却不曾温暖一点。目光柔顺,流深漫长,蔡亮仰头感知这场彻骨寒意,广袤无垠的冰面只有他们两人独坐,头顶之上星辰辽阔,女神裙摆*飞扬。

8

“他妈的告诉我!”

“你想要知道什么?”

“全部!”

韩宇无奈摆手:“完全没有问题,但是你先要保证不会失控伤人,好吗?”

王亚龙闻言停止对牢笼的攻击,眼神警觉瞥向窝在椅子里的传奇向导。自己一路莽撞到堡垒深处韩宇面前,没被幻觉折腾半死而只是被笼子套着,也是YA过分友善与好客。然而要是领了情就不是王亚龙,他啧一声,含混不清地点头。

“廖搏,可以了。”

分子溃散成一阵烟雾流失,他抿住嘴唇看着韩宇走近。

“刘俊成呢?”

“死了。”

“你怎么知道?”

“我眼里他已经死了。”王亚龙抱胸三白眼望天。

“我们都只是棋子罢了,选择什么身不由己。”韩宇无奈地笑,“那么,就从刘俊成开始,谈谈白塔吧。”

“那个小孩……之后,K的情绪变得相当不稳定,军方曾经安排刘俊成为他进行精神疏导,趁机测试他们两人的匹配度。谁都没想到来自南方的哨兵卧底要作为向导替北方梳理兵器的精神领域,但也正是由于他们之间的相容性,刘俊成才能被白塔选中,参与接下来的故事。”

“你知道伪装剂配方并不保密,但制备提纯的工艺只有西方拥有,目前市场流通走私的都是未去毒的残次品,之前你们交到YA分析人体毒性的那一批就是其中一小部分。再后来毒性效果你们也都看到了,摧毁脑内的Bio免疫球蛋白,攻击对于黑暗哨兵具有特异性,因此能够轻易地让陈杰失控。”

“刘俊成一直在用的,也是这份伪装剂。”

“毒性很小,不至于立即作用,但向导修复的同时也会隐蔽地摧毁哨兵精神。因为任务来到YA之后,刘俊成应该也意识到了这一点,才会去找蔡亮。”

“miki?”王亚龙终于出声。

“他也是卧底,西国那边的。”韩宇歪头笑笑,“你们x-crew真是藏龙卧虎。”

王亚龙眉头锁得更紧:“继续说下去。”

“刘俊成的才智的确不亚于任何人,如何识破蔡亮的身份我不得而知。但之后他们达成了合作关系,蔡亮为他稳定地提供纯化伪装剂,战场上的应该就是最后库存了,按照他的能力,K也不会有事,你放心。”

“白塔的目的是什么?”

“我从来不喜欢白塔,但K不一样,他是个固执的人。刚离开那段时间,传言西方已经实现了普通人类向哨兵的转变,我在那边辗转好几个洲收集情报,难免被什么人认出来。上层对K的猜忌恐慌持续好几年,这次终于有了实质性的落地。”

“——他们因为我的行踪怀疑K有二心。”

“你们的匹配度相当高。”

“蠢得不能再蠢的理由了。”韩宇不屑。

“捕风捉影不就是他们一贯的作风。”

“他们一度以为黑暗哨兵不会失控。那个男孩的死属实是一手好棋,检验忠诚,刺激K的精神,崩溃让他们看到曙光。所以布置刘俊成在你们身边监视,表面上维护K,实际上让他成为最大的不稳定因素,只等一枚火星。”

“西线的战争。”

“对。北方与西方人种的对立势必有一战,X-crew的队长义不容辞,他发起疯来又连命都不要,巨大消耗过载导致的结局就是失控。他们的意图是,如果K属于西方,挫败前线精锐的这笔账政府不会跟他善罢甘休,就算他对白塔衷心实意,误伤友军也是不可抹消的罪证。”

“……那么还有一个问题,西线传来miki和跳蚤的讣告。”

“他们假死回国,已经在边界找到了K和刘俊成。”

9

深陷床褥的男人残破而苍白,视线失了焦点,落于天花板。蔡亮坐在旁侧的看护凳不发一语,低头盯着白瓷砖看。

他方才对陈杰坦白了一切。

有长久的落寞飘零,接着嘶哑的干涩的嗓音响起。“jc呢?”

想来这就是惩罚了,蔡亮端起准备好的水杯一点点喂给他,属于普通人类的心脏微微抽痛。

“在隔壁。他的精神图景几近全毁,这里的技术能够保证他活着。”

“哦……”陈杰又缓缓闭上眼。像是睡着了,他们之间落下倾盆大雨。

“你怎么找到我们的。” 

蔡亮愣了几秒,“3年前你补过牙,就在国庆的第二天。医生是我们那边的人。”

“定位器啊。”

“嗯。”

“……我倒真像一架AK47了。”

沉默再次充盈。半晌,蔡亮坐直身体,目光望进那一汪死水。

“K,让我带你走。”

“西国还需要我参与实验吗?”

“不是为了我的国家,是为了你。”

“我?还是你自己,蔡亮。”

“……”

已经有多久,从陈杰口中再次听到本名。

“我要回白塔。”

狂风席卷了。

10

“兔子你想过没有,西国为什么在白塔收复南方之后不宣而战?”

韩宇引他走进隐匿于书柜之后的空间,弹药兵器表面清冷的光线吐着舌信。

“不知道。”

“他们已经拥有了与白塔抗衡的筹码。”

“K?”

“答对一半。”

11

“我的国家已经制造出黑暗哨兵军队,白塔只是一盘散沙,K,就算你回北方也没有任何胜算。”

“K,这么多年白塔对你所做的那些事,你都忘了吗?”

陈杰的目光依然潮湿而温顺,他是风暴眼。

“我应该回去。”

声音哽在喉头,蔡亮看着默片里的自己嘴唇开合。

“……好。好,我陪你一起。”

“jc需要人照顾。蔡亮,你留下来,我一个人走。”

12

“YA的先遣队已经抵达西国前线,你的选择?”韩宇在陈列柜前挑选称手的匕首。合金材质流淌着鲜血的色泽,挥舞起来生风。

“什么时候跟他们搭上的线?”

“跟你说过,我离开白塔后不久就去了西国,基因技术的确是一次新的革命,我恰好抓住了机会。”

“你也是叛徒。”王亚龙冷哼。

“这么说可不太好,”韩宇轻笑一声,“我只是选择了正确的事情。你来找我,不也是在寻找真相。”

他漫不经心地将身边一把黑金短剑向后抛去,刀柄落在王亚龙手心,稳稳当当。“现在你找到了,还满意吗?”

手指抚过森然光滑的血槽,王亚龙嘴角扬起,“及格线。”

“喜欢就留着。”

“你什么时候动身?一起。”

“就在今晚。”

L-ST_


好像是我没见过的东西
https://video.tudou.com/v/XNTQ1MjgyNzQw

2:48开始 13年kod选拔 宣布xcrew了之后整团一脸懵,确定了之后k又挂在兔身上了(如果我没认错)他真的好小一只🤫

10′之后开始搞笑挂

先是冯老板放炮hhhhh

然后醉拳 两只队伍开始比惨
泰国miki和韩国三儿真的笑死我了

最惨ak淘汰之后又被miki家暴

肉肉的k太可爱了!!!!!!!

(阿k老师13年就结婚生子了还挺快


好像是我没见过的东西
https://video.tudou.com/v/XNTQ1MjgyNzQw

2:48开始 13年kod选拔 宣布xcrew了之后整团一脸懵,确定了之后k又挂在兔身上了(如果我没认错)他真的好小一只🤫

10′之后开始搞笑挂

先是冯老板放炮hhhhh

然后醉拳 两只队伍开始比惨
泰国miki和韩国三儿真的笑死我了

最惨ak淘汰之后又被miki家暴

肉肉的k太可爱了!!!!!!!

(阿k老师13年就结婚生子了还挺快

鑫

图1 k的眼神啊 用群里太太们的话来说 大佬和他的小娇妻
话说k真的好小一只 像乖宝宝 🉑爱
小声bb一句 主持人太尴了😅

图1 k的眼神啊 用群里太太们的话来说 大佬和他的小娇妻
话说k真的好小一只 像乖宝宝 🉑爱
小声bb一句 主持人太尴了😅

愛抓抓噠大姨媽

(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᶫᵒᵛᵉ ♡    心爱镇宅系列之一 「新吸血姬美夕 西洋神魔篇」CAST今天看来简直是神仙打架……由于音乐是和田薰……二狗子味儿迷之浓厚(ㅍ_ㅍ)    比起ova来,盐大的台词量一本满足~    盐泽版是听主角秀恩爱的,MIKI版则是听剧情的……


盐泽兼人

渡边菜生子


三シ矢雄二


天野由梨


佐佐木望


中尾隆圣


井上和彦


速水奖


玄田哲章


堀川亮


若本规夫


山口胜平


关俊彦


中原茂

(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᶫᵒᵛᵉ ♡    心爱镇宅系列之一 「新吸血姬美夕 西洋神魔篇」CAST今天看来简直是神仙打架……由于音乐是和田薰……二狗子味儿迷之浓厚(ㅍ_ㅍ)    比起ova来,盐大的台词量一本满足~    盐泽版是听主角秀恩爱的,MIKI版则是听剧情的……








盐泽兼人

渡边菜生子


三シ矢雄二


天野由梨


佐佐木望


中尾隆圣


井上和彦


速水奖


玄田哲章


堀川亮


若本规夫


山口胜平


关俊彦


中原茂

愛抓抓噠大姨媽

長沢美樹 、‌​​​‌​‌​‍‌​​‌​‌‌​‍‌​​‌‌​‌‌‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌​‌​‍‌‌​​‌​​‌‍‌‌​​‌​​​‍‌‌​​​‌‌​‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌‌​​‍‌​‌‌‌‌三木眞一郎版的吸血姬美夕dramaCD一共是6张,(⑉꒦ິ^꒦ິ⑉)虽然ラヴァ台词少的可怜,然而mikishin的报幕我都能轮个几十遍啊几十遍,太苏太磁性!      说实话,我真吃不消渡边菜生子的美夕 、‌​​​‌​‌​‍‌​​‌​‌‌​‍‌​​‌‌​‌‌‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌​‌​‍‌‌​​‌​​‌‍‌‌​​‌​​​‍‌‌​​​‌‌​‍‌‌​​‌

長沢美樹 、‌​​​‌​‌​‍‌​​‌​‌‌​‍‌​​‌‌​‌‌‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌​‌​‍‌‌​​‌​​‌‍‌‌​​‌​​​‍‌‌​​​‌‌​‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌‌​​‍‌​‌‌‌‌三木眞一郎版的吸血姬美夕dramaCD一共是6张,(⑉꒦ິ^꒦ິ⑉)虽然ラヴァ台词少的可怜,然而mikishin的报幕我都能轮个几十遍啊几十遍,太苏太磁性!      说实话,我真吃不消渡边菜生子的美夕 、‌​​​‌​‌​‍‌​​‌​‌‌​‍‌​​‌‌​‌‌‍‌‌​​‌‌‌​‍‌‌​​‌​‌​‍‌‌​​‌​​‌‍‌‌​​‌​​​‍‌‌​​​‌‌​‍‌‌​​‌

愛抓抓噠大姨媽

男子寮でロマンスを[三木真一郎×绿川光 成田剣][000601]      我心中万恶之源一般的存在,从此,mikishin和光光就开始了被南原兼可劲儿嚯嚯的道路(ㅍ_ㅍ)    

男子寮でロマンスを[三木真一郎×绿川光 成田剣][000601]      我心中万恶之源一般的存在,从此,mikishin和光光就开始了被南原兼可劲儿嚯嚯的道路(ㅍ_ㅍ)    

愛抓抓噠大姨媽
无聊翻古早无料宣传单,真是给m...

无聊翻古早无料宣传单,真是给mikishin跪了,左边CAST里攻里攻气,中间就到了食物链最低端……

无聊翻古早无料宣传单,真是给mikishin跪了,左边CAST里攻里攻气,中间就到了食物链最低端……

苏先生的小熊猫
副队几次说队长对JC和对他态...

副队几次说队长对JC和对他态度不同,不就是在吃醋嘛,大饼直播miki给AK打电话,语气不要过分温柔哦


battle前俩人坐一起不知道在说啥


我爱正副队😭😭😭



副队几次说队长对JC和对他态度不同,不就是在吃醋嘛,大饼直播miki给AK打电话,语气不要过分温柔哦


battle前俩人坐一起不知道在说啥


我爱正副队😭😭😭

愛抓抓噠大姨媽
驚為天人的一張,mikishi...

驚為天人的一張,mikishin演技封神~   山口也好棒b( ̄▽ ̄)d。

驚為天人的一張,mikishin演技封神~   山口也好棒b( ̄▽ ̄)d。

愛抓抓噠大姨媽
哎 新版ドラマ也是坑。咱都已经...

哎    新版ドラマ也是坑。咱都已经不挑食不嫌CAST了……而且,为啥吉原理惠子的碟子总是溢价卖……因为常断货嘛?   不得不说吉原偏爱三木桑啊,嘿嘿 

哎    新版ドラマ也是坑。咱都已经不挑食不嫌CAST了……而且,为啥吉原理惠子的碟子总是溢价卖……因为常断货嘛?   不得不说吉原偏爱三木桑啊,嘿嘿 

愛抓抓噠大姨媽

新收入一本小册子,被高价捆来两张全新的「长恨歌」和「ラ・ヴイアン・ローズ」。哎…… 为了盐大和MIKI,值!

主要是关于山藍紫姬子与众多参演ドラマCD「ラ・ヴイアン・ローズ」CAST成员的对谈,三木真一郎、森川智之、飞田展男、崛内贤雄、盐泽兼人。少几张插画图,露个脖颈都被和谐了╮( ̄▽ ̄"")╭

新收入一本小册子,被高价捆来两张全新的「长恨歌」和「ラ・ヴイアン・ローズ」。哎…… 为了盐大和MIKI,值!

主要是关于山藍紫姬子与众多参演ドラマCD「ラ・ヴイアン・ローズ」CAST成员的对谈,三木真一郎、森川智之、飞田展男、崛内贤雄、盐泽兼人。少几张插画图,露个脖颈都被和谐了╮( ̄▽ ̄"")╭

愛抓抓噠大姨媽

封杀鬼系列~   一套听下来超级爽,堪比看番。诹铃大法!好!  全零系列音乐音效各种优秀呐~~而且阵容常常神仙打架。

 诹少的声线真是棒呆,不过三千鸦杀系列我不怎么吃得下,单独戳出MIKI相关部分还可以听,有些故事桥断个人觉得略聒噪浮夸。

封杀鬼系列~   一套听下来超级爽,堪比看番。诹铃大法!好!  全零系列音乐音效各种优秀呐~~而且阵容常常神仙打架。

 诹少的声线真是棒呆,不过三千鸦杀系列我不怎么吃得下,单独戳出MIKI相关部分还可以听,有些故事桥断个人觉得略聒噪浮夸。

LOFTER

让兴趣,更有趣

简单随性的记录
丰富多彩的内容
让生活更加充实

下载移动端
关注最新消息